登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
勝手に提唱「敦賀トレイル」 藪こぎありの敦賀半島縦断(蠑螺ヶ岳~西方ヶ岳~三内山~旗護山) 蠑螺ヶ岳、西方ヶ岳、三内山、旗護山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2016年12月4日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:敦賀半島の先端、蠑螺ヶ岳の登山口「浦底」まで向かう。バス停が目印。屋根付きで夜間でも街灯が明るかった。

  • 天候

    午前中は晴れ、午後より曇天。
    [2016年12月04日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

浦底バス停(05:17)・・・蠑螺ヶ岳登山口(05:22)・・・長命水(06:03)・・・一枚岩展望所(06:30)・・・蠑螺ヶ岳山頂(06:39)・・・カモシカ台分岐(06:56)・・・西方ヶ岳山頂(07:09)・・・西方ヶ岳二等三角点(07:15)・・・壮絶な藪こぎ・・・縄間・三内山登山口(09:53)・・・三内山山頂(10:51)・・・愛宕神社(13:06)・・・旗護山山頂(13:13)・・・関峠(13:57)


総距離 約21.8km 累積標高差 上り:約2,307m
下り:約2,262m
藪こぎの最大の敵、棘が枯れ、葉が落ち視界が得られるこのシーズンを待ってようやくの計画実行。。。
敦賀半島はには蠑螺ヶ岳から西方ヶ岳という景観がとても素晴らしい縦走ルートがある、この縦走ルートをもっと知ってほしく。また、もっと楽しめるよう敦賀トレイルのコースができたらいいなあと思い、敦賀半島先端の浦底から根元の関峠までを勝手に敦賀トレイルのコースとして模索してみました。が、予想していた以上に、西方ヶ岳からの藪こぎは最悪で、まだ全体の半分もいかないのに、体力のほとんどを持っていかれました。
道は未整備が多いものの、関峠から野坂につなげ、野坂山から芦谷山を抜けて三国山まで縦走すると、日本でも有数のコース「高島トレイル」に接続でき、敦賀三山のうち2つを丹野しつつ、綺麗なブナ林もあったりと、いつか本当に敦賀トレイルが整備されたら面白いと思った。

朝の5時に浦底に着く。まだ薄暗く、風が強く吹いていた。ヘッドライトを身にまとい、いざ出発。何度も来ている場所なのに、暗いとヘッドライトが作る陰で道を誤りそうになる。蠑螺ヶ岳を抜けて西方ヶ岳の手前で日の出となる。赤く染まった敦賀湾や敦賀市内がとても美しかった。さて、ここからが道のないコース。歩きやすいようこの季節までまったものの。予想以上に藪の密度が高く、前に進むのが至難の業。峰伝いに歩いて能間峠をパスしたかったが、いったん、里の方に降りてみた。確か、次の山、三内山には登山道があることを事前に調べていたからだ。このまま、藪で苦しむくらいなら、昇り降りの苦しみは苦ではない。(むしろ楽しみ?)。三内山は鉄塔の点検のための登山道がある。あれているものの、十分、登山道として楽しめる。こんな山があったとは。これも今回の計画のお陰で発見できたもの。三内山から旗護山に向かう。山頂からは先日登った御嶽山(おたけやま)が見えた。国吉城の城主が旗をこの山に掲げ、敵をけん制したことから山の名前の由来になったとか。景観がよく美浜方面の海が綺麗に見えた。もっと登山道も整備すれば、よいコースになること間違いない。残念なのは、関峠まで降りると、次の山に登るための道が線路によって分断されているということ。村の人に聞いたところ、線路を渡って登る場所はなく、そのまま線路沿いに野坂山まで歩くしかないとのこと。でも、村の中を通って野坂に向かう田んぼ道も風情があって、これはこれで良いと思った。藪漕ぎの部分はお勧めしないが、蠑螺ヶ岳や西方ヶ岳以外にも、三内山や旗護山には機会あればぜひ登ってみて欲しい。また、他の記録で紹介しているが、野坂山から三国山、赤坂山までのコースも本当に素晴らしいので、隠れた名所としておすすめする。

●蠑螺ヶ岳(685m)
福井県敦賀半島に位置する山で、敦賀市と美浜市との境にある山。山頂からの展望はよく、眼下に水島が綺麗に見える。
●西方ヶ岳(764m)
山名の由来として3つあり、1つ目は阿弥陀三尊のおられる西方浄土に見立てたという説、2つ目は敦賀湾の東沿岸は現在でも東浦の地名があるが、それに対し西浦の山の意味という説、3つ目は敦賀半島は古くから朝鮮からの渡来人が住み着いたと言われ、山上より西方の祖国を懐かしみ望んだということで西望岳と言われ、西方ヶ岳となったという説がある。(Wikipediaより)
●三内山(みうちざん)(521.6m)
一般的な登山道はなく、送電線の巡視路を利用する。主な登り口は、敦賀市縄間の馬背峠トンネル手前からの北側ルート、敦賀市西原からの南側ルートがある。両ルートをつないだ縦走も可能である。山頂は見通しがきかないが、登山中は敦賀湾を眺望でき、コナラやブナ林が広がり、新緑や紅葉を楽しむことができる。
●旗護山(318.2m)
旗護山のすぐ南には、旧国名の若狭国と越前国の国境の関峠があり、丹後街道(若狭街道)が通っている。現在でも、県道225号(旧国道27号)とJR小浜線が通っており、交通の要衝となっている(現状の国道27号は旗護山トンネルで敦賀市と美浜町を結んでいる)。このため、関峠を見下ろす旗護山は、軍事上の重要拠点であった。戦国時代には、若狭攻めに来襲した朝倉氏の軍勢を牽制するため、美浜町佐柿の国吉城主であった粟屋勝久が、山頂に旗竿を立てたという、これが旗護山の山名の由来と言われる。(Wikipediaより)

登山中の画像
登山画像
浦底のバス停。冒険はここから始まります。
登山画像
野生の動物を見ることができるかな?ちょっと期…
登山画像
日の出が近づいてきました。
登山画像
もうヘッドライトが無くても道がはっきり見える…
登山画像
朝日に染まる山と敦賀湾。
登山画像
太陽が待ち遠しい。
登山画像
敦賀のハワイ。水島です。
登山画像
ようやく太陽が姿を見せました。肌寒かったのが…
登山画像
モルゲンロートの西方ヶ岳。
登山画像
遠くに見えるは白山でしょうか?ひときわ高い山。
登山画像
西方ヶ岳の二等三角点。ここから先は熊笹の壁。…
登山画像
写真で見ると隙間があるように見えますが。。。…
登山画像
日頃見ない景色。いつか登山道が整備されたら、…
登山画像
遠くに野坂山が見えます。ここからだと尖ってカ…
登山画像
動物の糞が山積み。
登山画像
縄間が見えてきました。
登山画像
里に近づいてきました。
登山画像
ここで一瞬だけ道をクロスして、三内山の登山道…
登山画像
低い山ながら急登。汗をぬぐい振り返ると、敦賀…
登山画像
三内山の山頂。三角点があるのみ。
登山画像
手作りの看板がいいですね。
登山画像
旗護山の上にある愛宕神社。存在を今まで知りま…
登山画像
狛犬の代わりでしょうか?
登山画像
旗護山の上から先日登った御嶽山(おたけやま)…
登山画像
関峠に抜けてきました。今回の目的もほぼ終了。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年5月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...