登山記録詳細

雪山登山
参考になった 7
北岳 201612 北岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

ホワイトマウンテン さん
  • 日程

    2016年12月29日(木)~2017年1月1日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:夜叉神峠までは凍結や雪がなく23:30頃到着した。車は約30台位で雪はなかった。車中泊で寝過ごし5:52となった。北岳方面には6時前にゲート通過が必要であったが、既に赤色灯を付けた管理車両が来て少し離れた位置に停車していた。急ぎ準備して6:08出発したが止められることはなかった。

  • 天候

    快晴静穏 
    [2016年12月29日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目(6h47m)  夜叉神峠(06:08)・・・鷲ノ住山下降点(07:22)・・・歩き沢    橋池山吊り尾根登山口(09:00/09:34)・・・御池小屋(12:55)テント泊 
2日目(14h05m)  御池小屋(02:55)・・・ボーコン沢の頭・・・八本歯のコル・・・北岳山頂(10:45/10:53)・・・御池小屋(16:00)テント泊 
3日目(7h15m)  御池小屋(05:45)・・・歩き沢橋池山吊り尾根登山口(08:00)・・・鷲ノ住山入口(08:30)・・・鷲ノ住山下降点(10:43)・・・水場(11:00/11:20)・・・夜叉神峠(13:00)


総距離 約30.8km 累積標高差 上り:約3,047m
下り:約3,047m
 2016/1/1は、槍ヶ岳単独正月登山7年目(5回挑戦)にして初登頂に成功。この2016/2017越年登山は北岳を..、と考えてネット等で調べていたが、63歳になり脚力の衰えの不安もあり鳳凰三山の小屋泊まりで..、と逡巡していた。双方の計画書を作成したが年末の天候が穏やかであることが分かったので、自身の最後のチャンスと思い北岳に決めたが、寝坊などの失敗もあり挑戦が危うかった。幸い雪も少なく天候にも恵まれて、快晴の頂上に立つことができた。(前夜行3泊4日で計画したが、積雪が少なく天候も穏やかであったので、2日目に頂上往復をしたが、例年では頂上アタックは3日目となる。)
 1日目 6:08夜叉神峠ゲート出発。池山御池小屋付近までは、アイゼンなし歩行ができた。テント場では雪が少なく水を得るのに苦労した。一方、行程では積雪が少ないので一気に頂上アタックができそうだった。
2日目 0:30起床、2:55発でアイゼンとヘッドランプで赤テープでルートを探しながら進むと、徐々に雪道になり2700m辺りで樹林帯を抜け、満天の星空に北斗七星や天の川が疲れを忘れさせる。6:48頃南東に雄大な富士とその左手にご来光。両手を合わせ無事の登頂を祈る。雪面はやや硬いが量はこの時期としては少なく歩行は想定より楽だが所々クラストしているので気は抜けない。長い緩やかな尾根を小さなアップダウンで進むと北岳バットレスが大迫力で目前に迫る。八本歯通過には確実なピッケルアイゼンワークが要求された。足取りは重く時間を要し、さらに急な雪の斜面を喘ぐと頂上まで0.3kmの道標に着く。しかしこれからは北西側からの風が強い。50m程固くクラストした斜度40度近い雪原のルンゼをアイゼンの前歯とピックを突き刺しながらの直登となる。脹脛がパンパンになるころ斜度が緩み少しして山頂に達した。他に人はおらず、証拠写真にスマホを出すがタッチ画面で手袋を外すと僅かな時間でも手が針で刺される。山頂掲示板は雪の上に出ていたが、東側に雪庇が大きく発達しており、掲示板と高さが同じほどであった。360度の大展望であるが、風があり数分で下山を始めた。足取りは非常に重く、テント着は16:00頃であった。(約14時間かかった)
3日目は、6時前に下山開始するもルートファインディングで右往左往。何とか赤テープを見つけ下り始めるとルート上でお会いした滋賀県のご夫婦と途中までお世話になった。鷲ノ住山越えは、非常に辛く倍の時間を要した。夜叉神峠までの中間で猿の群れが陽だまりで細い木の皮を食していたが、私を警戒し散って逃げた。つららの怖いトンネルを数回抜けて、暗く長い夜叉神トンネルのドアを開けると程なくゲートを抜け、車に帰着した。駐車場で鳳凰方面からの下山者と情報交換後、芦安温泉「岩園館」で入浴した。歴史は感じるも源泉かけ流しで素晴らしい湯で、二杯飲泉し山の疲労を湯船で癒した。(1000円) 帰路は正月で車が少なくわずかに混むこともあったが17:00頃帰宅した。(距離180km)

