登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
中央アルプス縦走・乗鞍岳縦走(空木岳~乗鞍~上高地):日本アルプス縦走Round.4 駒ヶ根 空木岳 木曽駒ヶ岳 飛騨街道 地蔵峠 乗鞍岳 安房峠 焼岳 上高地 (中央アルプス)
img

記録したユーザー

山車(dashi) さん
  • 日程

    2015年9月11日(金)~2015年9月17日(木)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:○ 往路:JR駒ヶ根駅
    ○ 復路:上高地からバス

  • 天候

    9/11,12:晴れ 9/13:朝一時雨、強風,里;曇り 9/14:晴れ 9/15:晴れ後ガス 9/16:ガス 9/17:雨

この登山記録の行程

Round.4:中ア・乗鞍岳・焼岳(駒ヶ根~西穂山荘下)2015年9月11日~17日
  ● アプローチ歩行距離: 4.7km   ● 累積標高差:   +40m  -837m
  ●  コース 歩行距離:130.3km   ● 累積標高差:+10,209m -8,577m
  ● 記号:[--] 交通機関  [・・・] 徒歩
①9/11(金) コース歩行距離:13.5km 累積標高差:+2,039m,-193m
 駒ヶ根(11:10)・・・駒ヶ池(12:12)・・・登山口(12:30)・・・林道終点(13:50)・・・池山(15:00)・・・尻無H1970m(15:54)・・・空木平避難小屋(19:00)
②9/12(土) コース歩行距離:10.3km 累積標高差:+1,453m,-1,106m
 空木平避難小屋(4:45)・・・空木岳(6:04)・・・東川岳(7:57)・・・熊沢岳(9:49)・・・檜尾岳(11:52)・・・濁沢大峰(13:20)・・・極楽平(14:52)・・・宝剣岳(15:35)・・・宝剣山荘(16:20)
③9/13(日) コース歩行距離:11.7km 累積標高差:+229m,-2,057m
 宝剣山荘(6:25)・・・中岳(6:36)・・・木曽駒ヶ岳(7:02)・・・玉乃窪山荘(7:36)・・・七合目(9:07)・・・林道(10:56)・・・茶臼山JC(11:37)・・・大原(12:58)
④9/14(月) コース歩行距離:48.0km 累積標高差:+2,087m,-2,124m
 大原(7:00)・・・天竜川(8:40)・・・<飛騨街道>・・・地蔵峠JC(9:44)・・・地蔵峠(12:00)・・・塩沢温泉(19:00)
⑤9/15(火) コース歩行距離:19.7km 累積標高差:+2,373m,-606m
 塩沢温泉(6:55)・・・阿多野郷JC(7:20)・・・峠(8:30)・・・オ-トキャンプ場(9:55)・・・真谷(10:25)・・・(11:00)林道終点(11:30)・・・トラバース開始H1980(11:55)・・・終了H2070(12:15)・・・稜線(12:24)・・・大白檜曽森林限界(13:44)・・・中洞権現(14:38)・・・(16:10)乗鞍岳・剣ヶ峰(16:26)・・・肩の小屋(17:08)
⑥9/16(水) コース歩行距離:22.8km 累積標高差:+1,522m,-2,210m
 肩の小屋(5:13)・・・平湯・十石山登山口(6:13)・・・姫ヶ原JC(6:39)・・・十石山JC(8:24)・・・白猿ヶ池JC(9:41)・・・三角点1870.9(スキー場の上)(9:58)・・・林道入口(安房平へ)(10:18)・・・安房峠(11:36)・・・焼岳登山口(12:30)・・・焼岳北峰(15:02)・・・焼岳小屋(16:13)
⑦9/17(木) コース歩行距離:4.3km 累積標高差:+506m,-281m
      アプローチ歩行距離:4.7km 累積標高差:+ 40m -837m
 焼岳小屋(7:05)・・・上高地JC(西穂山荘下))(9:41) (以下アプローチ)・・・(11:30)上高地温泉H(14:00)・・・上高地バスターミナル(14:30)


総距離 約120.1km 累積標高差 上り:約8,526m
下り:約6,910m
 岩と緑の木曽山脈。印象深かったことが三つある。一つは南アルプスの眺望がきくことである。南アルプスの3,000m峰13座が見える。思い出の詰まった来し方を辿るのは楽しいものである。二つは宝剣岳である。ドキドキした。剣岳より怖かった。三つは緑と白い岩の風景である。這い松の緑は、思わずビロードを撫でてみたくなるような柔らかい印象を与える。

