登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
ロックガーデンから有馬温泉へ 六甲山,ロックガーデン(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

matsup さん

この登山記録の行程

芦屋川駅(8:38)→高座の滝(9:07)→風吹岩(10:10)→雨ヶ峠(11:18)→東おたふく山(12:10)→蛇谷北山(13:30)→石宝殿(13:23)→六甲山最高峰(14:07)→有馬温泉のへり(15:43)→太閤の湯(16:00)→神鉄有馬温泉駅(18:05)


総距離 約14.4km 累積標高差 上り:約1,402m
下り:約1,028m
 2016年11月5日(土)に高校の時の友人たちとロックガーデンから有馬温泉へのルートを歩きました。去年も一度歩いたので,今回は東おたふく山経由で六甲山最高峰までは歩き,そこから有馬温泉に下りました。東おたふく山からは,距離が近そうという理由から蛇谷ルートを登り,蛇谷北山を通過して,石宝殿(いしのほうでん)経由で行きました。あまり深く考えずに行ったら,思ったよりもハードなコースで意外と疲れました。

 出発は阪急・芦屋川駅に午前8時半にしました。近くのコンビニでおにぎりなどを買って,出発しました。芦屋川駅から芦屋川沿いに北上して高座の滝のそばを通りました。そこまではアスファルトの道だったのでみなさん余裕でした。高座の滝から先,ロックガーデンに入りますが,みんなの想定以上に急な斜面が続く急登ルートで,参加者のみんなは「なんでこんなに急なん?」とぼやいていました。いやぁ,申し訳ないっ!岩場を登る場所が何箇所もありましたが,みんなしっかり登ってましたよ。また,絶好の登山日和だったので,登山道は人だらけでした。我々のチームはゆっくりだったので,たくさん休憩をいれ,何度も後ろの人に抜かしてもらいながら上を目指しました。

 急斜面をしばらく登ると風吹岩に着きました。風吹岩では渋る人達を岩の上に上がらせて記念撮影しておきました。さすがに我々だけで写真を撮ることはできませんでしたが…。あそこは登ると景色がよく見えるので,登って損はないと思います。風吹岩の後は道が少しゆるくなり,みんなご機嫌で歩くことができました。そんな道を雨ヶ峠に向かいました。 去年行った時にはその辺りでイノシシに会いましたが,今回は会いませんでした。

 雨ヶ峠で11時半ごろだったので,そろそろお腹も空いてきて,おにぎり休憩にしました。六甲山最高峰に向かうには雨ヶ峠から直進するのですが,今回は東おたふく山に登ってみました。木が少なく,ちょっと雰囲気が違うので行ってみたかった,というのが理由です。東おたふく山は思ったよりも木があり,また,笹薮が広がっている感じでした。どうやら数十年前は一面のすすきが原だったみたいで,今その再生を目指しているとどっかに書いてありました。東おたふく山の最高点付近で分岐があり,右に行くと奥池のバス停に下りて芦屋にバスで帰るルート,左が土樋割峠から蛇谷北山,石宝殿経由で六甲山最高峰へのルートでした。今回は予定通り六甲山最高峰に向かいました。

 東おたふく山からはいきなり急に下がって土樋割峠でした。土樋割峠からは少し下って七曲り経由で六甲山最高峰に行くこともできましたが,せっかくなので蛇谷北山ルートを歩いてみました。このルートが思ったよりも急な斜面が続き,同行者には不評でした…。でも,文句を言いながらでも,みなしっかりした足取りで登り,いい感じのペースで石宝殿まで登りました。そこで一服したのち,車道を通って六甲山最高峰下の一軒茶屋前に向かいました。一軒茶屋前でトイレ休憩したのち,六甲山最高峰に登りました。六甲山最高峰ではせっかくなので他の人に頼んで全員で記念撮影してもらいました。

 六甲山最高峰からは予定通り有馬温泉に下りました。以前の感じではすぐに有馬温泉に着いた気がしてたけど,意外と長く感じました。足元もこぶし大程度の石がゴロゴロしている場所もあり,思ったよりも疲れました。ただ,傾斜はあまりきつくないので,みんないろんな話をしながら下りていきました。そして無事,午後4時前に車道に出ました。有馬温泉まで来たら,せっかくなので温泉に入りたいとなり,太閤の湯に行きました。太閤の湯では,水風呂で足の筋肉を冷やしておきました。効果はどの程度あったのでしょう?

 温泉で汗を流した後は,神鉄と北神急行を乗り継いて三宮に行き,そこらの居酒屋で打ち上げをしました。なかなか楽しい1日でした。

登山中の画像
  • ロックガーデンから見た風景
  • あっちのコースも楽しそう
  • ロックガーデンにて
  • ロックガーデンから見下ろした
  • 風吹岩にて(わざとぼかしてます)
  • 風吹岩からの眺め
  • 風吹岩にて
  • あれは荒地山?
  • 東おたふく山にて
  • 西おたふく山が見えた
  • 六甲山上辺り?
  • 蛇谷北山を通過
  • これより六甲山最高峰へ
  • 途中,大阪平野が見えた
  • 阪神競馬場も見えた
  • 六甲山最高峰にて(わざとぼかしてます)
  • 六甲山最高峰のアンテナ
  • 登山後は太閤の湯で汗を流した
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

matsupさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

matsup さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!