登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 2
奥穂高岳&北穂高岳南峰BCスキー2017 奥穂高岳、北穂高岳南峰(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

100ski さん

この登山記録の行程

[1日目]
330国道158号線-500上高地BT-800横尾815-1110涸沢1205-1600北穂高岳南峰1615-(涸沢カール滑走)-1635涸沢ヒュッテ(泊)

[2日目]
600涸沢ヒュッテ-940奥穂高岳1005-(直登ルンゼ滑走)-1035涸沢ヒュッテ1055-(涸沢滑走)-1250横尾1320-1550上高地BT-1630国道158号線


総距離 約52.8km 累積標高差 上り:約4,054m
下り:約4,040m
今回は、日本百名山スキーの巡業の一環として、奥穂高岳で山スキーしてきた。
当初は、2泊3日で水晶岳と鷲羽岳で山スキーする計画であったが、新穂高に到着すると、予報より天気が悪く、稜線部が濃い雲に覆われていたので、登る気になれず、計画を中止した。
平湯で一泊して、次の日に、2週間前に計画していた奥穂高岳、北穂高岳を1泊2日で登ることにした。
当日、国道158号線から上高地に登り、横尾を経て涸沢に向かった。
登山道には前日の雨で水溜りがあり、朝の冷え込みで氷や霜があった。
本谷橋付近から雪渓が出てきたが、上の方で沢割れがあるためロープで規制されていた。
本谷橋付近から涸沢の雪渓まで登山道を進んだ。
涸沢ヒュッテに到着すると、宿泊受付を済ませ、昼食を食べた。
昼過ぎに北穂沢から北穂高岳に登った。
北穂沢は、中間部で雪が大きく切れていて、50〜100mほど雪のない登山道を登った。
北穂沢の上部は、前日の新雪やアラレでメンツル斜面になっていた。
北穂高岳の北峰-南峰分岐に着いたとき、北峰にするか南峰にするか考えた。
北峰側は、日陰で雪が硬くなっていて、北穂沢中間部でスキーを外さなければならなかったので、北峰に登るのを止めた。
一方、南峰側は、日当たりがよく、山頂から涸沢カールに滑り込めそうだったので、南峰に登ることにした。
北穂高岳南峰に登ると、山頂標が見当たらなかったので、一番高いところまで登った。
南峰から北峰には、稜線伝いには行けず、登山道の北峰-南峰分岐まで下らなければならない。
南峰頂上で休憩してから、細い雪渓を滑走して、涸沢カールに滑り込んだ。
雪面は前日の新雪とアラレで均され、フィルムクラスト状のメンツル斜面であった。
北穂高岳南峰から涸沢カールに向かって、左右均等のターンを長く刻むことができ、大満足の滑走を楽しむことができた。
滑走後、涸沢ヒュッテで夕食を食べて、早々に眠りについた。
次の日、雪が緩みそうな10時前後に奥穂高岳頂上に着くように、ゆっくり登った。
直登ルンゼを直登しようかと思ったが、雨水や落石の通り道で深い雪の溝があり、逃げ場がほとんどなかったので、登山道に沿って、涸沢カールを登り、穂高山荘を経て奥穂高岳頂上に登った。
頂上で眺望を楽しみ、その後、直登ルンゼを滑走した。
雪は緩んでいたが、氷化したところもあった。
最初の30mほどの急斜面を慎重に滑走し、狭い喉部を過ぎてから、快適に滑走することができた。
直登ルンゼ中間部から、雨水や落石の通り道と思われる深さ1m超の溝ができていて、下部のゴルジュ帯では溝によって滑走できるところがとても狭くなっていた。
溝が出てきたあたりに、直登ルンゼ本線の右側に分岐があった。
分岐側を覗いてみると、涸沢カールまで雪が繋がっており、直登ルンゼ本線よりも広かったので、分岐を滑走することにした。
分岐もルンゼ状となっており、雪の亀裂もあったかが、左右均等のターンを長く刻むことができて、快適だった。
ルンゼを過ぎてから涸沢カールを滑走し、涸沢ヒュッテで休憩した。
その後、雪渓末端付近まで滑走し、横尾、上高地を経て、国道158号線まで下山した。

