ヤマケイオンライン ニュース

全10回の講座で山の自然を学ぶ! NPO法人山の自然学クラブが、3月からの講習会で参加者を募集

2016年02月29日(月)

 NPO法人山の自然学クラブ(理事長:大蔵喜福氏)では、日本山岳会で1993年から始まった「山の自然学講座」を引き継ぐ形で、2001年から山と自然の魅力を紹介する講習会を行っている。

 18年目となる2016年のカリキュラムは全10講座あり、各方面で活躍する専門家を講師に、7回の室内講座と、3回の現地講座を行う。地質、地形、気候、植生など、山の自然について知識を深め、山歩きをより楽しむために、参加してみてはいかがだろう。

 概要は下記の通り。各講座の詳細、お問い合わせ、お申し込みは、山の自然学クラブまで。

■山の自然学講座2016 開催概要

室内講座
時間: 18:30~20:50(各回共通) ※第1回のみ13:30~16:30
会場:
【第1回】
科学技術館 会議室3
(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1)

【第2回~第7回】
ici club神田 EARTH PLAZA
東京都千代田区神田小川町3-6
http://www.ici-club.jp/earth.html
現地講座の集合時間・場所: 集合時間、集合場所、必要な持ち物については、後日、申し込みの方に事務局から直接連絡する。

講座テーマ:
第1回室内講座 「自然観察の視点」と「氷河時代について」
開催日: 3月5日(土)
講師: 小泉 武栄氏(元東京学芸大学教授)

第2回室内講座 大地の変動と日本列島の地質の形成
開催日: 3月15日(火)
講師: 目代 邦康氏(公益財団法人自然保護助成基金)

第3回室内講座 植物の生存と繁殖の戦略・したたかな植物たち
開催日: 3月22日(火)
講師: 多田 多恵子氏(植物生態学者)

第4回室内講座 日本の植生
開催日: 4月5日(火)
講師: 増澤 直氏(株式会社地域環境計画)

第5回室内講座 雪と氷から見た地球環境
開催日: 10月4日(火)
講師: 紺屋 恵子氏(独立行政法人海洋研究開発機構)

第6回室内講座 日本の動植物相の起源
開催日: 10月18日(火)
講師: 池田 明彦氏(品川区防災まちづくり事業部)

第7回室内講座最終回 アウトドアから考える自然学
開催日: 11月8日(火)
講師: 大蔵 喜福氏(登山家、山の自然学クラブ理事長)

現地講座
現地講座1 東京にカタクリのある不思議
開催日: 3月26日(土)
講師: 辻村 千尋氏(公益財団法人日本自然保護協会)
場所: あきる野市・日帰り

現地講座2 世界一登山者の多い山の不思議あれこれ
開催日: 4月24日(日)
講師: 石井 誠治氏(樹木医、森林インストラクター)
場所: 高尾山

現地講座3 東京都檜原都民の森
開催日: 11月3日(木・祝)
講師: 増澤 直氏(株式会社地域環境計画)
場所: 三頭山

受講料:
全10回申し込み(通し参加)の場合…30,000円(山の自然学クラブ会員、および学生は、20,000円)
講座ごとの申込の場合 1講座あたり3,500円(山の自然学クラブ会員、および学生は、3,000円)
※現地講座の場合、上記以外の交通費等は自己負担
受講料に含まれるもの: 資料代、現地講座については、行事保険料。

 

■お問い合わせ・お申し込み

山の自然学クラブ
山の自然学講座2016 事務局(担当: 中村・室村)
〒160-0015
東京都新宿区大京町25 高橋ビル402「緑化工ラボ」内
TEL03-3341-3953
申込みは山の自然学講座のホームページから
http://www.shizen.or.jp/basic/

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?