登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
沼津アルプス 北上ルート(多比から大平山、鷲頭山、徳倉山、香貫山) 安曇野パエリアを実食♪ 大平山、鷲頭山、徳倉山、香貫山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

山野けいすけ さん

この登山記録の行程

【スタート】08:35多比バス停 09:10多比口峠09:11 09:25大平山09:27 09:37多比口峠
10:15鷲頭山10:22 10:36小鷲頭山 10:43志下峠10:49 10:57馬込峠
11:04志下山 11:10志下坂峠 11:45徳倉山12:50【昼食休憩】
13:14横山峠 13:35横山 13:49八重坂峠13:50 14:23芝住展望台14:26 14:30香貫山14:32 14:44香陵台【ゴール】


総距離 約10.2km 累積標高差 上り:約1,417m
下り:約1,334m
今回は『安曇野パエリア』を頂いたので美味しく食べようと、同行者を募集して行って来ました。同行者は3回程沼津アルプスを縦走しているようなので、オススメのルートを聞いた所、北上ルートを薦められました。
沼津市のホームページでは、初心者は急下りが危ないので南下ルートを薦められていましたが(多分、鷲津山の下りと、徳倉山の長い下り)。裏を返せば、南下ルートだと徳倉山までの急登を登らなければいけないので、私だったら北上ルートを選びますw どちらにしろ初心者の次のいっぽに通じるトレーニングコースなので、事前の情報収集は重要だと思います。
後、地形的に尾根迷いや偽山頂が無いので、地形図読みの練習に最適だと思います。(太平中、沼津商あたりの部活動の声が聞こえたり。エスケープルート等には地元の山岳会によるバス停の案内が付いていたりと親切ですし。)ただ、香貫山周辺は市のホームページの地図を印刷していった方がいいかもしれません。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/asobu/hiking_walking/kanukiyama/
どのルートからも市街地に降りれるので大丈夫かとは思いますが、今回のように決まった駐車場を経由しないと行けない時に八又位に分岐して案内看板も無い道は肝が冷えるので・・・。

今回は早朝に香陵台に車を停めて、バスで多比(たび)からスタート。
0830位に多比到着でしたが、10人位沼津アルプス行きの人がバスに乗っていてビックリしました。今回は食事中心のゆっくり山行だったので集団を見送り最後からスタート。
民家の間を進みとりあえず大平山までピストンして、多比口峠まで戻って鷲頭山に。
基本的に荒々しいハイキングコースと言った様相で、中々に歯ごたえがあるアップダウンですが、道は整備されています。鷲頭山を越えてからが本番で、「志下峠あたりの下り」徳倉山越えた先の「横山や中弛あたりの下り」が核心部。沼津市の公式サイトでもあるように「下りが怖いので北上ルートは初心者向きではない」と言うポイントだと思います。
ただ、逆に駅や市役所の方からの南下ルートを使うと、ここの激下りを登るの?(苦笑)
・・・私なら大変なのは嫌なので、核心部ではストックを仕舞い慎重に下ります。
一旦道路に出た後に、香貫山へと向かうルートはまさにラビリンス。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/asobu/hiking_walking/kanukiyama/
案内看板が全然ないので不安になりますが、私達が北上したルートは
「八重坂登山口」>展望台WCまで「登山ルート」>「展望台」>ハイキングルートから「香貫山山頂」>山頂からピストンで西に戻り以降登山左手の法則で最短距離で「香陵台駐車場」へと行きました。登山ルート(車道歩き)していると、普通に香貫山スルーして展望台まで進んでしまうので注意です。 そして香貫山山頂はガッカリ。
ガッカリスポットと事前に知ってはいましたが、実際目にしたらやはりガッカリしましたorz

       **********************************

閑話休題。
今回のある意味メインだった【安曇野パエリア】の感想でも。
見た目は非常にオシャレです、包装も可愛いし、何より木のスプーンがお洒落♪
味と食感も、不安だった芯残りも無くしっかりパエリアしていました。
味付けは全ての層に好かれる絶妙なバランスだと思います。ドライフルーツもお洒落♪
一般販売が今から楽しみです。

登山中の画像
登山画像
全部の装備を入れたリッジ30(type2)テーブルや…
登山画像
今回は折り畳み自転車でスタート
登山画像
『多比(たび)』バス停からスタート
登山画像
大平山
登山画像
鷲頭山
登山画像
徳倉山にて昼食です
登山画像
【安曇野パエリア】開封の儀です。
登山画像
アルファ米と、A調味料、B野菜、おまけの乾燥フ…
登山画像
写真では撮影用に出してありますが、実際にはネ…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山野けいすけさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山野けいすけ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...