登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
上日川峠-大菩薩峠-大菩薩嶺-上日川峠 大菩薩嶺(関東)
img

記録したユーザー

Sk さん
  • 日程

    2017年7月8日(土)

  • 利用した登山口

    上日川峠  

  • パーティ

    2人 (Sk さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:○行き
    甲斐大和駅1番線は、6両中前から2両目が階段の前。先頭車両に乗っていたので、改札を出たのは遅い方だったはず。バスは2台運行で、1台目の補助席でした。峠道が揺れるからか、全員着席でした。

    ○帰り
    14:38、15時のバスの扉がちょうど開いたところに下山。2台運行の1台目でした。途中、天目山温泉で下車すると、温泉発17:00の臨時便が出るとのこと。終バスでも温泉に立ち寄れる計らいなのでしょう。16:16発のバスに並んでいると、回送のバスが到着。終バスの下山客が1台目で納まったから?

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2017年07月08日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

上日川峠(10:12)・・・福ちゃん荘(10:35)[休憩 6分]・・・富士見山荘(10:45)・・・大菩薩峠(11:17)[休憩 35分]・・・親不知ノ頭[休憩 4分]・・・賽ノ河原(12:09)・・・大菩薩嶺(12:46)[休憩 6分]・・・雷岩(13:00)[休憩 10分]・・・福ちゃん荘(14:01)[休憩 23分]・・・上日川峠(14:38)

総距離 約7.1km 累積標高差 上り:約596m
下り:約596m
コースタイム 標準:3時間40分
自己:2時間58分
コースタイム倍率 0.81
ようやく今シーズンの登山初日。
甲斐大和駅ではすぐにバスに並んだため飲み物は買えず、ロッジ長兵衛でお茶を調達。福ちゃん荘までは車道が並行して走っています。どちらも大差ないけど、少しで早く登山気分を味わいたいなら登山道、登山道は多少なりとも高低差があるので体力を少しでも温存したいなら車道でしょうか。8割がた登山道のようでした。

自分が生まれるよりも昔の話になるけど、福ちゃん荘って赤軍派が合宿をやって捕まった事件の舞台なんですね。50年は長い。。。

福ちゃん荘から大菩薩峠への道は緩やかな坂道が続きます。帰りの唐松尾根に比べると全然楽です。途中、富士見山荘はドラマ「北の国から」に出てきそうな小屋のよう。大菩薩峠では昼食、ラーメンとかき氷。登山中のラーメンはおいしいんだなんぁ。

大菩薩峠は見晴はいいのだけど、遠くの方は曇っていて、富士山は全く見えません。雷岩までは大菩薩湖を左下遠くに眺めながら続きます。雷岩では結構休憩している人がいます。

ほどなく大菩薩嶺へ到着するけど、見晴しがいいわけでもなく、記念撮影したらすぐに下山開始。雷岩まで戻ってしばらく休憩、見晴がいいのでここに人がたくさんいるのが分かります。

ここからの唐松尾根の下りはかなり足に来ます。親指の爪を切っておけばよかった。
福ちゃん荘では行きから気になっていたアイスコーヒーを注文。バス停までは今度は車道で下って終了、今シーズン初の登山は4時間26分でした。

登山中の画像
登山画像
福ちゃん荘
登山画像
富士見山荘
登山画像
大菩薩峠
登山画像
大菩薩湖の眺め
登山画像
大菩薩嶺
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、タオル、防寒着、帽子、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、非常食
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Skさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    降雪にはならず、周辺は積雪・凍結ともにありません。チェーンスパイクを携行しましょう
    19年12月10日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Sk さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!