登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
富士山BCスキー2014春 富士山(関東)
img

記録したユーザー

100ski さん

この登山記録の行程

4:10須走駐車場ー13:00久須志神社ー13:45お釜の底ー15:45大日岳付近ー17:15須走駐車場

・ブル道を利用。
・しばらくスノーブーツで登った。
・標高2300m付近から上で山頂まで雪が繋がっていた。
・今回、雪のあるところは山頂までシールだけで登った。
・斜面に岩が露出しているところがあったが、いい休憩場になった。
・お鉢回りは、全般的に雪があるが、たまに地面が露出していた。
・お釜は、剣ヶ峰からのルート、山頂郵便局からのルート、銀明水からのルート、剣ヶ峰~白山岳間のコル付近からのルートがスキー滑走可能であった。
・剣ヶ峰~白山岳間のコル付近からのルートをスキー滑走した。
・お釜の底からは、馬の背に向かってアイゼンで登った。
・下りでは、大日岳付近から標高2300m付近までスキー滑走した。
・須走への斜面は、スキーの跡がたくさんあり、荒れ気味であったが、御殿場寄りではスキーの跡が少なかった。
・標高2300m付近から駐車場までは、ブル道を歩いて下りた。


総距離 約10.0km 累積標高差 上り:約1,952m
下り:約1,952m
備忘録です。
富士山スキーのシーズンになってきた。
下界で夏日になるこの時期になれば、山頂部でも雪がカリカリにならず、お釜滑走も可能になる。
今回の富士山は、標高3000mを超えたあたりから高山病のような状態となり、長い休憩を何度もとりながら高度順応していった。
7合目から8合目あたりがつらかった。
時間をかけて高度順応させたので、9合目あたりから上ではいつもの調子になった。
富士山のお釜滑走は、人気が高まる一方で、多くの山スキーヤーが滑走していた。
みんな剣ヶ峰方面からお釜に滑走していたので、白山岳と剣ヶ峰との間の崖と崖の間の雪の繋がっているところからお釜に向かって滑走してみた。
最大斜度50度前後で、途中岩を避け、崖の崩れた石ころを避けて滑走した。
下りは、大日岳付近から滑走しました。
時刻が16時前後であったので、周りには誰もおらず、貸切のような状態でスキー滑走することができた。
雪質は、日中緩んで、締まり始めた感じの雪で、滑走には影響のないものであった。
山頂部の滑り出しの部分の雪付きがよく、かつ、標高の低いところまで連続して雪が繋がっていて、あっという間に下山できた。

登山中の画像
登山画像
須走駐車場。夜明け前。
登山画像
ブル道ハイクアップ。
登山画像
ブル道ハイクアップ。
登山画像
下山道ハイクアップ。
登山画像
下山道ハイクアップ。
登山画像
下山道ハイクアップ。
登山画像
久須志神社の鳥居。
登山画像
須走頂上。
登山画像
須走頂上。
登山画像
お釜の中。お城の急斜面を滑走。
登山画像
お釜ハイクアップ。
登山画像
お鉢から見たお釜の滑走ポイント。白山岳下の金…
登山画像
富士宮口頂上付近。ゴールデンウィークに亡くな…
登山画像
不浄流し方面。
登山画像
須走下山道。ここから滑ることにした。
登山画像
大日岳付近。スキー準備。
登山画像
須走下山道滑走。
登山画像
須走下山道滑走。
登山画像
須走下山道滑走。
登山画像
須走下山道滑走。
登山画像
須走下山道滑走。
登山画像
須走下山道滑走。
登山画像
須走下山道滑走終了。
登山画像
下山完了。
登山画像
あざみライン。鹿を発見。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、健康保険証、行動食、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、アイゼン
【その他】 スキー ビンディング クランポン シール 兼用靴 ウィペット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!