山道具詳細

参考になった 1
ridge 40 type2 カリマー(KARRIMOR )
お気に入り度
カテゴリー
ザック

記録したユーザー

dora さん
購入年 2014年
購入価格 21,600円
重量 1,680g (グラム)
スペック 多彩な機能を誇る、トレッキングに最適なモデル。40Lという容量は、日帰りから小屋泊までの山行に最適。2気室構造となっており、深さのあるボディの利便性をを向上。軽量ザックでは味わえない安定性と運動性のバランスの良さに加え、ザックの荷重を理想的に肩と腰に分散するショルダーハーネスとヒップベルト、通気性の良いバックパネルが、快適な長時間歩行を可能にしている。
▼ 素材 KS-N330ht/KS-N330HD
▼ サイズ 69x35x25cm
▼ バックレングス 47cm
お気に入りの点
ヒップベルトとショルダーハーネスがしっかりしていて体にフィットする感じ。2気室になっているので下にレインウエアや救急セットを入れておけば取り出しやすい。
もうひとつの点
雨蓋部分の上にマットを装着でき、ハイドレーションのチューブをショルダーハーネスに直接装着できるのも便利。
モノがたり
ノースフェイスの45Lを使っていたが、少し大きいので30~40Lをネットで物色。何度か石井スポーツに通い現物を確認し、石井スポーツの会員になって5%割引で購入。今週の奥多摩でデビューの予定。
参考になった 1

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

doraさんのridge 40 type2についてコメントする

ridge 40 type2のほかの人のレビュー

もっと見る

doraさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

ridge 40 type2で行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年3月8日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。