登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
北穂高岳小屋泊し穂高縦走 北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・前穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ryuichi615 さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:55)・・・河童橋(07:05)・・・明神(07:45)・・・徳沢[休憩 20分](08:48)・・・横尾(09:59)・・・本谷橋(11:00)・・・涸沢[休憩 60分](11:40)・・・南稜取付(14:34)・・・南稜テラス(16:00)・・・北穂高岳(17:17)

【2日目】
北穂高岳(05:52)・・・涸沢のコル(07:51)・・・涸沢岳(08:23)・・・穂高岳山荘[休憩 30分](08:55)・・・奥穂高岳(09:44)・・・穂高岳山荘(10:24)・・・ザイテングラート取付(10:38)・・・涸沢(11:30)・・・本谷橋(13:50)・・・横尾(14:40)・・・徳沢(15:30)・・・明神(16:37)・・・河童橋(17:00)・・・上高地バスターミナル(17:05)

総距離 約37.5km 累積標高差 上り:約3,034m
下り:約3,034m
コースタイム 標準:19時間40分
自己:19時間40分
コースタイム倍率 1.00
両日ともに快晴の山行き。
穂高はヘルメット推奨地域ということで、ヘルメットを用意していきました。
使用率に関しては50%ぐらいでしょうか。
山小屋の情報をこまめにチェックしていきましたが、登山道に関しては全部夏道で、雪渓を踏むことはありませんでしたが、非常に浮石が多く、安易に体重をかけたりしないように慎重に確認しながら進む必要がありました。
実際僕の後続の人が二度落石を起こしていました。
事故には至りませんでしたが、ベテランそうな方が落としていたので、慣れている方の方が軽視しがちなのかなと思いました。
その方もヘルメットはかぶっていませんでした。
慣れている方たちの中には、ヘルメットを持っていてもかぶってなかったり、持ってないのに西穂からジャンダルムを通って槍ヶ岳を目指すエキスパートの方にも出会いましたが、山に来る方たちのレベルはバラバラですね。
天気にも恵まれたおかげで、浮石以外はルート上では危険に感じませんでしたが、防寒着や行動着をしっかり支度していけば、要所要所に山小屋が点在しているので、補給の方は心配いりません。
もちろんハイドレーションや予備の水分、補給食は用意していきましたが、荷物になりました。
重いカメラの予備レンズと三脚を持って行ったので、荷物が重く活動時間がかかってしまい、最小限のパッキングに見直す必要を感じました。
二日とも雷鳥に出会い、夕日や雲海、日の出やモルゲンロート、立山連峰や富士山まで見晴らせる素晴らしい天気にも恵まれ、花満開の岩綾帯を満喫できました。

登山中の画像
登山画像
朝の河童橋から目指す奥穂高岳を見あげる。
登山画像
新緑が美しい朝の林道
登山画像
ナナカマドも新緑で花が咲いています
登山画像
涸沢ヒュッテに到着
登山画像
午後になっても雲が出てこない
登山画像
これから登る北穂高岳。壁のように見えて気が遠…
登山画像
カール内で一息素晴らしい景色にうっとりする。
登山画像
登坂中ヘリがやってきた。結構こう高度が高くな…
登山画像
ヘルメットをかぶって登坂開始。
登山画像
前穂と高さが揃ってきた。
登山画像
ひょっこりと雷鳥があらわれた。
登山画像
北穂小屋に無事に到着、すぐに夕食時間に。生姜…
登山画像
食後の楽しみは日の入り撮影。
登山画像
月が満月に近い。ということは星が、、、
登山画像
なかなか雲が取れなかった槍ヶ岳。
登山画像
雲海が美しい。
登山画像
月明かりで星が見えなかった。明け方富士山と八…
登山画像
雲海からの日の出。
登山画像
モルゲンロートの涸沢岳と奥穂高岳
登山画像
朝日を浴びた槍ヶ岳、ひときわ勇壮な姿。
登山画像
お世話になった北穂小屋の個室に友人と二人だっ…
登山画像
立山連峰まで見えている。
登山画像
涸沢岳までの危険なルートの連続。
登山画像
雪は踏むことはなかった。
登山画像
涸沢槍への絶望感すら味わうほどの壁のような登…
登山画像
足場がない鎖場には、金属の棒が打ってある。
登山画像
浮石が多いので落石に注意しながら慎重に登る方…
登山画像
なかなか手ごわかったが無事涸沢岳に登頂。
登山画像
ここから見る槍ヶ岳も素晴らしい。
登山画像
北穂からのルートも全部見晴らせる。
登山画像
次に目指す奥穂高岳
登山画像
穂高小屋への下りはお気楽だ
登山画像
穂高小屋が見えるとなぜかほっとする。急に見え…
登山画像
雷鳥の親子。6匹も子供が。
登山画像
最初こそ急登だったが小屋からは30分で奥穂高…
登山画像
ボードと槍を入れて。
登山画像
奥穂高岳山頂から上高地を見下ろす。
登山画像
憧れのジャンダルム
登山画像
下る途中友人を振り返る。
登山画像
ザイデングラードで下る途中のお花畑。
登山画像
ザイデングラードコースの下りもかなり長い。
登山画像
本谷橋のたもとでシューズを脱いでクールダウン…
登山画像
河童橋に帰着し登ってきた奥穂高岳を見上げる。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ryuichi615さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    季節外れの暖かさが続いています。雪崩の発生しやすい斜面では十分な注意を
    20年02月16日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ryuichi615 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?