登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
雲取山(三峰神社~奥多摩駅) 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

マッチャン さん
  • 日程

    2017年5月3日(水)~2017年5月4日(木)

  • パーティ

    2人 (マッチャン さん 、嫁さん さん)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:西武秩父駅から西武観光バス三峯神社行き急行バスで終点まで75分、930円。

  • 天候

    初日、二日目ともに晴れ
    [2017年05月03日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
三峯神社興雲閣(08:02)・・・奥宮参道の入口(08:10)・・・妙法ヶ岳分岐(08:32)・・・炭焼平(09:10)・・・地蔵峠(09:44)・・・霧藻ヶ峰(10:00)・・・お清平(10:15)・・・前白岩山(11:33)・・・白岩小屋跡(12:01)・・・白岩山(12:50)・・・大ダワ(13:45)・・・雲取山荘(14:13)・・・雲取山(15:03)・・・小雲取山(15:23)・・・雲取奥多摩小屋テント場(16:09)
【2日目】
雲取奥多摩小屋テント場(07:14)・・・ブナ坂(07:39)・・・七ツ石山(07:54)・・・高丸山(09:04)・・・日陰名栗峰(09:40)・・・鷹ノ巣山避難小屋(10:14)・・・鷹ノ巣山(10:46)・・・六ツ石山分岐(12:50)・・・お社(15:20)・・・奥多摩駅(15:49)


総距離 約30.4km 累積標高差 上り:約2,674m
下り:約3,400m
ゴールデンウィークに三峯神社から歩いて雲取山に登り、五十人平でテントを張り、奥多摩駅に下りました。若い頃のように早く歩くのは無理なので、三峯神社興雲閣で前泊し、3日は宿で朝食を食べチェックアウトした後、8時頃に歩き出しました。三峯神社奥宮参道の鳥居をくぐった所に登山届の提出箱があります。さすがにゴールデンウィークとあって、雲取山荘のテント場には既に沢山のテントがあり山荘前には沢山の人が休んでいました。向こうから来た人が五十人平にも既に沢山のテントがあったと教えてくれ、果たして五十人平に我々のテントを張る場所が残っているのか、かなり不安になって来ましたが、行くしかありません。重い気分で山頂への坂を登って行くと、山道の一部北側の斜面に雪渓が残っているのを発見。山頂にたどり着くと、以前登った時には無かった立派な石のモニュメントと西暦二千十七年記念の木柱が真新しく立っていて思わず記念撮影を。富士山も見えてましたが、テント場が気になるのですぐに避難小屋脇から下山。途中で「避難小屋は空いてましたか?」と聞く人も。避難小屋は覗かなかったので分かりませんが、ゴールデンウィークは避難小屋も満員になるのかな。小雲取山の肩から五十人平にテントの花が満開なのが目に入り、さあどうだろうと降りると、坂を下りた一番上部に張ってあるテントの更に上部に張れそうな場所が。とりあえず奥多摩小屋前にザックを下して、更に低い方へ偵察に歩いて見ると、ほとんどのテントが先ほどの場所よりももっと傾斜のある場所に張ってある。鴨沢の方から来る人は低い方から張っていくだろうから、もっと降りてみても仕方ないと、一番上に張ることにして戻りました。実際張ってみると十分快適な場所で、ある意味ラッキーでした。
翌日は、朝の3時頃から次々と横の坂を登って行く人が。空が明るくなってテントから外を見ると富士山が非常に綺麗に見えて、思わず外に出て写真を。この日はずっと快晴で、裾野から頂上まで富士山がきれいに眺められました。北岳、間ノ岳といった南アルプスもくっきりと見えていました。
2日目は奥多摩駅まで基本的に下るだけ。七つ石山で清見オレンジを食べ、昨日登って来た雲取山をはじめ360度の展望を楽しみましたが、その後だんだんと疲れがたまって来て、鷹ノ巣山以降の下りは全くのろのろ歩き。小さい子連れ父子や、子犬を連れた人をはじめ次々と抜かれ視界から消えていきました。最近、下山がコースタイム通りには歩けなくなってしまったので、きっと彼らの速度がコースタイムなんだろうなあと老いを実感。それでも「自販機のコーラを飲みたい。」と念仏のように唱えながら何とか奥多摩駅に辿り着きました。駅に曲がる角のスーパー脇の自販機でコーラを見つけ一気飲み。幸い、奥多摩駅から青梅駅まで座って、青梅で乗り代えた東京行き快速にも座れ、天気にも恵まれた上にゴールデンウィークとしてはとてもラッキーでした。

登山中の画像
登山画像
三峯神社駐車場、トイレ前の階段を上ったところ…
登山画像
駐車場上の売店前から雲取山を望む
登山画像
秩父宮ご夫妻のレリーフ
登山画像
霧藻ヶ峰休憩所この日は有人でペットボトル飲料…
登山画像
白岩小屋(廃屋)
登山画像
雲取山頂手前の北側斜面には結構大きな雪渓が残…
登山画像
雲取山頂には2017年と標高をかけたモニュメント…
登山画像
避難小屋周辺にも沢山の人が。
登山画像
小雲取山の肩から見た五十人平。奥のヘリポート…
登山画像
4日朝、富士山の写真を撮りにテントを出たところ…
登山画像
我々のテント越しに見た早朝の富士山
登山画像
奥多摩小屋のトイレの臭いは久々かなり強烈です。
登山画像
北岳(右端)から間ノ岳も見えました。
登山画像
天気に恵まれ、この日は、あちこちから美しい富…
登山画像
七ツ石山山頂から雲取山を振り返る
登山画像
高丸山(1733m)
登山画像
日蔭名栗山(ひかげなぐりやま, 1725m)
登山画像
鷹ノ巣山避難小屋
登山画像
六ッ石山頂を経て水根へ下る分岐点
登山画像
羽黒三田神社
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マッチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    蒸し暑い日が多くなってきました。晴れていなくても熱中症に注意し水分やミネラル補給を
    19年06月20日(木)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    トウゴクミツバツツジ、ハシリドコロ、ニワトコなどが咲いています。朝晩はまだ10℃以下まで冷え込みます
    19年06月18日(火)
  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    「千本ツツジ」のツツジは満開となっています。梅雨入りして、雨降りが多くなってきました
    19年06月12日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マッチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!