ヤマケイオンライン ニュース

ムササビに会いに行こう!自然教育研究センターが御岳エコツアー「ムササビ見Night」を12月19日に実施

2015年11月20日(金)

​ 秩父多摩甲斐国立公園内に位置する御岳山には豊かな自然が残されている。また、山上には武蔵御嶽神社の御神木などが数多く存在し、雑木林や植林地など多様な森が存在することから、ムササビが多数、生息する貴重な場所となっている。

 自然教育研究センターでは、自然環境やそこに生息する野生動物への理解を深めつつ、ムササビを観察する12月19日(土)にエコツアー「ムササビ見Night」を実施する。
 毎回大人気の御岳のムササビ観察会。宿坊に泊まって、東京の夜空を滑空するムササビを観察してみよう!

 

■「ムササビ見Night」概要

開催日: 12月19日(土)
集合・解散: 19日(土)15:00 御岳山内集合、19日(土)18:50 御岳山内解散
※集合解散場所の詳細は、当選者に通知
参加対象: どなたでも可(小学生以下は保護者同伴)
募集人数: 先着20名(最少催行人数9名、12月13日まで受付)
参加費: 大人3,000円(中学生~大人)、子ども2,200円(小学生以下)
(ガイド料、保険代など。宿泊費は別途)
申込締切: 12月13日(日)
申込方法: 行事タイトル、参加希望全員の住所、氏名、ふりがな、年齢(学年)、電話番号をEメール(エコツアー申込専用アドレスmitake.ecotour@gmail.com)で送る。

 

■お問い合わせ

自然教育研究センター
TEL 042-528-6595
〒190-0022東京都立川市錦町2-1-22飯室ビル2F
e-meil: mitake.ecotour@gmail.com ※お問い合わせは、メールにて
http://www.ces-net.jp/

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?