登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
のんびり檜洞丸(西丹沢自然教室→ピストン) 檜洞丸(関東)
img

記録したユーザー

にゃごにゃご さん
  • 日程

    2017年5月14日(日)

  • 利用した登山口

    西丹沢自然教室  

  • パーティ

    2人 (にゃごにゃご さん 、masayo* さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅(4:30)→西丹沢ビジターセンター(6:00)
    バス停向かいの駐車場は満車.
    バス停隣の駐車スペースは残り5-6台ほど.出発の6:40頃でほぼ満車.
    これよりも少し下に駐車スペースあるが確認しておらず不明.
    【コンビニ】
    国道246から清水橋を曲がり西丹沢ビジターセンターまでなし.
    【トイレ】 
    道の駅山北(6:00前でも使用可,ウォシュレット付き).
    西丹沢ビジターセンター(6:00使用可)
    青ケ岳山荘(トイレットペーパー,使用後トイレットペーパー持ち帰り袋あり)

  • 天候

    霧雨☂→曇り☁
    [2017年05月14日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

西丹沢自然教室(06:40)・・・ツツジ新道入口(06:46)・・・ゴーラ沢出合(07:38)・・・展望園地[休憩 10分](08:42)・・・石棚山稜分岐(10:00)・・・檜洞丸[休憩 120分](10:45)・・・石棚山稜分岐(13:10)・・・展望園地[休憩 10分](14:12)・・・ゴーラ沢出合[休憩 20分](15:05)・・・ツツジ新道入口(16:00)・・・西丹沢自然教室(16:07)

総距離 約9.3km 累積標高差 上り:約1,282m
下り:約1,282m
コースタイム 標準:6時間5分
自己:6時間47分
コースタイム倍率 1.12
【西丹沢ビジターセンター】
 登山届用紙・ポスト設置あります.登山道情報あり,花の情報などもあります.
【ゴーラ沢出合い】
 前日雨でしたが,浅瀬を探して徒渉可能.トレッキングポールがあるとラクでした.
 徒渉後,階段を登った直後がこのコースで最も登り・下りとも通行しにくいです.
【展望園地】
 ベンチあり.曇りのため展望は?展望園地手前でギンリョウソウを見かけました.
【シロヤシオ】
 展望園地から30分ほどで3-4株でつぼみの3割~半分くらいが開花していました.
 (おそらくこのコースで最も標高の低い位置にある株?)
 2年前と比べると全体的につぼみも少ない印象です.
 これよりも先で開花している株は見られず,葉もまだ開ききっていないような感じでした.
【サクラ】
 バケイソウの木道手前からサクラ(マメザクラ?)が満開で見ごろでした.
 木道が水玉模様になりキレイです.
 散り始めていますが山頂付近でもまだ花がたくさんついていました.

*今回,天気は曇りで一瞬日が差す場面もありましたが,霧の中の樹林帯を歩く場面もありました.下山時は,霧も晴れ周囲の山々を眺めることもできましたが,バケイソウの木道は霧が出ている時も幻想的でとても好きです♬
*山頂では2時間の休憩.シートを敷いてのお昼寝は気持ちよかったです. 

登山中の画像
  • 6:40頃の駐車場.
  • 登山口.
  • ゴーラ沢方面へ向かう看板.若干向きがずれているように思うが,踏みあとをしっかり確認して進めば問題なし.
  • ゴーラ沢出合.問題なく渡れました.
  • 写真右奥に登り口の階段があります.
  • サイドに苔!
  • 展望園地のベンチ.
  • 滑落・転倒の注意喚起の旗あり.道幅もしっかりあり.
  • シロオヤシオ.
  • 16:30頃の駐車場.
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、カップ
【その他】 スポーツドリンク:555mL(2/3消費),300ml(消費せず).お湯:500mL(350mLほど消費).ミルクティー:240mL(消費).
昼食:カップスープ・おにぎり1個・生ハム・チーズちくわ
防寒着:雨具(上のみ:登山開始直後のみ使用)・ライトダウン(昼食時使用)・パーカー(使用)
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

にゃごにゃごさんの登山記録についてコメントする
  • すてぱん さん
    にゃごにゃごさん、こんにちは。
    シロヤシオの開花情報を探していたので、大変参考になりました。ありがとうございます。
    天候のせいで今年はいろいろな花の開花が遅れている印象です。
    それに加えてシロヤシオは、昨年が当たり年だったために、今年は裏年かもしれないなと考えているところでした。
    やはり蕾も少ないということなのですね。

  • にゃごにゃご さん
    すてぱんさん、コメントありがとうございます。参考にしていただき嬉しく思います。
    2年前、この時期満開だったため、期待し計画を立てていたのですが、シロヤシオはまだまだのようです。木道の階段付近では、シロヤシオの葉も開いていないような印象で、蕾さえもみられませんでした。1400-1500m付近の谷側には雪もまだ残っており、山頂付近は春の始まりなのかもしれません。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

にゃごにゃご さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!