登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
金峰山~北奥千丈岳・国師ヶ岳 大弛峠からピストン 金峰山・北奥千丈岳・国師ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

明日から本気出す! さん
  • 日程

    2016年10月30日(日)

  • 利用した登山口

    大弛峠  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大弛峠の無料駐車場を利用

  • 天候

    曇りのち晴れ

この登山記録の行程

大弛峠(07:40)・・・朝日峠(08:05)・・・朝日岳(08:25)・・・金峰山[休憩 60分](09:15)・・・朝日岳(11:15)・・・朝日峠(11:30)・・・大弛峠[休憩 30分](11:50)・・・北奥千丈岳[休憩 30分](13:00)・・・国師ヶ岳(13:35)・・・大弛峠(14:05)

総距離 約10.7km 累積標高差 上り:約859m
下り:約859m
コースタイム 標準:6時間10分
自己:4時間25分
コースタイム倍率 0.72
日本百名山の金峰山に登頂!
この山は頂上の五丈岩がとても有名ですね。
五丈岩を登ることも出来ますがかなり難関です!
鎖やロープ等はないので、手と足だけで登らないといけません。
落ちたら大怪我する可能性高いですが、自信がある人はチャレンジしてみてください!

今回のコースは、大弛峠からピストンするコースです。
このコースはCTも短く、アップダウンはあるものの、かなり歩きやすく初心者向きのコースです。
途中、岩だらけの箇所がありますが、特に難所というわけではないです。
なので、鎖場やロープは特になく危険個所は少ないと思います。
ただ、山頂付近はごつごつしたでっかい岩を伝って登る必要があるのでグローブの着用は必須です。

下山後、かなり時間が余ってたので大弛峠から北奥千丈岳、国師ヶ岳に登りました。
大弛峠からは1時間弱程度で登れます。登山客以外の人も登れるくらい整備されています。
そもそも大弛峠は標高が高いところにあるので、北奥千丈岳、国師ヶ岳は標高が高いため展望がとても良いところです。
こちらも時間と体力があればぜひ立ち寄ってみてください!オススメです!

・~登山口まで (大弛峠)
大弛峠まで車で行きます。中央自動車道の勝沼ICが最も近いですが、ここから1時間以上かかります。
大弛峠は車道が整備されていますが、狭い箇所やカーブが多いので、対向車に気を付けてください。
ちょうど秋時期だったので周り一面全開の紅葉でとても景色がよく、ながーい峠ドライブを忘れるくらい良い道でした。
帰りに紅葉目的の方も多く見ました。
ちなみにこの峠は一般車が通れる車道で最も標高が高いところです。

大弛峠には無料駐車場とトイレがあります。近くに小屋もあります。水汲み場ぽいところはなかったのです。
※金峰山への登山コースには水場はありませんので、水の量は気を付けてください。

・~朝日岳
大弛峠からのコースは、朝日峠を経由し朝日岳を登ります。つまりアップ→ダウン→アップです。
登って下る、登って下るの連続ですが、そもそもコースタイムが短いのと
標高差があまりないのでさほど苦ではなかった印象があります。
殆どの道は林道です。朝日岳や金峰山の頂上付近辺りは岩場が多くあります。
前日悪天候だったため、山道がぬかっていました。ゲイター履いておくと良いです。

朝日岳までいくつか絶景ポイントがあります。木のベンチもあるので、休憩場所には困りません。
途中、金峰山の頂上が見えるところに出ます。天気が良ければこの辺りでも五丈岩がくっくり見えると思います。
(この辺で五丈岩が見えるので、どんだけでかいんだよあの岩は…と足がすくみますw)
朝日岳には頂上を示すものがないので、山頂どこよ?となると思いますが特に有名な山でもないので気にしないでくださいw

・~金峰山
朝日岳から1時間程度で金峰山です。
再びアップとダウンの連続です。平坦な道もあるので結構歩きやすいです。
森林限界を抜けると開けたところに出ます。そこから15~20分程度の場所が山頂です。
ごつごつしたでっかい岩で、どれが道か解りません。歩きやすいところを見つけて登ってください。
トレッキングポールを持ってた場合は、しまってグローブ着用しましょう!

・五丈岩
山頂はとても狭いです。しかもごつごつ岩だらけのところなので休憩場所には向いていません。
五丈岩の方に向かうとちょっと開けた場所があるので、そこで休憩しましょう。
他のコースの分岐点にもなって目の前に五丈岩があります。
金峰山は2600m近い標高の高い山で、山頂からの展望もなかなか素晴らしいです。
天気が良ければ富士山もくっくり見えます。
目の前にあるばかでっかい岩に目をやりがちですが、展望がとても素晴らしいのです!!
瑞牆山、北奥千丈岳、国師ヶ岳、甲武信岳、南アルプス、富士山などが見えます。

そのばかでっかい岩ですが、頑張れば登ることもできます。が、かなりの難関です。
鎖やロープ等がなく完全な自然と闘わないといけません。しかも落ちたら大怪我かおそらく即死しますw
これが自然の力でできた岩とはとても思えませんね。
風がかなり強く、ロッククライム向きの靴ではなかったので、今回は途中でリタイヤしました。

