登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
川苔山(大ダワ・舟井戸経由/鳩ノ巣往復) 川苔山1363m(関東)
img

記録したユーザー

イガドン さん

この登山記録の行程

JR青梅線鳩ノ巣駅(06:45)・・・大根ノ山ノ神(07:25/07:35)・・・コブタカ山分岐(07:50)・・・大ダワ(08:25/08:30)・・・舟井戸(09:20/09:25)・・・川苔山(9:45/10:40)・・・舟井戸(11:00)・・・大根ノ山ノ神(12:15/12:30)・・・鳩ノ巣駅(13:00)


総距離 約12.0km 累積標高差 上り:約1,159m
下り:約1,159m
JR青梅線鳩ノ巣駅改札を出て右に進む。1つ目の道を右に曲がり踏切を渡る。急勾配の道を直進する。時間にしたら5分程度だが一気に登る。民家に突き当たったところから登山道が始まる。ここまでは要所に指導標があり迷うことはない。民家の裏手をすり抜けるが、すぐに大きな桜の木があり美しい。山道に入ると先ほどの車道とは打って変わり緩やかなスギ林の中を進む。大根ノ山ノ神の祠が見えてくると明るくなり、プレハブ小屋の建つ林道に出る。大根ノ山ノ神からは左手の本仁田山登山道を行く。眺めは無くひたすらスギ林の中を進むことになる。ここのスギ林は手入れがなされているため、きちんと枝打ちされた立派な杉の木が天を突いている。良質な材木になるに違いない。やがてコブタカ山方面の道を左に見つつ、大ダワへの巻き道を進む。しばらくスギ林が続くが、抜けると北東面が開け、広葉樹の明るい林になる。途中1か所、以前の大雨で斜面が崩れたと思われる場所に出る。小さな沢すじで地面は緩み滑りやすいので注意したい。大ダワはコブタカ山と川苔山の鞍部にあたるが、風の通り道になっていて休憩には適さない。少し進んだところで二手に分かれるが、鋸尾根を直登する。見上げんばかりの岩場は本コース中唯一のスリル感を味わえる。途中ロープが用意されるほどの急登だが、振り返ると本仁田山や大岳山などが姿を現す。右手から大根ノ山ノ神からの道が交差する舟井戸にはベンチがある。川苔山への道は曲ヶ谷峰の山腹を巻くことになる。登り切った場所にはかつて避難小屋があったが、今は廃材を残すのみだ。ここから山頂まではものの5分程度。山頂は特に西側が開け、雲取山を中央に、左には頭を覗かせた飛竜山と石尾根の山々が連なり、右には山腹をえぐられた天祖山と芋ノ木ドッケから長沢背稜、蕎麦粒山までを望むことができる。下りも途中までは同ルートをたどる。舟井戸からは大根ノ山ノ神へ直接下る左手の道を行く。はじめはヒノキの樹林帯だが、途中から広葉樹林となり、更に下るとスギ林へと変化する。下りも巻き道のせいか、急な場所は少なくおおむね歩きやすいコースといえる。

登山中の画像
登山画像
鳩ノ巣駅西側(奥多摩寄り)の踏切を渡る
登山画像
急坂の突き当たりに指導標がある
登山画像
民家の裏手に登山道が通じている
登山画像
民家の裏を抜けると大きな桜の木が現れる
登山画像
大根ノ山ノ神
登山画像
大根ノ山ノ神は林道が横切る
登山画像
林道を横切り左手から再び本仁田山方面の道をとる
登山画像
指導標に従い大ダワ方面へ直進する
登山画像
小さな沢すじを過ぎると、明るい広葉樹林帯になる
登山画像
木の間ごしに赤杭尾根を見る
登山画像
大ダワ
登山画像
大ダワの先で鋸尾根(左手)の道を進む
登山画像
鋸尾根は序盤から岩場になる
登山画像
瘤高山(左)と本仁田山を振り返り見る
登山画像
瘤高山の左奥に、右から大岳山、奥の院、御岳山…
登山画像
鋸尾根上部で樹間から雲取山を望む
登山画像
大ダワの先で右に分かれた巻き道と合流
登山画像
舟井戸小屋跡から山頂へと進む気持ちの良い尾根道
登山画像
山頂直下の急登
登山画像
川苔(乗)山山頂1363m
登山画像
川苔山山頂は特に西面の展望が抜群(正面の最も…
登山画像
左から鷹ノ巣山、日陰名栗峰、高丸山
登山画像
雲取山(右)から小雲取山、七ツ石山へと続く石…
登山画像
左から天祖山、芋ノ木ドッケ、長沢山
登山画像
山頂西側には岩場の険しそうな下りが続く
登山画像
六ッ石山(中央やや左のピーク)の奥に大菩薩連…
登山画像
三ッドッケ(左)、蕎麦粒山方面は樹木が邪魔を…
登山画像
南面も木々が展望を遮る。左から大岳山、御前山…
登山画像
山頂から曲ヶ谷北峰を正面に見ながら下る
登山画像
舟井戸小屋跡にはベンチがあり明るい場所だ
登山画像
舟井戸小屋跡から北方に武甲山を望む
登山画像
舟井戸附近のベンチ。下りは鋸尾根を左に巻く
登山画像
大根ノ山ノ神へ直接下る巻き道は整備されている
登山画像
大根ノ山ノ神を横切る林道へ降り立つ
登山画像
舗装道路に出る。急坂を下り鳩ノ巣駅へ
登山画像
春真っ盛りの鳩ノ巣駅前
この山行での装備
長袖シャツ、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

イガドンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

イガドン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨一時雪
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年1月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?