登山中の画像
  • 1 夜叉神峠から約1時間、鷲ノ住山展望台の50m先から 登り高度差50m位で急な下りを400m位で吊り橋になる。
  • 2 歩き沢橋 池山吊り尾根登山口(1260m位) 夜叉神峠より2.5h~3h
  • 3 池山御池付近(2060m位)のテント内にて
  • 4 12/31 6:51 2600m付近でご来光。手前より来し方がてかり、右手奥には駿河湾が光る。
  • 5 ボーコン沢の頭付近より北岳バットレス。(約2800m)
  • 6 北岳山頂(カメラバッテリダウンの為スマホで自撮り、指軽度の凍傷約-15°C、風10m位、10:48)  
  • 7 北岳山頂より甲斐駒ケ岳2967m(中央右奥)
  • 8 吊り尾根分岐より間ノ岳(3189m)への稜線
  • 9 八本歯への緊張するルートと富士
  • 10 ボーコン沢の頭付近より甲斐駒ケ岳ズーム
  • 11 ボーコン沢の頭付近より農鳥岳3026m(左)と西農鳥岳3051m
  • 12 ボーコン沢の頭付近より富士とその右手前に櫛形山2053m
  • 13 八本歯を過ぎ、ボーコン沢の頭付近より緩やかな池山吊り尾根が長く続く
  • 14 15:55池山御池小屋付近のテント場到着(歩行14h疲労困憊)
  • 15 1/1 8:00頃登山口着(滋賀県のご夫妻)
  • 16 登山口のホワイトマウンテン
  • 17 8:30 ここから左手(赤丸印)の藪を30m位下り、野呂川発電所脇の吊り橋を渡って鷲ノ住山を越える
  • 18 野呂川発電所脇の吊り橋(「1人ずつ渡れ」)
  • 19 鷲ノ住山越え終点(南ア スーパー林道夜叉神峠より5km地点)到着
  • 20 林道のトンネルはつららが多く要注意
  • 21 林道歩きの中間の水場
  • 22 猿が食べていた木の皮(緑ががっている)
  • 23 猿の家族?が陽だまり食事中。邪魔して睨まれた。
  • 24 まっすぐな夜叉神トンネル(1400m)に入る
  • 25 トンネルの夜叉神側(左側のドアを自分で開閉)
  • 26 13:08帰着
  • 27 芦安温泉「岩園館」の内風呂。源泉掛け流しで元旦に独り占め。素晴らしい湯です。
  • 28 お正月に入れて頂き感謝いたします。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、トレッキングポール、テント、シュラフ、シュラフカバー、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ワカン、スリング(シュリンゲ)、ヘルメット
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ホワイトマウンテンさんの登山記録についてコメントする
  • さとこよ さん
    ホワイトマウンテン様

    こんにちは。
    北岳でお会いしました滋賀在住の中西です。
    最後ごあいさつ出来ず心残りでした。
    年越し北岳の山旅は私たちにとって忘れられない思い出となりました。
    ホワイトマウンテンさまの山と向き合うお姿にパワーをいただきました。
    いつかまたどこかでお会いできる日を想像しながら、私たちも山を楽しんでいきたいです。



  • ホワイトマウンテン さん
    ご連絡ありがとうございます。小野寺と申します。
    冬の北岳を共有出来ましたこと幸せに思っております。

    私も中西様と同感でしたが、何分鷲ノ住山の登りがきつく大分遅れてしまいました。
    また何処かでお会いできることが楽しみです。(いつまで行けるか分かりませんが)
    本当に、ありがとうございました。

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    登山道の状況は大きな気温変化の影響を受ける時期。冬よりもテクニカルです。経験者同伴で
    20年03月25日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ホワイトマウンテン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年3月29日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...