登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
表銀座縦走路 直前敗退(水俣乗越下山) 燕岳、大天井岳、西岳、槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

tirrano さん

この登山記録の行程

【1日目】
中房・燕岳登山口(06:15)・・・第2ベンチ[休憩 10分](07:20)・・・合戦小屋[休憩 20分](09:00)・・・燕山荘[休憩 10分](10:20)・・・燕岳[休憩 10分](10:49)・・・燕山荘[休憩 20分](11:10)・・・大下りの頭[休憩 10分](12:19)・・・切通岩(14:00)・・・大天荘[休憩 60分](14:52)・・・大天井岳[休憩 30分](16:00)・・・大天荘(16:35)

【2日目】
大天荘(06:48)・・・大天井ヒュッテ[休憩 10分](07:23)・・・ヒュッテ西岳[休憩 10分](09:30)・・・水俣乗越[休憩 10分](10:39)・・・水俣乗越分岐(11:44)・・・ババ平・・・槍沢ロッヂ[休憩 20分](12:30)・・・一ノ俣(13:20)・・・横尾[休憩 30分](14:10)・・・徳沢(15:40)

【3日目】
徳沢(07:00)

総距離 約26.9km 累積標高差 上り:約2,809m
下り:約2,698m
コースタイム 標準:16時間30分
自己:15時間2分
コースタイム倍率 0.91
合戦尾根の紅葉は、小屋から上でナナカマドが黄色から赤く色づき、紅葉が始まったばかりというところ。ハイマツの緑と相まって、とても綺麗でした。
大天井ヒュッテからビックリ平、西岳ヒュッテまでの縦走路は、ハイマツとところどころのナナカマドがアクセントがあり、稜線を綺麗に彩っていました。これから1週間程度が紅葉のピークなのでしょうね。

さて、シルバーウィークに有給休暇をプラスして、16日から22日までの1週間、北アルプス南部を満喫しようと計画しましたが、台風の影響が長引くことを嫌気して、18日に途中で下山しました。もともとは、中房温泉から入山して、表銀座から槍ヶ岳、穂高を目論んでいました。

【失敗その1】
食料を日数分持ち込んだので、ザックはパツンパツン。食料だけで重量は3キロを超え、ほぼ4キロ近く。これに水を加えると、軽く7キロ近くになって、しかもハイドレーションを詰め込む隙間すらなくなり、これが大失敗の元でした。
総重量は、20キロを軽く超えていました。

体力のあるうちは、合戦尾根の登りはなんでもありませんでした。しかし、稜線上の細かなアップダウンが疲労として徐々に蓄積していき、大天荘(大天井岳)への最後の登りは、完全に息が切れ、足がもたついていました。
過剰な荷物と体力不足。いえ、単に用意が不足していただけです。そぎ落とすのは難しいですね。

【失敗その2】
さらに悪いことには、ハイドレーションをつけなかったこと。
ちびりちびりと給水できず、ザックを降ろしてがぶ飲みするなど、身体に小さな負担を溜め込んでしまったのです。

【失敗その3】
大天井岳のテント場は、風が通り抜け、気温も低かった。
3シーズン用のシュラフ+エマージェンシーシートで防寒に努めたが、風でテントが冷やされるため、ダウンを着込まないと寒くて眠れなかった。
初日のテント泊でのちょっとした疲労回復不足からか、二日目の出発は遅くなるし、足取りも重かった。

【失敗その4】
天気予報では、17日の午後から天気が下り坂になり、しかも風速15メートルを超える風。翌18日は前線の通過による大荒れの天候、プラス台風の襲来。気象条件は悪くなる一方です。
出発が遅れたのにもかかわらず、昼までに槍に登り、しかも稜線にとどまることなく下山したほうがいいだろうと、無理な計画を立てて強行し、歩行ペースを速めてしまったこと。

【撤退背景と理由】
ヒュッテ西岳に到着したのは、9:30。コースタイムでヒュッテ大槍まで3時間10分。確実に1時近くになってしまいます。
天候はすでに荒れる兆候が出ていました。午後には雨が降り出しそうな気配で、槍ヶ岳山頂近くについても、眺望は期待できず、雨・風に打たれ、疲労困憊で下山もままならない状態になる可能性も想定されました。

長いハシゴを下り、少し登り返した時の体の重さ、鎖のあるガレ場を下る時に踏ん張りきれない状況が発生したことから、荷物と体力のバランスが良くないことを自覚し、そのまま続行することは危険と判断。水俣乗越でエスケープルートを下山することにしました。

最初から二泊三日の適正な荷物であれば、問題なく通過できたでしょう。
大荷物で行くなら、それなりの体力をつけておくべきでした。

【大満足の眺望】
すんなりと撤退できたのは、それまでの縦走で絶景を思う存分に堪能できたからでもあります。
常念山脈では、右手に裏銀座縦走路を眺めつつ、槍ヶ岳に向かって歩を進め、徐々に大きくなる大天井岳に突っ込んでいく感覚。振り返れば、燕岳はもちろん、立山、剱岳、針ノ木岳、鹿島槍ヶ岳、白馬岳まで見通せる眺望の良さ。
大天井ヒュッテからヒュッテ西岳までの縦走路は、右手に裏銀座縦走路、左手に常念山脈とその奥に富士山。高瀬ダム湖もしっかり見えました。少しずつ角度を変えて表情を変える、穂高連峰、北鎌尾根、東鎌尾根を間近で見た槍ヶ岳。すべての一コマがとても美しく、写真では残せないスケールの大きさに思わず笑みがこぼれました。