・~下山 (ピストン)
帰りは同じ道を戻るピストンです。
行きで味わった通り、アップ・ダウンの連続です。
下りに登り道はない説はこの山では通用しません。
とはいえ、かなり歩きやすいので下山も辛い印象はなかったです。

・大弛峠~北奥千丈岳、国師ヶ岳
大弛峠に戻り、荷物を軽くして北奥千丈岳と国師ヶ岳を登ることにしました。
どちらもかなり近いので、大弛峠から1時間弱程度で到着する距離です。
ハイキングコースにもなってるようで、登山客以外でも登れるよう道がかなり整備されています。
前国師ヶ岳までは木の階段を登ります。かなーり整備されているので、山を登ってる感じがしないです。
整備されているのは良いんですが、階段だらけなのでこれがなかなか膝に堪えますw

前国師ヶ岳は開けたところで、富士山や金峰山側が良く見えます。
金峰山頂上にある五丈岩もくっきり見えます。ほんとにどんだけでかいんだよあの岩は…

前国師ヶ岳からは山道になりますが、丸めのごつごつした岩もありますが、歩きやすい道です。
すぐのところに分岐点があり、国師ヶ岳と北奥千丈岳へ行けます。どちらもかなり近いところにあります。
北奥千丈岳は、乾徳山に繋がる道があります。けもの道ぽいところなので誤って行かないよう気を付けてください。
分岐に戻り国師ヶ岳に向かいます。国師ヶ岳も分岐から近いところにあります。

この日は運が良く昼ぐらいから晴れに変わったので、富士山がとても良く見えました。
金峰山よりは富士山に近い位置にあるので、とても大きく見えます。やはり偉大な富士山。いつ見ても素晴らしい。

今年最後の山梨・長野付近の登山予定だったので、最後の最後に富士山見れてとても感動しました。

帰りは大弛峠を下って帰ります。車で20km以上あるながーい峠ですが、紅葉がとてもキレイで何度か車を止めてしまいました。
車道は狭い箇所が多くカーブも多いところなので、車酔いしそうですが車道は荒れてないため運転しやすいです。ただ長いですw
紅葉目的に訪れるのにも良いところですね!

登山中の画像
  • 大弛峠駐車場に登山口があります。トイレ側の反対方向の砂利の駐車場目の前です。
  • こんな感じの林道がずっと続きます。
  • 朝日峠に到着。何もないです。
  • 林道を抜けると岩道になります。登りきると展望が!
  • 周りの山が紅葉してました。
  • 奥に見える尖ってるのが五丈岩。
  • 金峰山の山頂を越え、五丈岩に到着!さすが五丈岩おそるべし!!
  • 五丈岩をここまで登りました。途中から手が届きません…
  • 五丈岩からパシャ!さてどうやって降りよう…
  • 富士山が見え始めました!
  • 行きで撮り忘れた山頂w
  • 林道は平たんなところも多いので歩きやすいです♪
  • 下山途中で一休み。紅葉がほんとうにキレイでした!
  • 朝日峠。解りにくい…
  • 早々と下山。荷物整理して北奥千丈岳と国師ヶ岳に向かいます!
  • 全体地図。甲武信岳から縦走する人も多いようですね。
  • 国師ヶ岳の入口です。近くに小屋があります。
  • 夢の庭場というところがあるらしい。寄ってませんが、どちらから行っても合流します。
  • 後ろに先ほどの金峰山が見えました。天気が良くなってきました!五丈岩が尖って見えますね~
  • 国師ヶ岳の道はこんな木の階段をひたすら登ります…
  • 富士山だー!
  • 途中の前国師ヶ岳です。ここも展望が良いです。
  • 国師ヶ岳と北奥千丈岳の分岐点。どっちも近いです。
  • 北奥千丈岳に到着。なかなか良い展望なのでしばらく休憩してました。
  • ここからも金峰山が見えます。五丈岩まではっきり見えてました。どんだけでかいんだあの岩は…
  • 国師ヶ岳に向かうため、いったん分岐まで戻ります。
  • 国師ヶ岳に到着!後ろのプリン型の山は富士山です!
  • 写真ではなかなか伝わりにくいですが、とてもキレイに見えました。
  • 大弛峠に帰還。ちなみにこの峠は日本の中で一般車が通れる最も標高が高い地点です。
  • 大弛峠を車で下ります。紅葉が素晴らしかったので何度か車止めました。
  • こんな真っ赤になる紅葉もあります。大弛峠は紅葉時期のドライブには良いですね♪
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、行動食、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 水1.5L所持 / 水0.5L使用 ※峠で補給あり
ウィダーinゼリーx2、プロテインゼリーx1、昼食
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

明日から本気出す!さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    11月23日で金峰山小屋の今季の営業を終了しました。冬季の営業日をご確認ください
    20年11月24日(火)
    甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    凍結をしていると想定してチェーンスパイクなどの用意を。11/30まで営業(食事付きは11/28まで)
    20年11月18日(水)
  • 瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    標高の高い所では凍結が想定されます。チェーンスパイクなどの用意を。11/23以降の営業は要問合せ
    20年11月18日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

明日から本気出す! さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...