ヤマケイオンライン ニュース

【予約不要、入場無料】雪の八ヶ岳へ挑戦したい方へ! 12月14日(木)に風の谷が雪山について学べる机上講習会を開催

2017年12月07日(木)

 山岳ガイド「風の谷」では、12月14日(木)に、今年から本格的な雪山登山を始めよう!という登山者向けの机上講習会『今年こそ挑戦!はじめての雪の八ヶ岳』」を開催する。

 首都圏に住む登山者が本格的な雪山登山の第一歩を踏みだすのに最適な八ヶ岳の山々。便利なアプローチと、所々で通年営業する山小屋の存在が安心感を与えてくれる。中腹までロープウェイがかかり日帰りで森林限界ギリギリの雪山が体験できる北横岳。南北八ヶ岳双方の魅力を一度に体験できる天狗岳。雪山登山の登竜門・赤岳。これらの山、一つ一つの特徴と登り方、準備しておきたい装備と、身につけておきたい技術について学べる「これなら僕も雪山登山、始められるかな?」と希望が持てる講習会とのこと。

 講習会も参加費は無料で、事前申し込みも不要。興味のある方は会場まで直接足を運ぼう。詳細は、「風の谷」のウェブサイトへ。

 

 

■「今年こそ挑戦!はじめての雪の八ヶ岳」概要

開催日時:12月14日(木)19:00~
会場:カモシカスポーツ山とスキーの店・コーヒーコーナー(高田馬場駅徒歩3分)
対象:50歳未満の雪山未経験者、初心者
講習費:無料 申込不要(直接、会場へおこしください)
 

■講師プロフィール

山田哲哉(やまだ・てつや)
山岳ガイド「風の谷」主宰。1954年生まれ。日本山岳ガイド協会山岳ガイドステージⅡ。
アメリカ大陸最高峰のアコンカグアやネパールヒマラヤ、キリマンジャロなどへの登山歴を持つ。藪歩きから高所登山まで、あらゆる登山が大好き。主な著書に『縦走登山』(山と渓谷社)、『奥秩父、山、谷、峠そして人』(東京新聞出版局)がある。


■お問い合わせ

山岳ガイド「風の谷」
http://www.ne.jp/asahi/tetsu/kazenotani/
TEL 0422-54-1676(9:00~17:00)
E-mail nrh09361@nifty.com

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた