登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
鴨沢ピストン 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

まきば さん
  • 日程

    2017年1月29日(日)

  • 利用した登山口

    鴨沢  

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路
    奥多摩駅から鴨沢西行の始発のバス(6時5分発)に乗車、6時39分鴨沢着。
    この日のこのバスへの乗客は3名。恐らく皆さんもう一本後のバスを利用されるのだと思う。

    復路
    鴨沢16時3分発のバスにて奥多摩駅。奥多摩駅からホリデー快速利用。
    ちなみに、この1本前のバスは14時44分発。

    鴨沢バス停には立派なトイレがあります。また、登山届、ポストもここにあります。

  • 天候

    晴れ
    [2017年01月29日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鴨沢(06:50)・・・小袖乗越[休憩 10分](07:10)・・・堂所(08:46)・・・ブナ坂[休憩 10分](09:52)・・・雲取奥多摩小屋(10:25)・・・小雲取山・・・雲取山[休憩 45分](11:15)・・・小雲取山・・・雲取奥多摩小屋・・・ブナ坂(12:48)・・・堂所(13:42)・・・小袖乗越(14:38)・・・鴨沢(14:57)

総距離 約22.6km 累積標高差 上り:約2,158m
下り:約2,158m
コースタイム 標準:8時間25分
自己:6時間47分
コースタイム倍率 0.81
コース状況。
・鴨沢バス停~堂所 危険個所はなし。ですが、時々出てくる踏み固められた雪はたまにツルツルなので注意が必要でした。下山してくる方はほぼ軽アイゼン(チェーンスパイク)をしていました。
・堂所~ブナ坂(巻き道経由) ここも雪があったりなかったりです。ただ、七ツ石小屋下の分岐からの巻き道に入り始めてすぐの橋がある付近、落石注意です。午後になると落石は悪化していました。ここも、半分くらいは雪。ただ、ツルツルではなく圧雪位になるのでむしろこちらの方が、今までよりも歩きやすいかも・・・・。
・ブナ坂~雲取山 日当たりのいい石尾根は雪のないところの方が多いです。午後になると雪が融け、泥んこ道になりますので、ゲイターをしていかないと悲惨です。


感想
晴れるとわかった週末。年が明けてからしっかり登山をしていなかったので、トレーニングも兼ねて、距離を歩けるところ、行ったことがあって危険が少ないところを選んで行ってきました。
今回は1人。そしてアクセスが車じゃないので、1時間弱余計に歩くことになる…。そしてバスの時間もある。なので、行程を組む際、何時にどこで、どうするかを細かく決めていきました。
歩き出してみれば、緩やかな登りで気持ちよく歩き、途中大きな亡くなったイノシシに出会いびっくりしましたが、予定時刻よりもかなり早く着くことができました。登頂できてよかった!ちゃんと歩ける!とわかってよかった‼‼‼(笑)
楽しみにしていた、『雪の石尾根』『雪をかぶったダンシングツリー』は見ることができませんでしたが、ぽかぽか陽気の中、満足のいく1日になりました。

登山中の画像
登山画像
鴨沢バス停。下りたら屋根付きベンチ&お手洗い…
登山画像
小袖乗越の登山口。車の時はここからですが…。バ…
登山画像
雪はほぼないのですが、日陰になっているところ…
登山画像
冷え込んでいなかったのですが、目指す石尾根は…
登山画像
七つ石山の巻き道、橋の手前。プチ氷瀑でした。…
登山画像
ブナ坂で石尾根に乗り上げれば、まもなくダンシ…
登山画像
南アルプスもバッチリ。真っ白な白峰三山ですね。
登山画像
富士山もバッチリ。ここからはしばらく富士山を…
登山画像
遠く見えた雲取山避難小屋まであとちょっと。こ…
登山画像
雪があるところだけ切り取ると、とってもきれい…
登山画像
無事登頂~!山頂にいた仲良しカップルに撮って…
登山画像
2017年の碑らしいですね。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

まきばさんの登山記録についてコメントする
  • なんだいさん さん
    まきばさん

    ご無沙汰しております。
    なんだいです。

    お元気そうで何よりですが、相方さんは今回はパスですか?
    今週末はよめっこと一緒に高見石に星を眺めに行きます。
    これから残雪期に入って、雪も楽しめますね。
    それでは。

  • まきば さん
    なんだいさん

    お久しぶりです(^^)
    なんだいさんもお元気ですか?

    この日は相方はスキーへ行っていました。滑れない私はお山へ(笑)
    2月に入ってからは、権現岳や上高地を一緒に歩いてきました♪

    今頃は高見石で満天の星空を眺めている頃でしょうか?
    楽しんできて下さい!!

  • なんだいさん さん
    まきばさん

    相方さんはSKIでしたか。
    おげんきであれば何よりです。
    SKIも慣れと良い先生に教わればすぐ上達しますが、
    バックカントリーに入れるようになるには、
    それなりに時間がかかりますよね。

    この土日は八ヶ岳はピーカン、無風と絶頂でした。
    白駒池もきれいに全面結氷でした。
    天狗は東も西もきれいに見えていて、
    登った人は最高だったと思います。
    黒百合から眺めて、行きたかったな、と。
    まあ少しずつステップアップしていきます。
    3月は何回行けるかな?
    そのうちに冬山レクチャーでもしてもらえたらいいんですけどね。
    ではまた楽しい記事をよろしくです。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

まきば さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?