登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
大キレット 樅沢岳・槍ヶ岳・大喰・中岳・南岳・北穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

とんぷう さん
  • 日程

    2016年8月10日(水)~2016年8月13日(土)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉   上高地バスターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:毎日新聞旅行社毎日あるぺん号=前日22:30東京竹橋発・新穂高温泉5:40着

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉(06:00)・・・新穂高温泉駅[休憩 30分](06:05)・・・新穂高温泉[休憩 10分](06:43)・・・笠新道登山口(07:32)・・・わさび平小屋[休憩 10分](07:43)・・・小池新道登山口(08:09)・・・秩父沢出合[休憩 30分](08:56)・・・シシウドが原[休憩 30分](10:32)・・・鏡平山荘[休憩 60分](11:45)・・・弓折乗越[休憩 20分](13:34)・・・双六小屋(14:57)

【2日目】
双六小屋(04:50)・・・硫黄乗越[休憩 20分](06:05)・・・千丈沢乗越[休憩 20分](08:11)・・・槍ヶ岳山荘[休憩 10分](09:20)・・・槍ヶ岳[休憩 20分](09:50)・・・槍ヶ岳山荘[休憩 30分](10:28)・・・中岳[休憩 20分](12:21)・・・天狗原稜線分岐[休憩 20分](13:41)・・・南岳小屋(14:21)

【3日目】
南岳小屋(05:05)・・・A沢のコル[休憩 10分](07:00)・・・北穂高岳[休憩 30分](08:27)・・・南稜テラス[休憩 10分](09:36)・・・南稜取付・・・涸沢[休憩 60分](11:45)・・・本谷橋[休憩 30分](13:49)・・・横尾(15:12)

【4日目】
横尾(05:40)・・・徳沢(06:22)・・・明神[休憩 20分](07:03)・・・河童橋(08:13)・・・上高地バスターミナル(08:18)

総距離 約43.3km 累積標高差 上り:約3,977m
下り:約3,560m
コースタイム 標準:26時間45分
自己:23時間3分
コースタイム倍率 0.86
【感想】
単独で本を頼りに始めた山暦たったの7年半なのにもう還暦過ぎ・・・「大キレットはあきらめたぁ~」と、思い、会う人ごとにそんな話をしていたのですが、昨年の涸沢槍が平気だったのなら大丈夫でしょうと、数人に勧められ、すっかりその気になり、年初の予定を急遽変更して、「大キレットやるぞーっ!」と単純に考えました。通過は午前中涼しく疲れていないうちがいいと、南岳小屋泊まりに決定。逆算して、新穂高温泉から入り、双六小屋泊、西鎌尾根から槍で槍穂主稜線へ出て南岳と計画しました。
しかしながら、やはりちょっと不安・・・当日の天候と体調で決めることとしました。
小屋で同室の一回り若いベテランの方がご心配くださり、ぴったりと後ろについて歩いてくださいました。普段気ままな単独行ですが、心強かったです。キレット道中早い段階で他のお兄様?グループとも一緒になり5人で歩きました。そのおかげもあり、大キレットは覚悟のほうが上回ったせいか外からの見かけほど大変ではなく、高度感はありますが、岩大好き人間にはさほど難しい場所もありませんでした。落石、砂一粒さえも落とさないようきちんと歩き通しました。ただ、歳のせい?早朝頭も体も目覚めるのに時間がかかり、初めの下りは筋肉関節ギクシャク気味でした(><)
他の方々はそのまま涸沢槍から穂高山荘へ向かわれましたが、私は計画通り北穂から涸沢・横尾へと下りました。(帰宅時間と体力も?の関係で)
今回の山行は、どの日も終日晴れて、素晴らしい眺望が得られました。暑かったけれど幸せな北ア歩きができました。


【情報?】
★新穂高温泉
ロープウェイ駅から少し坂を下ったところに登山センター。トイレあり。登山届け(服やザック、メットの色まで書く)はここで提出。登山口ゲートまで少し歩く。隣に入浴施設ができていた。
★鏡平小屋のカキ氷は3つの味¥500練乳がけプラス¥100
ラーメンやうどんを頼んでいる人が多かった。
ここの外トイレは少なく(1~2)、今回はすんなり入れたが、前回は待ち列がなかなか進まなかった。
鏡池への槍穂の映りこみは絶景
★今年は雪が少なく、林道直後や花見平の雪田も全く雪がなかった。
トリカブト、アキノキリンソウ、リンドウなど秋の花が咲いていた。
★双六小屋
大きな小屋。水が豊富で無料。ここの乾燥室は勢い良くすぐに乾く。乾燥室の奥に更衣室あり。
★樅沢岳
双六小屋から登ると小広いテラスに樅沢岳の表示あるが、そのまま真直ぐ平坦な登山道を行ったところに樅沢岳頂上がある。テラスから上に登ると眺望が良いが、そこは西鎌尾根ではない。
★西鎌尾根
千丈乗越まで途中小さな鎖場があるが鎖がなくてもいけるほどのもの。
千丈乗越より槍が岳肩へは、写真につけたコメントをご覧ください。
★槍ヶ岳
前回登ったときより登りが大変だった、短い足が届かない高さのスタンスが3c㎡位のところを通ったが、もしかしたらルート違いだったのかもしれません。。。
空いて楽なコースを取っていけば危なくないと思います。
★槍ヶ岳小屋
大きなキャパ。アイス3種類¥200でした。もちろん暑がりやのワタシめはアイスを食べました。
山の日のこの日は小屋外ものすごく混雑していました。
外トイレはトイレットペーパーを便器に捨てられるようになっていました。
★槍肩~南岳
稜線闊歩は常念山脈を左に眺めながら。登山者はそれほど多くなく、のんびりできました。西鎌尾根より少し岩のトラバースや梯子もありました。大喰岳頂上はどこだか確認できませんでした。
★南岳小屋
1人からでも要予約!
槍平小屋から南岳小屋へのルートは荒れていて、木製梯子の段が朽ちて外れたりしている箇所があるとのこと。急で滑りやすいので下山では使わないことを小屋の方から勧められました。
500mlのペットボトルの水を1本無料でいただきました。
★涸沢
どちらの小屋の前も凄い人出でした。テン場も満杯。
★横尾山荘
暑い日でクールダウンに時間がとられ、前日運休だったバスの混雑の噂もあったので、無理して上高地まで下るのをあきらめ横尾山荘泊にしました。
ちょうどカーテン付きベッド(以前と全く同じ場所でした!)が空いており、石鹸シャンプーなどは使えないもののお風呂にも入ることができ、広々した廊下、食事も美味しく一息つけた感じです。ただ宿泊者がとても多い感じでした。小さな子供も結構居ました。
★双六小屋、南岳小屋とも夜半から日の出くらいまでは風が強めでした。








