登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
関八州見晴台と滝めぐり 関八州見晴台、黒山三滝、高山三滝(関東)
img

記録したユーザー

VAN さん
  • 日程

    2017年6月5日(月)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:JR八高線越生駅、0801発黒山行き川越観光自動車バス終点黒山BS下車
    (バスは月によって運行時間が変わるので注意)
    復路:西武秩父線吾野駅

  • 天候

    晴、午後より晴時々曇。北寄りの風。
    [2017年06月05日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【計画】
黒山BS(08:35)・・・黒山三滝(08:55)(09:30)・・・花立松ノ峠(10:30)・・・関八州見晴台(11:00)(11:45)・・・高山不動尊(12:05)・・・不動三滝めぐり・・・高山不動尊(13:15)・・・虚空蔵山・・・570mピーク・・・男滝女滝・・・瀬尾(14:15)・・・念仏供養塔・・・大久保峠・・・こもれびの湯(15:00)

【実績】
黒山BS(08:20)・・・黒山三滝(08:36)(08:55)・・・花立松ノ峠(10:04)・・・関八州見晴台(10:30)(11:10)・・・高山不動尊(11:35)・・・白滝(12:08)不動滝(12:29)大滝(12:55)・・・高山不動尊(13:18)・・・虚空蔵山(13:35)・・・570mピーク(13:50)・・・男滝(14:15)女滝(14:20)・・・瀬尾(14:22)・・・念仏供養塔・・・大久保峠(14:39)・・・こもれびの湯(14:50)


総距離 約12.9km 累積標高差 上り:約1,309m
下り:約1,272m
梅雨入り前に近場の関八州見晴台に行ってきた。
他に高山不動尊と黒山三滝、不動三滝、瀬尾の男滝女滝を入れた8つの滝をめぐるルートを考えた。
晴れて暑くなるかと思われたが、乾いた北寄りの風で爽やかな1日だった。

登山道は案内標識が充実しているが、一般道、作業道、遊歩道などが交錯して迷いやすい。特に黒山三滝、高山不動尊周辺は要注意。グーグルマップのストリートビューで一般道から登山道の出入り口をある程度見ることができるので、事前にルート確認しておくと良いと思う。
途中、民家の庭先を通るようなところもある。(大滝手前、大久保峠手前)
関八州見晴台は評判どおりの好展望。富士山は雲で見えなかったが、スカイツリーや新宿の高層ビル群まで見渡すことができた。
山中ではコアジサイが薄紫色の花を咲かせていた。見晴台周辺のツツジは見頃を終えていたが、かわりにカルミア(アメリカシャクナゲ)が満開で見頃を迎えていた。
不動三滝は最近雨が降らなかったせいか水量が非常に少なくがっかりだった。雨が降った後はまた違うのかもしれない。いずれの滝も周りにモミジがあったので紅葉の時期は見事だろう。
計画では不動三滝周回を1時間10分程度と見込んでいたが、かなり急いで1時間45分ほどだった。高低差も結構あるので高山不動尊に戻らず西吾野駅方面に降りた方が楽で良い。
今回の山行はタイムシケジュールを守ることを目標にした。前半は良かったが、不動三滝周回の時間を甘く見積もったり、登山口の取り付きがわからずうろついたり、地図を落として拾いに戻ったりとタイムロスが多く、なんとか時間内にゴールできたものの、余裕のないタイトな行程になってしまった。
また、気温計、ウエットティッシュ、熊鈴も持っていくのを忘れた。反省点の多い山行となった。

登山中の画像
  • JR越生駅から8001発黒山行きバスに乗る。
  • 終点黒山BS下車。スタート。
  • 沢沿いにはユキノシタが咲いている。
  • 天狗滝。
  • 男滝と女滝。
  • 男滝東側の山道を登る。お地蔵さんが目印。
  • 男滝の上部を見ることができる。
  • 熊鈴を持ってこなかったことを後悔する。
  • 日照水。水量多い。
  • 山中ではコアジサイがそこここに花を咲かせていた、
  • 花立松ノ峠手前は北東方向の展望が良い。
  • 花立松ノ峠。右奥から登ってきて左奥に進む。
  • すぐに右側の尾根道に入る。
  • 七曲峠。
  • 関八州見晴台に到着。ベンチ、東屋、高山不動尊奥の院がある。
  • 関東平野から秩父の峰々まで見渡せる。
  • カルミア(アメリカシャクナゲ)が見頃。
  • 高山不動尊に向けて南に下る。
  • 茶屋跡に出る。
  • 高山不動尊。立派なお堂。平日なのでひっそりとした古刹の雰囲気。
  • 不動三滝へ向かう。
  • 白滝。
  • 不動滝に向かう途中にある神社跡。
  • 不動滝。
  • 大滝へは民家の庭先を通る。
  • 戸惑うが案内標識があるので間違いない。
  • 大滝。
  • 高山不動尊に戻る。
  • 志田方面に下る。
  • 八徳・志田分岐。
  • この分岐の北側に虚空蔵山に向かうバリエーションルートがある。
  • 山頂には虚空蔵菩薩像と三等三角点がある。
  • 570mピークの分岐。「セビ(瀬尾)ヘテ吾野駅へ」遠回りになるがこちらに下る。
  • 「志田大久保ヘテあじさい館(休暇村奥武蔵)に至る」直接休暇村に向かう場合はこちらが近い。
  • 瀬尾方面の山道は迷うことはないがあまり踏まれていないようだ。
  • 左の山道を下りてきた。
  • 入り口には手作りの案内標識がある。
  • 八徳入(川)の出会い。T字路を右に曲がり橋を渡るとすぐ男滝。
  • 瀬尾の男滝。
  • 瀬尾の女滝。
  • 石地蔵。大きな石灯籠あり。
  • 民家の手前に石積みの小径がある。
  • 竹やぶを進む。
  • 大久保峠。
  • 休暇村が見えてきた。あと少し。
  • 休暇村到着。ゴール。お風呂にドボン。
  • 月曜の昼間から飲むビールは格別である。
  • 無料送迎バスで吾野駅へ。
  • やっぱり山は甘くない!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

VANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

VAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。