水俣乗越から大曲、ババ平を経て槍沢ロッジで大休憩。ニノ俣あたりで本降りの雨に遭遇し、傘をさして横尾までひたすら歩き、横尾で同じ縦走路を1日前に歩いていた熟年夫婦を少し談笑して、徳沢園でテント泊。翌朝雨の中を撤収して、上高地から東京行きのバスに乗り、下山しました。
徳沢園でもauの電波が入るので、バスの予約などがスムーズに行え、安心して一泊することができました。徳沢ロッジのお風呂もありがたかったです。

登山中の画像
  • 合戦尾根の展望台の少し先の紅葉。ナナカマドが真っ赤でした。
  • 合戦尾根の展望台の少し先から振り返ったところ。緑もあって、豊かな表情です。
  • 燕岳山頂からの槍ヶ岳と笠ヶ岳。
  • 燕岳山頂から来た燕岳方面の眺望。立山、剱岳、針ノ木岳、鹿島槍ヶ岳がしっかり見えます。鹿島槍の裏にあるのは白馬?五竜?
  • 燕岳からこれから進む縦走路を見る。
  • 大下りノ頭から、大天井岳を望む。
  • 表銀座縦走路から裏銀座縦走路の眺望。こんな感じで、高曇りでしたがクリアな眺望を一日中楽しめました。歩くのがもったいないぐらいです。
  • 1年前、三俣山荘から大天井岳を見た時どっしりしていい山だなぁと思ったのですが、表銀座縦走路からの迫力・存在感はハンパない。 頂上直下の長いトラバースが、しんどかった。
  • 大天荘前のテント場からの槍・穂高の眺望。この角度も素晴らしい。
  • 大天井岳頂上。360度の眺望に恵まれました。
  • 翌日進む縦走路と槍・穂高。この道、贅沢すぎる道だなぁ。
  • 針ノ木岳と高瀬ダム湖。
  • 大天井岳の頂上から、立山、剱岳、針ノ木岳。一日中ずっと。見えていた。
  • 歩いてきた、合戦尾根、常念山脈の縦走路。全部一望できるのがとってもいい。
  • この角度からの常念岳は、とっても厳つい。端正さなんてカケラもない。無骨で荒々しい。
  • 常念山脈の縦走路は次の機会に。
  • 二日目の朝。朝焼けがこんなにも鮮やかということは、天気が崩れるということ。
  • 涸沢カールにスポットライト。
  • 大天井ヒュッテから少し進んで振り返ると、紅葉に大天井岳。
  • 17日午前中は、晴れ間があり、紅葉が鮮やかに光り輝きます。
  • 双六、三俣蓮華岳、鷲羽岳の上空にも青空が。
  • ビックリ平からの裏銀座縦走路。
  • 綺麗な青空です。ほんの束の間の出来事でした。
  • 行く手には赤岩岳。ピンスポットの紅葉が鮮やかです。
  • 全貌を表す、東鎌尾根。これ、登るのか。
  • 赤岩岳。紅葉とハイマツの緑と青空。地面ですら美しい。
  • 逆光でシルエットとなった常念の先に富士山も。
  • 西岳付近も少しずつ紅葉が始まっています。
  • ほんの30分で曇天に。話によると午後1時にはガスが出たということなので、そのまま突っ込んでいても、眺望は望めなかっただろう。
  • ヒュッテ西岳のテント場はいい具合に紅葉しています。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 ヘルメット、モバイルバッテリー
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tirranoさんの登山記録についてコメントする
  • NaBE さん
    コメントありがとうございます。

    表銀座を縦走されていたんですね。
    適切な分析・判断をされていて,とても参考になります。

    写真,拝見しました。すばらしい景色をご覧になった様子でとても羨ましいです。
    残念ながら,我々はほとんど景色も見れずじまいでした。

    日曜日の雨の様子から,撤退して正解だったと感じております。
    またどこかでお会いできれば,と思っております。

  • tirrano さん
    こちらこそ、コメントありがとうございます。
    今年は娘が受験なので、一緒に山に行けないのですが、無事受かったら、いろいろなところ見せに行こうかと計画中です。
    子供はすぐ大きくなるので、今のうちですね。

関連する現地最新情報

  • 双六小屋~双六岳
    双六小屋
    6/10より営業を開始しました。例年並の残雪があります
    19年06月14日(金)
    槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    6/7は雨と雪。槍沢ルートはババ平~大曲 は雪切りしました。装備の油断禁物です
    19年06月11日(火)
  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    合戦小屋より上にはまだ雪が残っています。雪に慣れていない方は軽アイゼンやストックなどがあるといいでしょう
    19年06月07日(金)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    寒暖差が激しいです。融雪は進むも、まだ10本爪程度のアイゼン+ピッケル+技術が必要
    19年06月04日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tirrano さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...