山道具詳細

参考になった 4
ピコシェルター ファイントラック(finetrack )
お気に入り度
カテゴリー
テント

記録したユーザー

山野けいすけ さん
購入年 2013年
購入価格 9,800円
重量 130g (グラム)
スペック W120 H75 D95[収納時7×5×9cm]
130g(全てメーカー公称)

ここから細引き×2は最低でもセットに、
単体でテント状にするならペグが最低8本必要
お気に入りの点
兎に角軽い、130g!!!

ジップロックに入れて、細引き4メートル2本入れても
実質的な重さは200g程度で、持って行かない理由が無い。
簡単な日帰り山行でも、お守り代わりに上記のセットか、
(少しでも夜営の想定が出てくる山行なら)ツエルト2を
雨蓋内か裏側あたりに仕込んで持っていっている。

通気口に頭を出して、ポンチョ状にも使えるらしいので、
そこにトキメキを感じて購入したのも否定しません(笑)
もうひとつの点
finetrackのツエルトは、ピコシェルターと
このツエルト2ロングを使っているが。
ツエルトの用途的に収納性をウリにしているので
収納袋が致命的に小さく収納には匠の技が必要で。

咄嗟に出せるように、即撤収出来るようにと、
ジップロックにがしがし収納して雨蓋あたりに
細引と一緒に収納するなど、割り切りは必要。
むしろ、『転ばぬ先の杖』なアイテムなので
必要なときにすぐ取り出せないようでは意味が無い。
コンパクトさの宣伝との兼ね合いもあると思うが、
(確か、ペットボトルより小さい!がウリだった筈)
出し入れの簡単で、メンテナンスのし易い袋があると更に○。

あとイチャモンレベルの話にはなるが、少し吹雪いていても
パーティ山行だと、独りだけ取り出して設営するのも気が引けて
なんとなく有効活用出来ていないので、そう言った場合の、
有効活用法やエピソード等を、メーカー側でもプッシュして
気軽に使いやすい空気にしてくれると、凄く嬉しい(苦笑)
モノがたり
上記のようにほぼ必携のアイテムとなっているので
自分は概ね満足しているが、人には薦め難いアイテム。

そもそも、豪雨(雪)から10秒位で取り出せる位置に置いておかないと、咄嗟に役に立たないアイテムですし。
メーカー等では微妙にボカして書いてありますが、テントどころか、これは『座るビバーク用のシェルター』なので、ニッチな世界の中の更にニッチな商品です。
メーカーでも利用例に書いてあるポンチョモードは、極薄ダイニーマなので、枝に1引っかき1万円・・・と考えると
怖くて私はポンチョ代わりに使用したことがありません・・・。

しかし、荷物もスペースも圧迫しない圧倒的軽さ。
若干ゲン担ぎじみてはいますが、「もしもの時」の
備えをしているので、精神的余裕もあり今の所、
事故や怪我には遭遇していません( ・ ω ・ )v

今年は修行も兼ね、雪山でも使ってみたいと思っています。
参考になった 4

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山野けいすけさんのピコシェルターについてコメントする

ピコシェルターのほかの人のレビュー

もっと見る

山野けいすけさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

ピコシェルターで行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月1日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。