山道具詳細

参考になった 1
スウェルバッグ180DX オクトス(oxtos)
お気に入り度
カテゴリー
寝具

記録したユーザー

maki_toy さん
購入年 2017年
購入価格 17,820円
重量 533g (グラム)
スペック 素 材: 20dnナイロンシレ撥水加工
国内洗浄ヨーロピアンマシンピックホワイトダックダウン90%フェザー10%
復元力: 760FP(フィルパワー)
内部構造: シングルキルト構造
サイズ: 最大長228cm×最大肩幅85cm(ロング:身長185cmまで)
収納サイズ: φ14×20cm(コンプレッションバッグ非圧縮状態)
※収納袋は防水コンプレッションバッグが付属。

平均重量:533g(ロング)
収納袋:44g
ダウン量: 200g(ロング)
メーカー: ナンガ/オクトス・オリジナル製品
カラー: ブルー
使用温度: [快適使用温度] 6℃~
[使用可能限界温度] ~3℃
原産国: 日本製
お気に入りの点
夏向けには十分すぎる温かさ(私が暑がりと言う事も有りますが)。
高級ダウン使用の為か、コンパクトかつ軽量。
ロングサイズが有ったので、約180cmの私でも安心して足を伸ばせる。
防水・コンプレッションバッグが付属(突然の雨でも安心)。
なのに安価。
モノがたり
テント泊に挑戦しようと思いNETで物を探していました。
色々とそろえなくてはならなかったので出来るだけ安価な物が条件でした。
夏専用で良いかと思いこれを購入したのですが、想像以上の温かさ。
北八ヶ岳の白駒池・双子池のテント場で使用しましたが、ジッパーを開けてブランケットとして使用していました。
カバーを併用すれば、もう少し遅い時期でも使えそうです。
初めての物で比較対象が有りませんので、★四つとしました。
参考になった 1

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

maki_toyさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

スウェルバッグ180DXで行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雪
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2021年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...