登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
家族登山-大山【日本300名山】2016 大山(関東)
img

記録したユーザー

ひろり さん
  • 日程

    2016年11月5日(土)

  • 利用した登山口

    阿夫利神社駅(山上駅)  

  • パーティ

    2人 (ひろり さん 、娘 さん)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:新宿~伊勢原(ロマンスカー)~大山ケーブルカー(バス)~阿夫利神社(ケーブルカー)

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

阿夫利神社駅(山上駅)(09:25)・・・16丁目[休憩 20分](10:30)・・・大山[休憩 60分](11:35)・・・唐沢峠分岐[休憩 10分]・・・見晴台[休憩 30分](13:40)・・・阿夫利神社駅(山上駅)(14:40)

総距離 約5.1km 累積標高差 上り:約959m
下り:約959m
コースタイム 標準:2時間45分
自己:3時間15分
コースタイム倍率 1.18
今年4回目の娘との登山は、丹沢山系の大山に行ってきました。
今回は11月に予定されている登山仲間との武甲山山行に、娘が同行できるかの見極めを兼ねた訓練登山です。
事前の情報収集から11月の大山は紅葉シーズンのため非常に混雑すること。また、距離は短いですが、標高差があるため山頂まで急な階段や、岩場が続くため体力的なことが懸念されます。(紅葉は阿夫利神社近くで3分くらい色付き始めていました。)
11月5日(土)の山行当日は晴れ予報。初めてのロマンスカー展望席に上機嫌な娘と伊勢原駅で下車するとバス停にはすでに長蛇の列が・・・予定していた7時58分の大山ケーブルへの直通バスには乗ることができず、次のバスを待つことになりました(非常に不安です)。
しかし、最も心配していたケーブルカーは朝から臨時運行(8分間隔)をしていたため、それほど待たされることなく阿夫利神社へと到着しました。
今回のルートは表参道から山頂に向かい、見晴台方面に下山して周回するコースを予定しました。
登山道入口からはいきなりの急な階段です。おそらく山頂までの登りで最も傾斜があるのではないでしょうか。表参道の登りは基本的に階段状の道が山頂まで続きます。この階段の段差が大きいために子供にはかなり登りにくいようです。それでも1丁目から28丁目まである石碑を探しながら予定通りの時刻に登頂しました。山頂は予想通りの混雑状況・・・とにかく空いてるスペースに座り込みご褒美のカップラーメンを食べ暫しの休憩。下山時に分かりましたが、トイレ方面に降りると広いスペースがあり、比較的空いていました。
見晴台までの下山ルートはうんざりするぐらいの木で整備された階段・・・これが大人には問題なくても子供には段差が大きい。娘も下山時には今回のお山は凄いねの一言。
見晴台まで非常に長く感じました。
見晴台から下社までは標高差は大きくありませんが、油断は禁物です。大山での滑落事故はこの場所で多く発生しています。
たしかに道が狭く谷側は切れ落ちていますが、常にワイヤーロープが谷側に張ってあるため、危険を感じる個所はありませんでした。ただし子供の場合は躓いた拍子にロープの隙間をすり抜ける可能性は十分考えられるので、注意が必要です。
そのような道も娘は常に山側を歩いていたため、問題なくクリア。予定していた時刻とほぼ同時刻の下山となりました。
10月で5歳になった娘の成長を十分感じられた山行となり、武甲山の参戦も決定です!

登山中の画像
  • こま参道沿いの店を通り抜けてカーブルカー駅の向かいます。
  • ケーブルカー駅まで続く階段・・・これが山頂まで続くとは考えもしませんでした・・・
  • ケーブルカーチケット購入の行列。フリーパスを持ってるのに並んでしまいました。
  • ケーブルカーを利用すれば6分で阿夫利神社に到着!
  • 阿夫利神社までまた階段。
  • 唯一の紅葉の見どころ
  • ながーい急な階段
  • シカがお出迎え。 登山バッチにもシカが描かれていました。
  • 不規則な石の階段
  • 富士見台からきれいな富士山。 富士山の写真を撮るならこの場所を見過ごしては行けません
  • ここまで来れば山頂は目の前です
  • 予想通り山頂はすごい混雑でした
  • 山頂からもかすかに富士山
  • 箱根山方面
  • 街並みを一望
  • 下山のスタートも階段から
  • ず~とこんな感じが続く・・・
  • 狭い道は注意!
  • ここから滑落事故発生区域
  • 狭い道が続きますが、危険個所はないので注意して歩けば問題ありません。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ひろりさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ひろり さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!