 日本アルプス縦走~日本弧状列島完全人力横断(御前崎~親不知)~シリーズ。今回はRound.4:中央アルプス・乗鞍岳・焼岳(駒ヶ根~中央アルプス~飛騨街道~乗鞍岳~焼岳~上高地JC~上高地)の山旅である。

 完全人力一筆書きの旅も、ここ駒ヶ根で3ヶ所目の中継となる。ここまで途切れることなく293kmの線を引くことができた。全体の丁度半分の距離を歩いたことになり、いよいよ後半戦となる。
 これまで順調すぎて気が緩んだということではないと思うが、ここ中央アルプスは苦しい山旅となった。初日、空木岳の登りで、恐らく、高度障害の症状と思われる頭痛と吐き気に襲われ、何度も休みながら、どうにか空木平避難小屋に転がり込んだのは19:00となっていた。翌日も調子が出なかった。三日目は体調は良くなったが、濃霧と強風で天候は良くない。しかも下山である。中央アルプスは空木岳から木曽駒ヶ岳まで一日の行程で、登りと下りを加えても三日しかなく、その短い三日間が体調と天候の優れない中で終わってしまった。
 しかし、中央アルプスも捨てたものではない。印象深かったことが三つある。一つは南アルプスの眺望がきくことである。南アルプスの3,000m峰13座が見える。思い出の詰まった来し方を辿るのは楽しいものである。二つは宝剣岳である。ドキドキした。剣岳より怖かった。鎖や梯子のようにしっかりしたグリップがあると妙に安心するのであるが、ここには、それがない。従って、頂上のお立ち台には立てなかった。三つは緑と白い岩の風景である。草の黄緑から、這い松の緑、そして、恐らく白檜曽と思われる濃い緑までグラデーションをなし、思わずビロードを撫でてみたくなるような柔らかい印象を与える。そして白い岩が点や線となって、緑を引き立たせている。好きな風景である。
 次に木曽駒ヶ岳を降りて、乗鞍岳に取り付くまでのコースについて記す。その前に、乗鞍岳の登山コースを決めなければならない。南面からのコースで使えるのは中洞権現尾根のみである。野麦コースは高山植物保護で通行止め。子ノ原尾根は某社私有地が歩行でも通過禁止で使用不可。また、宿捜しも難航し、結局、途中には使える宿は一軒もなかったのである。48kmの超ロングコースとなってしまった。
 大原から西に向かって下っていくと、天竜川沿いの中山道に突き当たる。この中山道を少し南下し、木曽福島の手前で右折し、天竜川を渡る。飛騨街道である。どうも街道名は向かう先の地名を呼称するようだ。木曽から飛騨に向かうときは飛騨街道と呼び、逆は木曽街道と呼ぶらしい。私は飛騨に向かっているので飛騨街道と呼ぶことにしたい。これら中山道と飛騨街道で興味を引いた何点かを紹介する。
 まず中山道。ほんの2~3kmしか歩いていないが、ここで出会った物と人。物は相撲場。木曽町民相撲場と名付けられたそれはそれは立派な館である。木曽の檜を模したのか木造風の天蓋には和紙を張ったような、光を取り込む障子のような、明るい相撲場が、土俵ができているのである。拙い文章より写真を見ていただきたい。人は江戸から京都まで野宿をしながら中山道を歩く旅人である。大雨の中、テントに浸水する雨と格闘し、一睡もできなかった一晩。これぞ自然と一体化した究極のワンダラーではないか。
