登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
大雲取越&小雲取越 1泊2日 小雲取山、大雲取越、小雲取越(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

カモネン さん
  • 日程

    2017年5月3日(水)~2017年5月4日(木)

  • パーティ

    2人 (カモネン さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:JR紀伊勝浦駅から熊野交通バスで那智山バス停(終点)まで約30分。

  • 天候

    初日:曇り時々晴れ 2日目:曇り
    [2017年05月03日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【初日】
那智山バス停(7:30)⇒熊野那智大社(7:40/7:45)⇒那智高原休憩所(8:25/8:30)
⇒登立茶屋跡(9:05/9:10)⇒舟見茶屋跡(10:00/10:10)⇒色川辻(10:35)
⇒地蔵茶屋跡(11:30/11:50)⇒石倉峠(12:10)⇒越前峠(12:45/12:50)
⇒楠の久保旅籠跡(14:05/14:15)⇒円座石(14:50/14:55)
⇒大雲取越登山口(15:20/15:25)⇒小口自然の家(15:30)

【2日目】
小口自然の家(7:10)⇒小和瀬渡し場跡(7:25)⇒桜茶屋跡(8:45/9:00)
⇒桜峠(9:15)⇒石堂茶屋跡(9:40/9:50)⇒林道交差(トイレ有)(10:10/10:25)
⇒百閒ぐら(10:40/11:00)⇒万才峠の分岐(11:25)⇒松畑茶屋跡(11:30/11:35)
⇒請川バス停(11:50)


総距離 約28.0km 累積標高差 上り:約2,263m
下り:約2,470m
念願の雲取越に1泊2日で挑戦。前日に本宮の大斎原そばの駐車場に車を停め、バスを新宮で乗り継いで那智勝浦へ。翌朝、JR那智勝浦駅発の始発バスで那智山へ行き、大雲取越を踏破して小口自然の家に宿泊。そして2日目は小口から小雲取越で本宮に戻り、車を拾って帰るという行程です。なお、今回は家内同伴。体力にやや不安があるため荷物(10kg超)はほとんど自分が背負っていくことに。まあ大丈夫でしょう。

【初日】
那智大社を出発するといきなり石段の急坂。妙に侘しい那智高原を抜けて登ります。舟見茶屋跡に着くまでずっと登り続きで結構疲れました。その舟見茶屋跡は大雲取越で唯一と言ってもいい展望ポイント。休憩所から勝浦の海を一望できます。
道はよく整備されています。また、番号道標が500mおきに設置されていて道迷い防止の目印になります。大雲取越は1番から29番、小雲取越は30番から54番までありました。ちなみに、なぜか地蔵茶屋跡までは石板なのにそこから先は丸太製でした。その地蔵茶屋跡には休憩所の他にトイレと自販機もあって便利。ただし、傾斜がきついところや岩がゴロゴロした箇所もあるので、ちゃんとした登山装備は必要です。
この日の難所は越前峠を越えた後の胴切坂。小口まで延々800mほどを一気に下ります。石畳には苔が付着しており、傾斜が急なこともあり滑って転びやすいので要注意。特に雨天時は精神的にツライと思われます。心をやられてしまった人は小口に降り立った所にある南方商店でアイスでも食べて癒されましょう。

【2日目】
この日も小和瀬渡し場跡から一気の登り。桜峠まで続きます。が、そこを過ぎると細かなアップダウンが続き、その後、百閒ぐらから請川まで下ります。その下りも大雲取越に比べれば随分マイルド。道には岩も少ないので格段に歩きやすいです。
百閒ぐらは絶好の見晴らしポイント。天気が良ければ果無山脈まで見えるとか。熊野の深い山々を堪能できます。その百閒ぐらの手前の林道交差ポイントから林道に沿って100m行った所にトイレがあります。小雲取越では唯一のトイレですし綺麗に整備されてますので覚えておいて損はないでしょう。

全般を通じて、なかなか歯応えのあるコースでした。また、苔生した石段や修験者の行場が随所にあり、中辺路よりも熊野古道の雰囲気が色濃く残っています。ただ、残念なのはほとんどが樹林の中を歩くため、展望の利くポイントはほんのごく僅かだという点。黙々と歩くことが大半で、まさに修行のような道でした。

登山中の画像
登山画像
古道らしい石段の道。
登山画像
1番の番号道標。
登山画像
那智高原休憩所からの登り口。
登山画像
舟見茶屋跡の標識。奥に見える東屋が休憩所で、…
登山画像
色川辻。ここで林道と合流。左に30mほど進んだ先…
登山画像
12番の番号道標と登山道。
登山画像
地蔵茶屋跡に向かう林道歩きゾーン。本来の古道…
登山画像
地蔵茶屋跡。休憩所、トイレ、自販機があります。
登山画像
地蔵茶屋跡の地蔵堂。
登山画像
石倉峠への登り。
登山画像
石倉峠。展望は全くなし。
登山画像
越前峠への登り。
登山画像
越前峠。ここも展望なし。
登山画像
楠の久保旅籠跡。昔は十数軒も宿があったらしい…
登山画像
円座石。「わろうだいし」と読むそうです。
登山画像
大雲取越の終点。小口に下り立った地点です。
登山画像
小和瀬渡し場跡から橋を渡った先の小雲取越の登…
登山画像
桜茶屋跡に向かう登り。
登山画像
桜茶屋跡。少し展望が開けています。
登山画像
賽の河原地蔵。
登山画像
林道交差から100mにあるバイオトイレ。
登山画像
百閒ぐらは小雲取越随一の展望ポイント。
登山画像
松畑茶屋跡。ベンチあります。
登山画像
49番の番号道標と登山道。非常に歩きやすい道で…
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、修理用具、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カモネンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カモネン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...