登山中の画像
登山画像
2016.8.10 秩父沢とても暑いので、この沢に着く…
登山画像
イタドリヶ原の手前辺り?面白い形の実があった
登山画像
この前後はお花畑。日陰はないけれど暑いのでこ…
登山画像
鏡平。昼近くだが、3000M級の稜線がよく見えた。…
登山画像
逆さ槍
登山画像
鏡平。暑がりの私はかなり休んでもまだ暑く、か…
登山画像
昨年暑くてばててしまいきつく感じた弓折岳分岐…
登山画像
弓折岳分岐
登山画像
双六小屋前より昨年登った鷲羽岳夕景。
登山画像
2016.8.11 山の日!のご来光。樅沢岳への登山道…
登山画像
ご来光と人に気をとられ、樅沢岳へ向かう途中の…
登山画像
初めて通る西鎌尾根には今回のルートのほかでは…
登山画像
西鎌尾根には今回のルートのほかでは見られない…
登山画像
西鎌尾根には今回のルートのほかでは見られない…
登山画像
笠が岳
登山画像
西鎌尾根には今回のルートのほかでは見られない…
登山画像
西鎌尾根、槍に向かって延びる
登山画像
東鎌尾根の稜線
登山画像
硫黄尾根と硫黄岳
登山画像
千丈乗越。日焼け止めが目に入って痛く、目を水…
登山画像
千丈乗越より来し方を望む。
登山画像
槍ヶ岳登りで小槍の方に下りた辺りで。
登山画像
槍ヶ岳穂先。前回は独り占めだったが、今回は大…
登山画像
槍ヶ岳穂先より。槍ヶ岳山荘と笠が岳。向こうに…
登山画像
槍穂先より。大喰・中・南岳、北穂・涸沢槍・奥穂…
登山画像
槍穂先より、東鎌尾根。
登山画像
槍穂先より、槍沢。向こうは常念。
登山画像
槍穂先より北を望む。一番奥は立山方面、剱岳。
登山画像
槍穂先に登る人々でいっぱい。
登山画像
中岳より大喰と槍。
登山画像
常念山脈。大天井は大好きな山。
登山画像
天狗尾根上より
登山画像
天狗尾根上より、天狗の庭。向こうは燕~常念
登山画像
南岳頂上。南岳小屋まではほんのちょっと。あち…
登山画像
大キレット越しに北穂。左の小屋が見える。
登山画像
大キレット!明日!だいじょうぶか?ワタシ!
登山画像
南岳小屋付近から笠が岳右に夕日が美しい。
登山画像
南岳小屋で宿泊者全員に無料で配られていた500ML…
登山画像
2016.8.12 早朝富士山が見えた。
登山画像
大キレット越し北穂のモルゲンロート
登山画像
大キレット、だいぶ下ってきた。
登山画像
急な下りから平坦なところに下りてきた。来し方…
登山画像
あの北穂まで登る!手前が長谷川ピーク、その間…
登山画像
逆コースの登山者に少しずつ出会い始める。笠が…
登山画像
長谷川ピーク。頼りない私を心配なさってずっと…
登山画像
この上を行く登山道があり、落石注意!
登山画像
飛騨泣きを過ぎた辺り。しっかりした金属のステ…
登山画像
来し方を振り返る。槍ヶ岳も見えてきた。
登山画像
あと200Mは標高差かな?逆コースの登山者が…
登山画像
北穂小屋の南側にひょっこり出て大キレット超え…
登山画像
北穂小屋テラスより。
登山画像
南稜テラスより。
登山画像
北穂より涸沢に下る。上部では登りの登山者が大…
登山画像
涸沢よりカール。奥穂・前穂・吊尾根
登山画像
涸沢ヒュッテも小屋も外に人がいっぱいでした。…
登山画像
大キレットを下から仰ぐ。
登山画像
本谷橋。暑くて汗びっしょり。冷たい側の水が嬉…
登山画像
2016.8.13 横尾山荘に泊まり、山荘の朝食を食べ…
登山画像
明神から梓川右岸の遊歩道の景色を楽しむ。
登山画像
私的未踏の霞沢岳。いつか登りたい。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

とんぷうさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    暖かい日が続き燕山荘周辺の雪は少なくなっています。金曜日は雨の予報が出ています
    20年11月19日(木)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    2020年の営業は終了しました。ありがとうございました。また来シーズンもお待ちしております
    20年10月28日(水)
  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    2020年の営業終了。冬期小屋のみご利用。トイレは利用不可のため携帯トイレを携行ください
    20年10月26日(月)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    本年の営業を終了。冬期、双六小屋と黒部五郎小舎は避難小屋として開放(1名1泊1,000円)
    20年10月17日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

とんぷう さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...