ヤマケイオンライン ニュース

涸沢フェスティバル2012、8月26日(日)~28(火)に開催決定! 事前登録を開始しました

2012年05月22日(火)

 2008年から3年間、北アルプス・涸沢周辺で、弊社主催で開催してきた、『ヤマケイ涸沢フェスティバル』を、2年ぶりに開催。8月26日(日)~28(火)までの3日間、穂高周辺の山々を舞台に開催する。


涸沢フェスティバルの様子(2009年)

 

 涸沢フェスティバルは山岳地で行われる「山フェス」で、「美しい自然を次世代につなげる」、「次世代登山者の質の向上に努める」「そのために山の真の魅力を伝える場、学ぶ場を創出する」という理念で、2008年から3年間行われてきた。
 イベントは年を追うごとに盛況となり、2010年の開催時には3日間で延べ3000人が参加。若い世代の登山愛好者を中心に、大いに支持されたイベントへと成長した。

 しかし、2010年の開催では、とくに下山時の渋滞などで問題が発生。参加者や一般の登山者、観光客の方からの指摘もあり、1年間休催してイベントのあり方を再検討。今年は、文字通り「満を持して」の開催となる。

 

 2012年の涸沢フェスティバルの最大のトピックスは、涸沢会場、横尾会場、徳沢会場の3箇所で、特色あるイベントを開催すること。

 それぞれの会場でのイベントの特徴を簡潔に述べると――

 ●今まで涸沢で展示していたブーステントを今年は麓の徳沢に設置。徳沢では商品に実際に触れて、山岳装備への知識を深めてもらう。
 ●横尾ではより実践的な知識、また山岳文化への造詣を深めてもらう。
 ●涸沢では「安全登山」「山岳技術の向上」などを目的としたワークショップを多数用意。

といった会場ごとのコンセプトで開催する。それぞれの会場の特色を味わいたい。

 なお、涸沢フェスティバルの参加を希望する人には、事前登録をお願いしている。事前登録は、当日の混雑状況を知るため、および事前のお知らせの通知、および参加者の安全確認のためで、スムーズにイベント開催を行うためにも参加希望の皆さんには、ぜひ協力をお願いしたい。

 また、涸沢フェスティバルに参加したい人で、facebookに登録している方は、涸沢フェスティバルのfacebookページを「いいね!」してほしい。こちらからも、不定期で決まったことを発表していきたい。

 今年は混雑緩和のために平日開催となるが、今まで通り、今まで以上に、イベントを楽しんでもらえるよう、たくさんのトピックスを用意しているので、ぜひ8月最後の涸沢に集まろう!

 

 

関連リンク

関連地図

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年2月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!