登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
後山・笛石山周回 おごしき山・後山・笛石山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

ルーン さん

この登山記録の行程

松の木公園(5:34)…林道終点(6:24-6:38)…おごしき山(8:14-8:30)…後山(9:17-9:40)…1,253mP(9:58)…笛石山・猫石(11:54-12:45)…松の木公園(13:50)


水平移動距離 約9.9km 積算標高差 上り:約1,051m
下り:約1,051m
後山は松の木公園から登ると標高差約1,000mで、距離もそれなりにとれてトレーニングコースとして気に入っています。
板馬見渓谷林道は良いウォーミングアップに。
おごしき山から笛石山への周回コースは全線でよく整備されていて歩きやすいです。
笛石山へ続く尾根では一ヶ所だけ岩場を越えますが、難所といえるほどのところではありません。
尾根筋はほぼ木々に埋もれてますが、各山頂では好展望が得られます。
1,253mピークから南の尾根に踏み跡がありますが、バリルートなので読図必須。
この未踏だった尾根は翌日に志引峠からピストンで歩いています。

登山中の画像
  • 登山基地?となっている松の木公園で山行準備を終えて出発!まずは林道歩きから始まります。
  • 毎回約50分で林道終点に到着。宍粟50名山後山登山口の標柱あり。 かなり広い駐車スペースがあります。 ここまでで既に300mほど標高を稼いでます。ここから本格的な山道に入ります。
  • まずは行場を通過します。滑りやすい木道に気を付けながら不動の滝付近を通過して左岸に移ります。
  • おごしきルート、一般ルート分岐点。一般ルートは続けて沢沿いを歩きますが、おごしきコースは尾根を目指す山腹道に入ります。
  • 徐々に高度を上げながら北側の尾根を目指してトラバースを続けます。 山腹道は急傾斜の上にあってなかなかの高度感。 小滝のある小さな沢も横切ります。 自然林も多くなってきて良い雰囲気です。
  • 下草の無い明るい山腹です。 トレースは細いものの引き続いてしっかりしています。 尾根に近づく頃、いつの間にか標高1000mを越えます。
  • 尾根に乗ってまもなくおごしき山に到着。 平成大馬鹿門は良い展望スポットで心地良く一息つけます。
  • 後山へ向けて尾根筋をほぼ直登していきます。 以前はもう少し笹が深かった気がしますが、 しっかりと刈りこまれていて歩きやすいです。 下山時に立ち寄る笛石山も見下ろすことが出来て、 ここまで稼いだ標高差を感じられます。
  • 後山山頂の祠が見えてきた。
  • 松の木公園から4時間弱で後山に到着。 ここ数年、年に一度は登ってきています。 この日は自分が滞在中誰も居らず、山頂を独り占めでした。 岡山県最高峰の山でもあり、山頂は色んな標柱で賑やかです。 ここから駒の尾へ向けて縦走するのがお薦めですが、 夏はちょっと暑いでしょう。
  • 後山から県境尾根を南下。 下りなのでさほど時間を掛けずに1253mピークに到着。 北側には先ほどまで居た後山山頂がよく見えています。 このミニピークもなかなか居心地良くて小休止に好適です。 ここから笛石山へ向かう尾根に乗ります。
  • 1253mピークからの下りが落ち着いた頃、一般コースとの分岐に差し掛かります。 一般コースを下ると最短距離で林道終点に辿り着きます。 天候悪化等で縦走を中断せざるを得ない時はエスケープルートとして使えます。
  • 笛石山までは全般的に下りながらも小刻みにアップダウンがあります。 道中所々に展望があって、ここでは笛石山までの稜線や東方には植松山も見えています。
  • パカッと割れたような大岩の間を通過。 全般的には植林多めの尾根で退屈なのですが、ここはちょっとしたアクセントとなります。
  • 後山を背に笛石山へ向けて縦走中。 後山が段々と遠くなっていきます。 ここでは名前の分からない小さな白い花がいっぱい咲いていました。
  • 今回の行程で最も大きな岩場。でも難所というほどではありません。 地形図上では等高線が長く伸びて楽に歩けそうなところで、 いきなり目の前に予想外の岩が立ちはだかる格好になります。 笛石山へ向けては登りでの通過となります。足場、ホールドもしっかりとあって容易く越えられます。
  • 笛石山までもいくつものミニピークを越えていきます。 しっかりと読図を行って笛石山までのペース配分に役立てます。 下りでは一ヶ所間違えやすい尾根が見受けられます。
  • 日本庭園のような一角を通過。 ところによっては一服の清涼剤のような雰囲気を味わえます。 前回歩いた時よりも植林の伐採が進んでいる笛石山の尾根でした。
  • 笛石山までもう少しのところまで来ました。 眼前には遠かった植松山がだいぶ近くなっています。 笛石山は同じ尾根上にあって辿り着くまで見えません。
  • 北側に大展望が広がる笛石山に到着。 三室山、竹呂山辺りの展望が良いです。 ここも宍粟50名山の一つ。
  • 笛石山から少し下って猫石に到着。 自分にとってお気に入りのところで、ちょっと暑いけどここで長めの滞在とします。
  • 猫石でのどかな千種の街並みを眺めながらオカリナを吹きました。 今年の大河ドラマで全く語られてませんが、ここは赤松庶家の一つ宇野氏にまつわる悲劇の話が伝わっている山でもあります。
  • オカリナタイムを終えてから下山開始。 しばらくは伐採地の広がる展望抜群の尾根筋を下っていきます。
  • ここで90度方向転換して尾根を外します。 トレースはしっかりと付いているのでルートを外す可能性は低いでしょう。
  • 支尾根、山腹道を経て谷筋に降りてきます。 じめじめした雰囲気ですが、千種にヒルは居ないと聞いており、 自分もまだここで見かけたことはありません。
  • 木道の橋や渡渉を経て緩やかに下っていきます。 谷筋は風が通らずに意外と蒸し暑かった・・。
  • 谷から離れて再び山腹道へ出ると、 眼下には朝方に歩いた林道が見えてきました! 長い周回にも遂に終わりが近づいてきました。
  • 板馬見渓谷に掛けられた橋を渡って林道に合流。 ここには宍粟50名山笛石山登山口の標柱があります。 橋を渡ると松の木公園まであと少しです。
  • 休憩時間を含めて約8時間で周回完了! 今回もしっかり歩いた疲労感と達成感を味わえました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 一眼レフデジカメ、交換レンズ、オカリナ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ルーンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ルーン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年12月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
ダイヤモンド富士&シモバシラ
ダイヤモンド富士&シモバシラ 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 12月はダイヤモンド富士とシモバシラが人気です!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉写真コンテスト、募集中!
紅葉写真コンテスト、募集中! 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、冬山シーズンへ。冬の時期の奥多摩の楽しみ方を指南します。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報