 次に飛騨街道。順番に紹介する。最初は黒川郷の道祖神。ここの道祖神は手をつないでいて双体道祖神というそうだが、地元では、男女握手像と謂われ、男女円満の姿を素朴に伝えている。次は日和田高原のイチイ(一位)について。一位の木は針葉樹で昔は笏(しゃく)の材料として用いられた。今は弓の材料やアスリートの一位祈願のお守りになっている。日和田高原に一位の原生林で囲まれた一位森八幡神社がある。一方、アスリートの心肺機能強化の高所トレーニング場として日和田高原が利用されている。
 さて、飛騨街道は高根ダムを擁する高根町に達した。ここから乗鞍岳の登りに使う中洞権現尾根の取り付き点に向かう。野麦峠は好印象のイメージを持っていた。高根町の塩沢温泉から、旧野麦街道を辿り、たくさんの栃の実が落ちた峠を越えて、阿多野郷に出る。オートキャンプ場で野麦集落に向かう旧野麦街道と別れ、林道を歩く。林道は標高1,825m付近で終点となり、ここから中洞権現尾根に取り付く。
 中洞権現尾根の稜線に出るまでは、刈り払いされている。稜線上は刈り払いされておらず、道は笹で覆われているが、笹の下の道はしっかりしたものであり、笹も道を覆ってはいるものの搔き分ける必要はなく、問題ない。ただし、晴れていればである。雨や朝露の場合は全身ずぶ濡れになるのは必定であり、雨具が必要となる。森林限界から、少し、笹藪を歩き、這い松帯となる。ここの這い松は見事である。字の如く、地面を這っている。この這い松帯は道がはっきりしない。恐らく、這い松の樹高が低く、どこでも歩けてしまうためと思われる。登りは問題ないが、下りで笹藪に入るところは注意が必要かもしれない。振り返らなかったので未確認であるが、入口が分かりにくい可能性はある。権現様が現れると、そこが主脈尾根の千町尾根登山道である。
 剣ヶ峰の頂上はガスの中であった。乗鞍岳は独立峰に近く、ランドマークとして見てきたが、逆は叶わなかった。それでもガスは頂上付近だけらしく、下に緑の水を湛えた権現池を垣間見ることはできた。ここまで誰にも会わなかったが、剣ヶ峰で初めて二人連れに会った。宿では雷鳥調査隊の人たちと同宿した。雷鳥が猿に襲われたセンセーショナルな放映が話題となった。
 乗鞍岳から焼岳へのルートについて。乗鞍岳から平湯・十石山登山口まで乗鞍スカイラインを歩く。登山口とは言っても平湯へはずっと下りである。噴煙を上げる焼岳や楽しみにしている笠ヶ岳への稜線を見ながらの快適な下りである。平湯温泉スキー場から平湯温泉とは逆方向に林道ができており、安房平で国道158号線に出る。大きくショートカットすることができた。安房峠を越え、中の湯の手前に焼岳登山口がある。
 焼岳は活火山である。大正時代の噴火でできた大正池は梓川が堰き止められたものである。噴火から100年たち、池は土砂に埋まって、景観は大分変っているようであるが、山は今なお、噴煙を上げ、南峰は立ち入り禁止、北峰の噴出口には硫黄が黄色に析出している。北峰を下って小さな丘を越えるが、ここにも小さな噴出口がいくつかあり、間欠的に噴煙を上げていた。
 今回の旅は西穂山荘直下の上高地への分岐で打ち止め。上高地までバスが入り、アクセスが最短となるので、ここに決めた。
 次回はRound.5:北アルプス南部(上高地JC~種池山荘)を記す。西穂から奥穂までの縦走はこの旅の最大の楽しみでもあり、最も不安な区間でもある。果して憧れのジャンダルムには登頂できるのか?!

