登山画像
内蔵ノ助山。手書きの標識だけしかないが、この山頂を過ぎると、急だった道は徐々に平坦になり、朝鮮歩きとなる。

Exif情報