登山中の画像
登山画像
前日。新穂高。2泊3日で水晶岳に登ろうとしたが…
登山画像
栃尾温泉の足湯。
登山画像
安房峠からの眺め。穂高岳、焼岳、霞沢岳方面。…
登山画像
安房峠からの眺め。四ッ岳、大崩山方面。この後…
登山画像
1日目。国道158号線。坂巻温泉前。
登山画像
釜トンネル前ゲート。
登山画像
道路からの眺め。
登山画像
道路。
登山画像
道路からの眺め。
登山画像
大正池。
登山画像
大正池。逆さ穂高。
登山画像
上高地バスターミナル。
登山画像
河童橋。
登山画像
明神。
登山画像
横尾。
登山画像
横尾大橋。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
本谷橋。
登山画像
本谷橋吊橋。閉鎖中。
登山画像
本谷橋。雪渓を歩いて登山道に入った。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
涸沢の雪渓。
登山画像
涸沢の雪渓。
登山画像
涸沢ヒュッテ前。宿泊受付後、昼食。
登山画像
涸沢ヒュッテからの眺め。
登山画像
北穂沢へ。中間部で雪が切れていた。
登山画像
涸沢ヒュッテからの眺め。
登山画像
涸沢ヒュッテからの眺め。
登山画像
北穂沢からの眺め。
登山画像
北穂沢からの眺め。
登山画像
北穂沢。
登山画像
北穂沢。北穂高岳の北峰-南峰分岐付近。北峰側…
登山画像
南峰へ。南峰側は雪が柔らかく、涸沢カール側に…
登山画像
南峰からの眺め。
登山画像
南峰からの眺め。
登山画像
南峰からの眺め。
登山画像
南峰からの眺め。
登山画像
南峰からの眺め。
登山画像
南峰からの眺め。
登山画像
南峰からの眺め。
登山画像
南峰からの眺め。北峰の山頂標が見えた。南峰に…
登山画像
北穂高岳南峰滑走。
登山画像
北穂高岳南峰滑走。
登山画像
北穂高岳南峰滑走。
登山画像
北穂高岳南峰滑走。
登山画像
北穂高岳南峰滑走。
登山画像
北穂高岳南峰滑走。
登山画像
北穂高岳南峰滑走。
登山画像
北穂高岳南峰滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走終了。
登山画像
涸沢ヒュッテ前。
登山画像
夕食。
登山画像
2日目。モルゲンロート。
登山画像
モルゲンロート。
登山画像
モルゲンロート。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
登山道からの眺め。前日の自分のシュプールが見…
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
登山道からの眺め。直登ルンゼから登ろうとした…
登山画像
穂高山荘前。
登山画像
登山道。ザイルトレーニングをしていた。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
登山道。ザイルトレーニングの横を譲ってもらっ…
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
奥穂高岳頂上。
登山画像
奥穂高岳頂上の山座図。
登山画像
奥穂高岳頂上からの眺め。
登山画像
奥穂高岳頂上からの眺め。
登山画像
奥穂高岳頂上からの眺め。
登山画像
奥穂高岳頂上の祠。
登山画像
奥穂高岳頂上からの眺め。
登山画像
奥穂高岳頂上からの眺め。
登山画像
奥穂高岳頂上からの眺め。
登山画像
直登ルンゼ入口。
登山画像
直登ルンゼ。
登山画像
直登ルンゼ滑走。
登山画像
直登ルンゼ滑走。
登山画像
直登ルンゼ滑走。
登山画像
直登ルンゼ滑走。
登山画像
直登ルンゼ滑走。
登山画像
直登ルンゼ滑走。
登山画像
直登ルンゼ滑走。
登山画像
直登ルンゼ滑走。中央の深い溝がいやらしい。
登山画像
直登ルンゼ分岐滑走。直登ルンゼ分岐は広く、深…
登山画像
直登ルンゼ分岐滑走。
登山画像
直登ルンゼ分岐滑走。
登山画像
直登ルンゼ分岐滑走。
登山画像
直登ルンゼ分岐滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。
登山画像
涸沢カール滑走。涸沢ヒュッテ前。
登山画像
涸沢滑走。
登山画像
涸沢滑走。
登山画像
涸沢滑走。
登山画像
涸沢滑走。
登山画像
涸沢滑走。
登山画像
涸沢滑走。
登山画像
涸沢滑走。
登山画像
涸沢滑走終了。
登山画像
登山道。本谷橋付近。
登山画像
登山道。
登山画像
横尾大橋。
登山画像
横尾。ここで昼食。
登山画像
登山道。
登山画像
明神。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
河童橋。
登山画像
上高地バスターミナル。
登山画像
大正池。
登山画像
釜トンネル前。
登山画像
国道158号線坂巻温泉付近。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、健康保険証、行動食、GPS機器、アウタージャケット、アイゼン、ヘルメット
【その他】 スキー ウィペット 兼用靴
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    登山道の一部が冬ルートに。積雪は増えていますが、例年にはほど遠い状況。
    20年01月18日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?