登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
以東岳(泡滝ダム)2104 以東岳(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん

この登山記録の行程

泡滝ダム(05:02)・・・七ツ滝沢吊橋[休憩 10分](05:40)・・・大鳥小屋(タキタロウ山荘)[休憩 10分](06:45)・・・オツボ峰[休憩 10分](08:27)・・・以東岳[休憩 20分](09:59)・・・東沢出合[休憩 20分](11:47)・・・大鳥小屋(タキタロウ山荘)[休憩 10分](12:23)・・・七ツ滝沢吊橋[休憩 10分](13:30)・・・泡滝ダム(14:48)

総距離 約22.6km 累積標高差 上り:約2,412m
下り:約2,412m
コースタイム 標準:11時間45分
自己:8時間16分
コースタイム倍率 0.70
 以東岳は水筒いらずの山だという。大鳥池から流れる伏流水が豊富で、登山道にはたくさんの水場がある。これが以東岳の魅力の一つだが、それ以外にもいくつかの魅力がある。
 一つは、その重厚な山体である。どっしりした山体は朝日連峰の中でも特に存在感があり、向かいの障子ヶ岳から見るとその重量感が際立つ。
 二つ目は大鳥池である。急な山腹をジグザグに折れながら登っていくと、そこに大きな池が広がる。これだけの高度にある池とは思えないスケールに驚く。ここには幻の魚「タキタロウ」が棲むという。
 三つ目は花である。大鳥池から急登をしのいで着くオツボ峰から先の稜線には、夏の終わりにタカネマツムシソウやミヤマリンドウが群生し、それは見事な紫を楽しませてくれる。
 もう一つ加えれば、登山者が少ないことだ。雄大な景色の中を、静寂な山歩きが楽しめる。

 以東岳に最初に登ったのが2010年の8月8日。好天に恵まれて奥深い山歩きを楽しんだが、4万歩をはるかに超える距離の長さに驚いた。今日は二度目の以東岳だが、あいにく天候がすぐれない。
 泡滝ダムに着いたのは4時半を少し過ぎたころである。辺りはまだ暗く、歩行もおぼつかない。ヘッドライトの準備に手間取り、出発したのは5時2分だった。ここからはヘッデンの明かりを頼りに、渓流沿いの道を進む。一カ所、道が崩落している箇所があった。明るければ問題はないのだが、暗い時間帯なので慎重に通過した。
 傾斜の少ない道を、遊歩道を歩くようにして進むと七ツ滝沢吊橋に着く。5時40分。ここで10分の休憩を取って、ジグザグの急な登りに足を踏み入れる。ブナの大木が茂るこの斜面は、湧き水が豊富だ。水筒いらずの山という呼称は、ここに由来するのだろう。
 斜面を登りきって、しばらく緩やかな登山道を行くと、大鳥小屋に突き当たる。小屋の向こうには大鳥池が広がっている。時刻はまだ6時45分である。ここでも休憩を入れ、池を回ってオツボ峰に至る急登に取り付いた。ここの登りがもっともきついが、後ろに大鳥池を見ながら、しばらくの間、ブナの森を喘いでいくと、視界が開ける。
 ここからは雄大な風景を目にしながら、爽快な広い稜線歩きが始まる。急な登りもあるが、視界が開けているためか、それほど大変さを感じない。
 オツボ峰には8時27分に到着し、ここで休みを入れる。残念なことに、稜線付近にはガスが流れていて、以東岳を見ることはできない。タカネマツムシソウやオヤマリンドウに慰められながら稜線に向かい、切り立った岩場を抜けて大鳥池を眼下に収めると、以東岳の山頂は近い。山頂には9時59分に着く。ここから以東小屋に下って休憩を取った。
 以東小屋からは、大鳥池に向かって急な下りが連続する。膝に負担がかかる下りだ。笹原を抜け、矮小林に入って、さらに下りに下ると東沢出合に着く。ここは大鳥池の上部に当り、河原に石が敷き詰められている感じだ。ここから湖岸を縫って大鳥山荘に着く。意外に長い道のりで、時計を見ると12時23分になっていた。10分程度休憩をして、ここから泡滝ダムへ下りる。
 七ツ滝沢吊橋を13時30分に通過し、長い長い道を歩いて14時48分に泡滝ダムに着く。以東岳ははるかに遠い山だと実感した瞬間である。

登山中の画像
登山画像
泡滝ダムから登山道に入る
登山画像
ようやく夜が明けてきた
登山画像
吊り橋を渡る
登山画像
ミズナラやサワグルミ、トチの大木を縫う
登山画像
吊り橋を渡る
登山画像
朝日が差す
登山画像
二つ目の吊り橋
登山画像
ここから急登が始まる
登山画像
沢を見ながら登る
登山画像
水場
登山画像
溢れるように水が湧いている
登山画像
大鳥山荘
登山画像
大鳥池の周囲を行く
登山画像
静謐な湖面
登山画像
分岐点
登山画像
急登
登山画像
オツボ峰が見えた
登山画像
雄大な風景を楽しむ
登山画像
オヤマリンドウ
登山画像
登ってきた方向を振り返る
登山画像
以東岳はガスの中
登山画像
オツボ峰に近づく
登山画像
タカネマツムシソウ
登山画像
タカネマツムシソウ
登山画像
笹原の向こうに以東岳がうっすらと見えてきた
登山画像
笹原を行く
登山画像
以東岳が姿を現した
登山画像
以東岳を見ながら進む
登山画像
最後の坂を前に
登山画像
岩稜地帯から大鳥池を見る
登山画像
ハイマツ
登山画像
大鳥池を見下ろす
登山画像
以東岳と以東小屋が見える
登山画像
歩いてきた稜線を振り返る
登山画像
ガスの間に大鳥池が見える
登山画像
来た道を振り返る
登山画像
以東岳と以東小屋
登山画像
以東岳山頂
登山画像
山頂からの展望はなし
登山画像
以東小屋
登山画像
ミヤマリンドウ
登山画像
以東小屋周辺に咲く花
登山画像
大鳥池に下る
登山画像
笹原を行く
登山画像
眼下に大鳥池
登山画像
登山画像
大鳥池は近い
登山画像
大鳥池に戻る
登山画像
ブナの大木
登山画像
吊り橋に戻ってきた
登山画像
渓流の青緑が美しい
登山画像
泡滝ダム
登山画像
駐車場に戻る
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年7月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍!
サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍! クライミングギアを入れても背中が痛くない——沢登りと岩稜クライミングで背負ったあわさんのレポート公開!
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?