ヤマケイオンライン ニュース

バラエティでも活躍の登山家・貫田宗男氏と、島根県・京羅木山に登るイベントが3月9日に開催。講演会も実施

2019年02月04日(月)

島根県松江市で、3月9日(土)に「『世界の果てまでイッテQ』の登山部顧問 貫田宗男さんが京羅木山にやって来る!」と題して、登山イベントと講演会が開催される。

松江市東出雲町の京羅木山(標高473m)は、地元の人々によって登山道が整備され、晴れていれば山頂から、中海・宍道湖・大山などの絶景が見渡せる里山。

テレビで活躍中の登山家・貫田宗男氏と一緒に京羅木に登った後は、同氏の講演会を開催。先日、南米最高峰アコンカグアにチャレンジした三浦雄一郎氏の遠征隊の一員でもあった同氏からは、貴重な体験談なども聞けそうだ。

詳細は下記のほか、イベントサイトへ。


京羅木山から見える大山


京羅木山から見える宍道湖・中海

■イベント概要

開催日時: 2019年3月9日(土)
  京羅木登山 8:45~12:30
  講演会 13:30~15:00
集合場所: おちらと村
  島根県松江市東出雲町上意東1965-1
  登山の受付は8:00~8:15、講演会のみの受付は12:45~13:15
講演会会場: 上意東研修センター
参加費:
 (A)京羅木登山+講演会 2,000円(講演会費、昼食代〔猪汁ふるまい有〕、保険料込み)
 (B)講演会のみ 500円
定員:
 (A)50名、(B)100名(応募多数の場合は抽選)
申込方法:郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、,参加希望AまたはBを記入し、メールかファクスで申し込む。
Eメール matche@city.matsue.lg.jp、Fax 0852-55-5796
申込期間: 2019年2月1日(金)~平成31年2月20日(火)
詳細URL: https://www.kankou-matsue.jp/event_calendar/events/201901-12/201903/kyoragitozan.html

 

■貫田宗男氏プロフィール


1951年3月21日山口県生まれ。
1979年ダウラギリV峰(7,618m)登頂。1991年、1994年の2度にわたりエベレスト(8,848m)登頂。「世界の果てまでイッテQ!」登山顧問。三浦雄一郎さんの遠征隊として南米最高峰アコンカグアに同行。

 

■お問い合わせ

松江市地域おこし協力隊(担当:福島)
TEL 0852 -55-5789(平日9:00〜17:00)

「水の都 松江」
(一社)松江観光協会ウェブサイト
https://www.kankou-matsue.jp/

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。