山道具詳細

参考になった 1
DJI MAVIC Air その他(others)
お気に入り度
カテゴリー
その他

記録したユーザー

勅使河原彗碧院 さん
購入年 2018年
購入価格 100,000円くらい
重量 436g (グラム)
スペック セット重量856ℊ
GPS搭載
3軸ジンバル+4Kカメラ
最長飛行時間21分
1080p/120fpsのスローモーション動画撮影に対応
お気に入りの点
この大きさ・軽量でこの飛行性能・・・・スゴすぎる!スポーツモードでなんと最高時速68㎞を叩き出す!向こうの尾根くらいならあっという間で到達出来ます。

本体・コントローラ・iPod Touch・袋合わせて856gを達成!これなら登山実用レベルだと思いませんか!本体・コントローラ供に折り畳んでコンパクトに!

加えて正確無比なホバリング性能・・・かなりの強風でもフライト可能です。

更にDJIならではのジンバル技術・・・・お陰でクレーンカメラの様な滑らかな動画が撮れます!

バッテリーも最低15分は持つので意外と十分に撮影できます。
もうひとつの点
確かに音は五月蠅いですよ・・・そこが難しいところ。

※テイクオフは必ず手から、ランディングはハンドキャッチ必須です。
モノがたり
五月蠅くしてゴメンナサイ。撮影用なんです・・・・・。
参考になった 1

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

勅使河原彗碧院さんのDJI MAVIC Airについてコメントする

勅使河原彗碧院さんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

DJI MAVIC Airで行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年3月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?