ヤマケイオンライン ニュース

「一万日連続登山を目指した男」最後の5年を追った写真展が開催

2019年02月08日(金)


吉田智彦さんの写真展「淋しさのかたまり ~1万日連続登山に懸けた父親の肖像~」が長野にあるギャラリーで開催している。

これは定年退職した翌日から27年間、一日も欠かさず山へ登り続け「一万日連続登山」を目指した東浦奈良男さんの最後の5年を追ったものだ。


吉田さんが書籍『信念 東浦奈良男 一万日連続登山への挑戦』(山と溪谷社刊)の取材の中で撮影した、奈良男さんの山行や日常の写真の他に、42冊ある日記から撮影・抜粋したページをモザイク状に並べた「日記曼荼羅」や、連続登山を開始した日の日記(9冊め)と最後の日記(42冊め)のレプリカも展示する。

2月2日(土)からはじまった「ナノグラフィカ」での展示は2月11日(月・祝)まで、「コトバヤ」での展示は2月16日(土)から3月4日(月)まで行なわれる。

入場は無料。各会場とも吉田さんによるギャラリートークが開催される予定だ(ギャラリートークは有料)。

 

■吉田智彦写真展「淋しさのかたまり ~1万日連続登山に懸けた父親の肖像~」概要

ナノグラフィカでの展示
会場:ナノグラフィカ(長野県長野市西之門町930-1)
写真展期間:2019年2月2日(土)~2月11日(月・祝)
開場時間:11:00〜17:00
定休日:不定休
入場料:無料
お問い合わせ​:TEL 026-232-1532

※吉田氏によるギャラリートークを開催

開催日時:2019年2月11日(月・祝) 15:00〜17:00
入場料:1,500円(軽食・ドリンク付き)


コトバヤでの展示
会場:コトバヤ(長野県上田市中央4-8-5)
写真展期間:2019年2月16日(土)~3月4日(月)
開場時間:月・火 12:00〜20:00、土 10:00〜20:00、日 10:00〜18:00
定休日:不定休
入場料:無料
お問い合わせ​kotobaya.net@gmail.com

※吉田氏によるギャラリートークを開催

開催日時:2019年3月3日(日) 15:00〜17:00
入場料:1,500円(ワンドリンク付き)



■東浦奈良男

1925年、大阪府出身。第二次世界大戦中、疎開先で空襲に遭って焼き出され、両親の故郷、三重県度会郡小俣町(現伊勢市)へ移住。1960年、乗鞍岳で登山の魅力を知り、地元の山と富士山や日本アルプスなど全国の山を登り歩く。1984年に60歳で定年退職後、翌日から連続登山を開始する。登る山を地元と富士山に絞って、目標を一万日とした。
4500日の時に、オペル冒険大賞’96チャレンジ賞を受賞。2011年6月、体調を崩し、連続登山はストップ。記録は9738日だった(27年間。足かけ28年間)。連続以前の登山も合わせて、富士山へ368回登頂している。その後、容体は回復せず、同年12月に没。享年86歳。



■吉田智彦

1969年、東京都出身。20代半ばに勤めていた会社をやめて、ニュージーランド、カナダ、アラスカなど諸国をまわる。カヤックやトレッキングを通じて自然と人間のあり方を考えるようになり、エッセイ、ノンフィクションや写真、絵を発表しはじめる。スペインのサンティアゴ、チベットのカイラス山、インドなど世界の巡礼路を歩き、全熊野古道、四国八十八カ所霊場を踏破。現在は、日本独自の文化に注目し、埼玉県の農村歌舞伎や琵琶湖の沖島を取材している。著書に『熊野古道巡礼』(東方出版)、月刊絵本「たくさんのふしぎ」2009年8月号『おぼん』(福音館書店)など。Website(note): https://note.mu/soul_writer

■書籍「信念 東浦奈良男 一万日連続登山への挑戦」

価格:1,500円(税別)
ページ:232ページ
書籍詳細:http://www.yamakei.co.jp/products/2812340280.html

 

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!