ヤマケイオンライン ニュース

電子図鑑閲覧サービス「図鑑.jp」がサービス開始1周年を記念したセミナーを2月11日に開催【山と溪谷社からのご案内】

2018年01月12日(金)

 山と溪谷社で提供している電子図鑑閲覧サービス「図鑑.jp」では、サービス開始1周年を記念し、2月11日(日)に講師を招いた「図鑑.jpセミナー」を開催する。

 「図鑑.jp」は、主に中・上級者の愛好家向けの生物図鑑類を電子書籍化して、ジャンルごとに読み放題とする継続課金制のウェブサービス。現在、「植物」「野鳥」「菌類」の3ジャンルを提供している。

 今回のセミナーは、植物ジャンルで1講演、野鳥ジャンルで1講演の計2回開催。2回の講演の両方でも、どちらかだけでも参加が可能。

 「図鑑.jp」の有料会員向けにコラムを連載している国立科学博物館名誉研究員の門田裕一先生と、有料サービス内で図鑑『決定版日本のカモ識別図鑑』を掲載中の氏原巨雄先生の講演を予定している。

 参加費は、同サービスの年額会員なら無料。月額会員、無料会員、非会員の場合は、1講演1,000円、2講演1,500円。またイベントのレポートは、後日有料会員の方限定で、ウェブ上で公開する予定。参加希望の方は、下記概要を確認のうえ、所定の申込みフォームからお申し込みのこと。


■「図鑑.jpセミナー」開催概要

開催日時:2018年2月11日(日)
  10:30~12:00(受付開始10:00) 講演1 「アザミ学事始め」(門田裕一先生)
  13:00~14:30(受付開始12:30) 講演2 「カモの深みにようこそ」(氏原巨雄先生)
会場:インプレスグループセミナールーム
  東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビルディング23階
  都営地下鉄・営団線神保町駅A9出口徒歩1分、JR御茶ノ水駅徒歩8分
講演内容:

講演1「アザミ学事始め」 講師=門田裕一先生
国立科学博物館名誉研究員の門田裕一先生の講演。なぜ、日本列島でアザミ類がこれほどまでに多様なのか? その謎の一端を説く。

講演2「カモの深みにようこそ」 講師=氏原巨雄先生
圧倒的な質と量で他の図鑑の追随を許さない『決定版日本のカモ識別図鑑』(誠文堂新光社)でおなじみの氏原先生の講演。一通り、一般種のオスの識別ができるようになった後、メスや若鳥、エクリプス、雑種、珍鳥・迷鳥など、深いカモの世界を紹介する。

募集人数:各50人(先着順)
参加費:図鑑jp年額会員・法人会員 無料 / 図鑑.jp月額会員、無料会員、非会員 1講演1000円、2講演1500円(当日、現金でのお支払い)
 

■申込み方法

以下のフォームからお申込みください
https://goo.gl/forms/Mg5jlq55vGRh8dgA3


■図鑑.jpについて

主に中・上級者の愛好家向けの生物図鑑類を電子書籍化して、ジャンルごとに読み放題とする継続課金制のウェブサービス。現在、「植物」「野鳥」「菌類」の3ジャンルを提供中で、出版社のほか博物館やNPO法人を含む6社2機関の専門性の高い生物図鑑を提供している。それらの図鑑群を和名、学名、科名で横断検索できるほか、図鑑についての追補や種についてのコラム、ユーザが種について投稿したものを図鑑とともに検索できるなどの独自の機能を持ったジャンル特化型のプラットフォームとなっている。
植物コースは、山と溪谷社の図鑑をはじめ、文一総合出版、全国農村教育協会、神奈川県立生命の星・地球博物館の3社1機関の全15冊(総ページ数8656ページ総掲載種数約5600種)、野鳥コースは文一総合出版、平凡社、誠文堂新光社、山と溪谷社、保育社、NPO法人バードリサーチの5社1機関の全12冊(総ページ数4264ページ総掲載種数約750種)。山と溪谷社、保育社、誠文堂新光社の3社全5冊(総ページ数2150ページ、総掲載種数約2400種)。スマートフォンやタブレット端末を利用すれば、通信環境が必要だが野外でも閲覧可能。
URL:https://i-zukan.jp/

図鑑.jp会費(個人会員) ※価格は税抜き
  植物コース=年額5000円/年 月額1000円/月
  野鳥コース=年額3000円/年 月額600円/月
  菌類コース=年額3000円/年 月額600円/月
  *いずれかのコースについて20日間の無料トライアルが可能。
  *各3端末まで利用可能。
  *年額コースは、加入月を1ヶ月として、翌年前月末まで。
  *(公財)日本野鳥の会、(公財)日本自然保護協会の会員は割引あり。

このほか動作環境、決済方法など、詳しくは「図鑑.jp」にて。
https://i-zukan.jp/static/legal_user

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。