山道具詳細

参考になった 5
パラゴン38 グレゴリー(GREGORY )
お気に入り度
カテゴリー
ザック

記録したユーザー

山野けいすけ さん
購入年 2017年
購入価格 -
重量 1,360g (グラム)
スペック グレゴリー/パラゴン38
価格: 25,920円(本体24,000円+税)
サイズ: S/M、M/L
重量: 1,360g  容量: 38L
カラー: 3色
MAX CARRY最大積載重量 18kg

サングラスクイックストウ。ショルダーハーネスにあり、移動中でも素早く、安全かつ傷をつけずにサングラスを収納
レインカバー・インテグレーション。レインカバーはフロントポケット下部のジッパー式メッシュコンパートメントに収納、アクセサリーポケットとしても利用可
2つのトレッキングポール・アタッチメント
調節可能なバックパネル。長さを調節できるバックパネルで常にパーフェクトなフィット感
調節可能なヒップベルトポケット独自のヒップベルト調節に合わせて動くヒップベルトポケットにより、ポケットアクセスの良さはそのまま
マトリックス通気システム吸湿発散性メッシュで包まれたフォーム-マトリックス・バックパネル構造が通気と湿気発散を実現。
お気に入りの点
■サングラスクイックストウ(サングラスホルダー)は最高。
■ズール(Z)シリーズより、軽量なのに耐重量は増えている。
■腰にピタッと吸い付く様子は見事。
■エアロロン・サスペンションとマトリックス通気システムで、爽快な背負い心地。
■レインカバー付きで、背後フロントメッシュポケット内にあるので取り出しやすい。
■フロントメッシュポケットと雨蓋の部分の接続部分が面白い。【写真5】
■背面長も無段階調節可能なので、妻に貸す時もM/Lサイズでいけた。
もうひとつの点
■取り扱い説明書が無く、新機能が生かせない場合がある。
(近々、補足説明の山行ページを作ろうと思っていますw)
http://www.yamakei-online.com/cl_record/my_detail.php?id=92066
■「2つのトレッキングポール・アタッチメント」は誤植?(現物や公式サイトを見ても、左側にしかアタッチメントが無い。公式サイトが現地語直訳なので、もしかしたら「2本のトレッキングポールが同時に付けられるアタッチメント」もしくは「下部にギアループ、上部に開放式のトレッキングポールアタッチメントがある」の意味なのかもしれない)
■トレッキングポール・アタッチメントが内容量に左右され過ぎて安定しない。
■本体気室の絞りが微妙。【写真3】雨蓋以外にポケットが無い為に頻繁に気室を開閉する関係上、少し手間取るのが気になる。
モノがたり
初のグレゴリーで、以前から憧れだったZ(現行ズール)の背負い心地を受け継ぐパラゴンを使ってみました!
重量はZシリーズより軽くなってるのに、耐重量はアップしているのは素敵です。寝袋もテントもそうですが、下限ギリギリで無くスペックに余裕があるのは心の安心に繋がります。
軽いのに背負い心地には妥協しないという公式のアナウンス通り、特別な設定も必要無くぴたっと腰に重量分散する設計は見事。
マトリックス通気システムで爽快・快適!(ぱっと見、骨骨で荷物が暴れ背負いにくそうですが、内部にしっかりとアルミフレーム入っていますのでむしろどっしりと安定しています)
雨蓋の部分の接続部分が面白く【写真5】下部のフロントメッシュポケットと疑似一本締めで、ヘルメットの外付けが数秒で着脱出来る【写真1】
また、ザックカバー収納部分が下部で無くポケット内にあるので咄嗟に汚れず着脱可能。
当然ですが3シーズンのテント泊の装備も楽々収納。【写真4】

気になった点は、サングラスホルダー【写真2】の解説ページが公式サイト・広告ページにも見つからなかったのが残念。公式サイトに問い合わせましたが、パラゴンの取説は無いそうです。(近々、わたしも解説ページ自作するつもりですw)超便利機能なのでもっとプッシュして欲しいです。
気室の絞り【写真3】も少し気になる所。フロントメッシュポケットと雨蓋を除けば、ギアループ以外無いシンプルなモデルなので、本体気室まで割と多くアクセスするのですが、絞った後の紐の始末が少し微妙で。(チューブ部分に巻くと巻き癖が付いて開放し難いですし、ストッパー部分に巻くと細すぎて巻く回数が多いんですよねぇ・・・)気分的にはシュバババと3秒位でしたい所ですが、6秒くらいかかります。そもそも本体気室に頼らず、【写真5】メッシュポケットの接続部分で工夫するか。ボトムアクセスと併用すべきなのかもしれません。
全体的に一本締めの血筋を感じる気室の作りなので、防寒具等を取り出したりして本体容量が減るとポールアタッチメントが斜めに寝たりして私には使いこなせませんでした。(最終的にサイドコンプレッションポケットにポールを逆向きに入れて利用しています)
参考になった 5

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山野けいすけさんのパラゴン38についてコメントする
  • 南十字星 さん
    山野けいすけさん

    グレゴリーのザックも魅力的ですね。
    次回購入時の参考にさせていただきます。山行の経験レベルが違い過ぎますが・・。

  • 山野けいすけ さん
    南十字星さん>
    グレゴリーのザックを初めて使いましたが調整が簡単なのはメリットだと感じました(軽量寄りのザックだからかもしれませんが)
    また山道具のレポ楽しみにしています、コメントありがとうございました!

パラゴン38のほかの人のレビュー

もっと見る

山野けいすけさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

パラゴン38で行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...