ヤマケイオンライン ニュース

映画『クレイジー・フォー・マウンテン』ジェニファー・ピードン監督インタビュー。「臨場感をぜひ体感してほしい」

2018年07月12日(木)

 世界の名峰に挑む登山家・アスリートに迫ったドキュメンタリー映画「クレイジー・フォー・マウンテン」が7月21日から公開される。これに先立ち、ジェニファー・ピードン監督と、本作の音楽担当リチャード・トネッティ率いるオーストラリア室内管弦楽団が5月末日に来日し、都内で特別試写会が行われた。

 その際、ジェニファー・ピードン監督が「ヤマケイオンライン」のインタビューに答えてくれたのでお伝えしたい。映画のテーマである「生きていることを実感」した体験、日本の登山愛好家や、「ヤマケイオンライン」ユーザーへのメッセージなど、あらためて話を聞いた。

 

 

− 山に関する映画は過酷な挑戦を描くものが多いですが、『クレイジー・フォー・マウンテン』は情緒的で繊細な印象を受けました。

この『クレイジー・フォー・マウンテン』の制作にあたって、いままでにあった山岳映画とは違う視点で山を描けたと思っているわ。私は若い頃から山で撮影の仕事をしてきたけど、撮影クルーの中で女性が私一人だったことも多かったの。最近は女性のクライマーや登山家が多くなってきたけれど、今でも山の世界は男性のほうが多い。だから、山に関する映画も男性的な視点で描かれている作品が多いの。そんな中で、『クレイジー・フォー・マウンテン』は、「山」を、また「山」と「人」との関係を、女性ならではの視点で描けたのではないかと思っているわ。

 

− ヴィヴァルディの『四季』など、クラシックの楽曲が作中で使われているのも、他の山岳映画とは違ったアプローチに感じます。

もともとオーストラリア室内管弦楽団とコラボして制作することが決まっていたから、普通の映画とは違うものになると思っていたわ。これは映画だけでなく、オーストラリア室内管弦楽団のツアーでも使われるから、映像作品としても成立しなきゃいけないの。音楽が映像を導いていく、そんな一面も作品に持たせるようにしたの。

 

―作中に北海道の「羊蹄山」がでてきますが、日本の山に登ったことはありますか?

日本の山は登ったことがないの。撮影では羊蹄山に行ったのだけど、登山はしていないので、登ってみたいわ。

でも、ニセコでスキーはしたことがある。食べ物もおいしくて、なんといっても雪の質が良い。オーストラリアにはあまり山がなく、あっても低い山で雪山ではないの。

私たちオーストラリアに住む多くの人は、日本の食べ物であったり、日本文化を好んでいるから、家族旅行にも最適な場所。そこでスキーをしながら異文化も楽しむことができてとても良いわ。欧米に行くのと比べて、オーストラリアからは近くて行きやすいのも人気の理由ね。

 

―山での撮影は過酷な状況が多いかと思いますが、撮影時に使っている道具についても聞かせてください。

ニュージーランドのブランド、アイスブレーカーの登山服が気に入っているわ。臭くならなくて、シャワーを浴びれない長期の登山でも快適に過ごせるから。重ね着がしやすく、天然素材という点も気に入っているの。
アイテムとしては、手袋が必需品。カメラをいじったり、細かい作業が必要なので、そういった作業のできる特別な手袋が必要。バックパックは、マックパックのものを使っているわ。

 

―映画のテーマに「生きていることを実感する。だから人は山に夢中になる」とありますが、監督自身が生きていることを実感した出来事はありますか?

友人とアスパイアリング山に登山へ行ったのだけど、その下山途中に視界もなくなる程の嵐にあって。普段と違うルートでの下山を余儀なくされて、頑張って下ったのだけど、なかなかテント場まで戻れなくて恐怖を感じたわ。逆に、テントまでたどり着いた時は、安心し、生きていることを実感したの。

もうひとつは、2006年にエベレストに行ったとき。みんなが頂上にいる時に自分一人だけキャンプ4にいたの。それだけ高いところに一人きりでいたときに、自分は生きていて、すごく美しい世界にいるなと実感したわ。

※アスパイアリング山:ニュージーランドの南アルプス山脈に連なる山の一つ。標高は3,033m。

 

―最後に日本の登山ファンに向けてに、見逃さないでほしいシーンを教えてください。

ヒマラヤのシーン。ヒマラヤは高度の問題で、上のエリアはヘリコプターも飛ばせないし、ドローンも使えないの。だから、登山家たちがヘルメットにカメラを付けて撮影したのよ。臨場感がたっぷりで、ぜひそれを体感してほしいわ。

 

 

今までの山岳映画とは違った視点を持った女性監督・ジェニファー・ピードンが描いた山岳映画。クラシックの名曲と圧倒的で美しい映像のコラボレーションを、ぜひお楽しみください。

 

■映画「クレイジー・フォー・マウンテン」概要

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク
ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館
協力:The North Face
配給:アンプラグド
制作:2017年/オーストラリア/英語
上映時間:74分

7月21日(土)より新宿武蔵野館・シネクイントほか全国順次公開

 

■映画公式サイト
http://crazy4mountain.com

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年7月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。