山道具詳細

参考になった 2
クライムウール ロングスリーブジップシャツ マーモット(Marmot )
お気に入り度
カテゴリー
アンダーウェア

記録したユーザー

ミックブルースパワー さん
購入年 2014年
購入価格 6,800円
重量 210g (グラム)
スペック ClimbwoolDoubleFace(ポリエステル:60%、毛:40%)
お気に入りの点
 汗を素早く逃がし、汗冷えしにくい点。また、UVカット機能も備えているので、真夏でもこの長袖シャツは手放せません。
 山登りだけでなくフル活用しています。たとえば真夏の街道歩きでは特にアスファルト道路の上だと照り返しが厳しく、また、炎天下では汗と紫外線との戦いになります。1日の歩行距離が30kmオーバーであってもこの長袖シャツがあれば快適に過ごすことができます。炎天下、半袖で過ごすよりも長袖で過ごす方が疲労度が少ないと感じるのは、わたくしだけの個人的な感想でしょうか。
モノがたり
 石井スポーツからDMが届いたのを機に、名古屋栄店まで出かけ30%オフで購入。ショップ店員さんに勧められ購入しましたが、当初は半信半疑であったものの、その機能にびっくり納得です。購入の翌日に早速噴火する前の御嶽山に登りましたが、7月第1週の山開き後にもかかわらず、3000mオーバ-でもこれ1枚で十分でした。また、8月には唐松岳で着てみましたが、やはりこれ1枚で十分でした。雨でも降ればこの上からレインウェアを羽織れば対応できるので、厳冬期以外はこのシャツ1枚で過ごすことができます。
参考になった 2

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ミックブルースパワーさんのクライムウール ロングスリーブジップシャツについてコメントする

ミックブルースパワーさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

クライムウール ロングスリーブジップシャツで行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!