登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
爽やかな沢から緑鮮やかなブナ林の岩籠山周遊(市橋から駄口コース) 岩籠山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2017年6月17日(土)

  • パーティ

    6人 (Yamakaeru さん 、ほか5名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:車2台で出かける。一台を終点の駄口コース駐車場(ドライブインしのはらの道を挟んで反対側)に停める。もう一台は出発地点の市橋コース。市橋コースは、敦賀方面から国道8号線をあがってくるとスタンド手前の市橋の信号を右折し、すぐに岩籠林道に入る。舗装道路で5分程度。道幅が狭いので注意。駐車場は10台程度。簡易式のトイレがある。

  • 天候

    快晴
    [2017年06月17日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

市橋コース登山口駐車場(08:49)・・・岩籠・夕暮山分岐(10:23)・・・岩籠山(10:49)・・・インディアン平原(11:00)(昼食~12:04)・・・駄口コース登山口駐車場(13:30)


総距離 約7.7km 累積標高差 上り:約1,029m
下り:約966m
梅雨前線が迫ってきているはずなのに、夏らしさすら感じる日差しの中、岩籠山にやってきた。今日は、山仲間の一人が異動するということで、急きょの送別登山。当人の希望もあって岩籠山にやってきた。水が大好き故に個人的にもっとも好きな沢沿いに登る市橋コースから、山頂を目指し、インディアン平原で昼食ののち、ブナ林が広がる駄口コースから下山の周遊コース。
市橋コースと駄口コース、それぞれに車を配置して、市橋コースからスタート。
歩き始めは緑に囲まれた林道を静かに歩く。すぐに沢とクロスして、以降、何度も沢を右に左にと横切りながら登っていく。大きな一枚岩を滑るような滝や透き通るような清流が、目を楽しませてくれる。少し暑い日差しも、ブナの緑がさえぎってくれ、沢からの爽やかな風が、とても心地よい。沢を渡るポイントはどれも正直、整備がおいついておらず水量が多い時には落ちないよう注意が必要だが、変化の多い沢に沿ったコースは歩いていて実に楽しい。3分の2ほど登ると、沢を外れて峰に向かっての急登となる。つづら状に登っていくと、綺麗な峰に出る。右に行くと夕暮山を通って山(地名)方面へ降りるコースとなる。
左に曲がり少し下るように岩籠山を目指す。ここまで来ると、そう遠くなく、ほどなくすると森を抜け、周囲には野坂岳や琵琶湖方面が綺麗に見える。山頂への分岐で左に折れて上を目指す。数分で山頂につく。山頂からは敦賀市内やインディアン平原が見渡せる。今日は天気に恵まれていたので、遠くいまだ雪を冠した白山も見ることができた。
今日の目的地はインディアン平原。少し山頂で休んだのち、移動する。
インディアン平原の笹の平原はいつ来ても美しい。まるで高原の風景が手軽に楽しめるのも岩籠山の特徴だ。岩の上から眺める敦賀市内の風景も格別だ。
いつもは風が吹き抜けるため、結構、寒かったりするが、今日は日差しも温かく、気持ちが良かった。
さて、インディアン平原の一等地に場所を構え、異動する友人の送別会ランチを開催。
というか、異動する本人がメインになって料理をしてくれ、逆におもてなしのランチ会となった。
緑色のかぼす麺、そうめん、へぎそばと麺づくし。鶏肉のバジル風味。デザートは杏仁豆腐のフルコース。美味しい食材と楽しい話題にあっという間の一日でした。
仲間が旅立つのは寂しいですが、いずれどこかの山で集合したいものです。
ソロの登山が多かった中で、山で友人達との思い出が増え、好きな山も増え。仲間と登る山もこれまた良しですね。

登山中の画像
登山画像
白いユリが一輪。
登山画像
青い空に岩籠山の標識が映えます。遠くにはいま…
登山画像
まるで高山のような風景が広がります。インディ…
登山画像
日本海と敦賀市内が綺麗に見えます。
登山画像
特徴的なインディアン平原の岩。
登山画像
さて、今日のランチ&送別会開始。そうめんづく…
登山画像
おいしそう!!
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    メモリーカードがないなんて(涙)メモリー登山なのに・・・

  • Yamakaeru さん
    うまい。座布団3枚。(^-^)
    心と五臓六腑で記憶しました。(^-^)

  • レオ さん
    おもてなししないとだめなのにおもてなしされてしまいました。次回、何か考えたいですね

  • Yamakaeru さん
    それだけが心残りですよね。南か中央かで集合したいところですね。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!