登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
一徳防山2016.10 一徳防山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

sirou さん
  • 日程

    2016年10月31日(月)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:[往路]南海高野線三日市駅から,南海バスで大矢船西町バス停へ。
    [復路]南花台(なんかだい)4丁目バス停から南海バスで三日市駅へ。

  • 天候

    曇り
    [2016年10月31日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大矢船西町BS9:50 → 登山口 → 二ノ坂峠 → 檜尾 → 三角点 → 11:35一徳防山12:00 → 日野の登山口 →13:40南花台4丁目BS

踏み跡は明瞭だが,道標がほとんどない。三角点から素晴らしい展望が得られる。

登山中の画像
登山画像
大矢船の登山口。道標なし。配水池横の車止から…
登山画像
檜尾の450m付近から一徳防山
登山画像
三角点。360度の展望がある。
登山画像
三角点から大阪平野。中央はPLの塔
登山画像
一徳防山山頂。とても狭い。鉄塔下が開けている。
登山画像
山頂直下の鉄塔から岩湧山
登山画像
稜線の鉄塔(450m)から一徳防山。右奥は岩湧山
登山画像
登山道330m付近から金剛(右),葛城(左)
登山画像
日野の登山口。道標なし。
登山画像
日野浄水場から一徳防山
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

sirouさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

sirou さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年6月6日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?