関連レポート
○日本アルプス縦走~日本弧状列島完全人力横断(御前崎~親不知)~
 ・全体版:2015年6月30日(火)~2016年7月22日(金)
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72911>
 ・Round.1:御前崎スタート(御前崎~畑薙第1ダム) 2015年6月30日~7月5日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72732>
 ・Round.2:南アルプス・南部(畑薙第1ダム~三伏峠)2015年7月19日~25日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85112>
 ・Round.3:南アルプス・北部(三伏峠~駒ヶ根) 2015年8月8日~13日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85249>
 ・Round.4:中央アルプス・乗鞍岳・焼岳(駒ヶ根~西穂山荘下)2015年9月11日~17日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85409>
 ・Round.5:北アルプス南部(西穂山荘下~種池山荘)2015年10月2日~10日(土)
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=112065>
 ・Round.6:北アルプス・北部(種池山荘~親不知) 2016年7月17日~22日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=115955>

最新レポート
○関東地方境一周
 ・群馬県境:巻機-丹後、縦走 敗退記
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=92462>

登山中の画像
登山画像
御岳山@熊沢岳
登山画像
熊沢岳
登山画像
駒ヶ根駅:Rd.4スタート
登山画像
黄白の絨毯@駒ヶ根.稔りの秋に蕎麦の花
登山画像
蕎麦@駒ヶ根
登山画像
首を垂れる稲穂@駒ヶ根
登山画像
空木岳、池山尾根登山口
登山画像
空木平避難小屋:沢登りの2青年(名古屋・岐阜)…
登山画像
南ア、3000m、13座:千丈・北・中白根山・間ノ岳・…
登山画像
甲斐駒からの日の出:鋸・甲斐駒・千丈・北・間…
登山画像
駒峰ヒュッテ:木曽駒・宝剣・伊那前岳
登山画像
空木岳
登山画像
御嶽山@空木岳
登山画像
空木岳
登山画像
@空木岳:駒ヶ岳・中岳・宝剣岳
登山画像
南駒ヶ岳@空木岳:手前から無名・無名・左)赤椰・南…
登山画像
@空木岳:北.乗鞍・三ノ沢・木曽前・木曽駒ヶ岳・宝…
登山画像
南ア、北部:鋸・甲斐駒・仙丈・白根三山
登山画像
塩見の後ろに富士山の頭が覗く.やはり、赤石が盟…
登山画像
@空木岳:聖・光・池口岳
登山画像
白根三山@空木岳
登山画像
池山尾根@空木岳
登山画像
木曽駒への稜線
登山画像
木曽殿山荘
登山画像
シラタマノキ(白玉の木)
登山画像
コケモモ(苔桃)
登山画像
@東川岳:熊沢岳・宝剣岳
登山画像
@東川岳
登山画像
鋸・甲斐駒・仙丈・白根三山
登山画像
熊沢岳・無・無・伊那前岳・檜尾岳
登山画像
空木・赤椰・南駒・東川
登山画像
空木岳
登山画像
@熊沢岳:空木・赤椰・南駒・南駒の手前が東川岳
登山画像
熊沢岳
登山画像
三ノ沢岳・木曽前岳・木曽駒ヶ岳・宝剣岳・伊那前岳
登山画像
御岳山@熊沢岳
登山画像
熊沢岳
登山画像
木曽駒ヶ岳・宝剣岳
登山画像
木曽駒ヶ岳・宝剣岳:木曽駒ヶ岳・中岳・宝剣岳・…
登山画像
熊沢岳
登山画像
白い道と緑の這松:熊沢岳
登山画像
空木・南駒・熊沢
登山画像
檜尾岳・正面に避難小屋
登山画像
裏縞躑躅?の紅葉・乗鞍・三ノ沢岳
登山画像
@檜尾岳:三ノ沢・木曽前・木曽駒・島田娘・宝剣
登山画像
来し方:熊沢岳の大岩が見える
登山画像
空木岳
登山画像
檜尾尾根・南ア
登山画像
@檜尾岳
登山画像
@檜尾岳:鋸・駒・千丈・白根三山・塩見
登山画像
濁沢大峰
登山画像
空木岳@三沢JC
登山画像
駒ヶ岳・中岳・宝剣岳
登山画像
宝剣岳
登山画像
空木・南駒・熊沢
登山画像
思わず回転したくなる--
登山画像
木曽駒@宝剣
登山画像
木曽駒ヶ岳・中岳:手前から)宝剣山荘・天狗荘
登山画像
宝剣岳
登山画像
木曽駒ヶ岳
登山画像
木曽駒が岳
登山画像
七竃、染まり初め:タカネナナカマド(高嶺七竃)、…
登山画像
玉乃窪山荘
登山画像
木曽駒下り(八合目下):陽希さんは、残雪で道を失…
登山画像
キビオ峠JC・麦草岳JC@七合目
