登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
大朝日岳 (東北)
img

記録したユーザー

おきくさん さん

この登山記録の行程

東北遠征2日目。行程を変更し今日は大朝日岳、天気が良い。3時半に出発し登山口に5:00着。
あらら、満車だ(恐ろしや百名山)。
なんとか駐車スペースを確保し登山口へ。
一日13時間も歩きヘロヘロだったが、期待通りのいい山だった。

05:20 古寺鉱泉出発。
    樹林帯を2時間ほど登る。所々平坦な道もあり、無理なく登れる。
07:10 一服清水。最初の水場で、期待通りのうまい水。
    15分でハナヌキ分岐着。
09:00 古寺山。途中に三沢清水という水場あり。ここの水も冷たくて抜群にうまい。
    ハナヌキ分岐から古寺山までは、足元の悪い(岩)急登で、個人的には今日の
    このコースの核心部だと思った。
    古寺山からはガスって大朝日岳が見えない。
09:55 小朝日岳トラバース道分岐。
    往復の体力を考え、このコースを選択。
    結構下っていて、帰りの登り返しが思いやられる。
11:20 銀玉水。小朝日岳を巻き終わってからは緩やかに登り、快適な稜線歩きとなった。
    美味しい水がじゃぶじゃぶと。。
12:10 大朝日岳避難小屋。
    それほど期待していなかった紅葉に興奮!絶景だった。
    最悪ESCAPEで避難小屋拍を想定してシュラフも用意していたが、下山することを決定。
    ザックをデポし山頂へ。
12:30 大朝日岳山頂。
    素晴らしい紅葉と、遠く佐渡島まで見えたのに感激。(地元の登山者が教えてくれた)
18:10 古寺鉱泉着。
    なかなか標高の下がらないアップダウンを繰り返し、最後は日が暮れてヘッドランプを
    つけての下山となったが、最高の山旅となった。(ヘロ)
    
道中、故郷四国から来た高知や愛媛のおばちゃんたちと出会って、とても楽しい時間が過ごせた。

総距離 約15.9km 累積標高差 上り:約1,810m
下り:約1,810m
コースタイム 標準:9時間35分
自己:36時間50分
コースタイム倍率 3.84

登山中の画像
登山画像
AM5:00すでに満車
登山画像
5分ほど歩いて。
登山画像
小寺鉱泉。
登山画像
イザ出発。
登山画像
樹林帯を登る。
登山画像
一服清水。
登山画像
15分ほど歩いてハナヌキ分岐。
登山画像
三沢清水。
登山画像
冷たくてうまい。
登山画像
ハナヌキ分岐からの足場の悪い急登。
登山画像
ここまで上がって展望が。。
登山画像
雲の上に、月山?鳥海?
登山画像
小寺山。大朝日岳は雲の向こうに。
登山画像
小朝日岳に向かって。
登山画像
花も終わっている。リンドウ?
登山画像
大朝日~中岳~西朝日岳
登山画像
小屋が見える。
登山画像
小朝日岳トラバース道分岐。
登山画像
巻き終わって。
登山画像
紅葉が始まっている。
登山画像
主稜線へ出た。
登山画像
気持ちの良い稜線。
登山画像
紅葉が一段と。。
登山画像
岩場は殆どありません。
登山画像
すぐ下に水場。ここにも豊富な水が。
登山画像
小屋を目指して最後の石畳の登り。
登山画像
近づいてきた。
登山画像
快適に歩く。
登山画像
奥宮。
登山画像
避難小屋まであと少し。
登山画像
綺麗な避難小屋。ハシゴがかけてある。
登山画像
中岳に吹き上げる雲と紅葉。
登山画像
ザックをデポして山頂へ。
登山画像
小屋を振り返って。
登山画像
いよいよ山頂だ。
登山画像
佐渡島まで見える山頂。
登山画像
帰ります。
登山画像
ザクザク降りる。
登山画像
紅葉に染まる中岳。
登山画像
這松の緑とのコントラストが美しい。
登山画像
雲の向こうにうっすらと佐渡島。
登山画像
名残惜しいけど帰ります。
登山画像
結構アップダウンがあるので、なかなか標高が下…
登山画像
小朝日岳の荒々しい斜面。
登山画像
小寺山まであと少し。
登山画像
やっとハナヌキ峰分岐まで戻った。
登山画像
日が暮れて、往きに見落とした合体の樹。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

おきくさんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

おきくさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!