登山画像
七合目避難小屋
登山画像
根はどこに?
登山画像
ノコンギク(野紺菊)
登山画像
蕎麦@木曽福島・大原
登山画像
木曽町民相撲場。立派!
登山画像
木曽のナア~なかのりさん
登山画像
中山道
登山画像
これを右折する:高山方面
登山画像
木曽川、木曽大橋
登山画像
黄白の秋!:黄金の稲と白い蕎麦の花。蕎麦は種蒔…
登山画像
立派な蕎麦(背が高い)
登山画像
そばそばそばの世界
登山画像
休耕田で蕎麦栽培
登山画像
手をつないだ道祖神(双体道祖神)@黒川郷
登山画像
手をつないだ道祖神(双体道祖神)@黒川郷
登山画像
道祖神
登山画像
実りの秋!
登山画像
キツリフネ(黄釣舟):花の後が釣舟草は巻き込む…
登山画像
ツリフネソウ(釣舟草):花の後ろが丸く、巻きこん…
登山画像
栃の実
登山画像
唐沢の滝
登山画像
ツリフネソウ(釣舟草):花の後ろが丸く、巻きこん…
登山画像
旧飛騨街道:サワラ(椹)の林
登山画像
サワラ(椹)
登山画像
キツリフネ(黄釣舟)
登山画像
旧飛騨街道、地蔵峠
登山画像
乗鞍岳@地蔵峠
登山画像
縁結びの木:楓とタラの木の結合
登山画像
光沢感溢れる栃の実
登山画像
フシグロセンノウ(節黒仙翁)
登山画像
ゲンノショウコ(現の証拠)
登山画像
ママコノシリヌグイ(継子の尻拭)
登山画像
ノコンギク(野紺菊)?
登山画像
蕎麦の実り:蕎麦は種蒔きから収穫までが非常に…
登山画像
しちほうかん塩沢温泉:
登山画像
イチイ(一位)の実
登山画像
旧野麦街道:阿多野郷へ
登山画像
熊さん食べないの?@旧野麦街道
登山画像
峠のお地蔵さん:頭部のないものもあり、明治の負…
登山画像
アレチマツヨイグサ(荒地待宵草)
登山画像
オ-トキャンプ場へ@阿多野郷
登山画像
乗鞍岳を見上げる@阿多野郷
登山画像
ここで野麦峠と別れる
登山画像
ダナの滝:落差30m
登山画像
旧野麦街道とここで別れる
登山画像
中洞権現ノ尾根、取り付き点
登山画像
尾根までは刈払あり
登山画像
尾根に出るとこんな状態
登山画像
これぞ、這松@中洞権現尾根:森林限界を超えると…
登山画像
中洞権現(乗鞍岳)
登山画像
誰の仕業か?:掘り返したのは誰か?落ち葉の積…
登山画像
名の如く、丸で風車:稚児車
登山画像
白い花が咲いたみたい。萱の仲間か?
登山画像
乗鞍岳・剣ヶ峰
登山画像
乗鞍岳・一等三角点
登山画像
乗鞍岳、剣ヶ峰
登山画像
乗鞍岳、肩の小屋
登山画像
ピンクの夜明け・前穂吊尾根
登山画像
焼岳の噴煙が見える!:槍・穂高
登山画像
烏帽子岳:超、目立つ存在!
登山画像
骨だけになってしまった這松。三角は烏帽子岳:ピ…
登山画像
硫黄岳への下り
登山画像
雲海に浮かぶ 槍・穂高
登山画像
ウラジロナナカマド(裏白七竃)
登山画像
笠ヶ岳・焼岳・槍・穂高
登山画像
焼岳・槍・穂高
登山画像
笠ヶ岳と抜戸岳がトトロの耳の様
登山画像
コケモモ(苔桃)
登山画像
クロマメノキ(黒豆の木)
登山画像
シラタマノキ(白玉の木)の実
登山画像
焼岳
登山画像
もう秋:正面は硫黄岳?
登山画像
もう秋
登山画像
サンカヨウ(山荷葉)
登山画像
ハリブキ(針蕗)
登山画像
食べなくてよかった!!:薔薇苺
登山画像
オオヒョウタンボク(大瓢箪木):面白い木。最初は…
登山画像
ヒロハツリバナ(広葉吊花):更に種も吊り下がる。
登山画像
ゴゼンタチバナ(御前橘)
登山画像
平湯温泉スキー場、最上部
登山画像
安房平まで林道を行く:スキー場の途中から林道…
登山画像
いい道が通っている
登山画像
これが安房平かもしれない。その向こうに見える斜…
登山画像
安房峠
登山画像
焼岳@安房峠
登山画像
焼岳登山道入り口:入口は正面
登山画像
ガマズミ(莢迷)
登山画像
イイ色!:七竃
登山画像
シラタマノキ(白玉の木)
登山画像
焼岳、北峰(南峰は立ち入り禁止)
登山画像
焼岳、正賀池:映っているのは南峰か?
登山画像
焼岳・南峰
登山画像
焼岳、硫黄で黄色い
登山画像
焼岳、北峰
登山画像
霞む焼岳、南峰
登山画像
焼岳南峰@北峰
登山画像
焼岳
登山画像
焼岳噴煙の中を行く
登山画像
焼岳小屋
登山画像
上高地JC:Rd.4のゴール
登山画像
西穂登山ゲート
登山画像
上高地温泉H
登山画像
河童橋:この写真を撮っている右手が上高地バス…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山車(dashi)さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山車(dashi) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...