ヤマケイオンライン ニュース

プロの写真家お墨付きの写真スポット! 総落差72.5m、7段の名瀑を見るツアー「今福の滝~ダイラ道を歩こう」開催

2019年04月01日(月)

京都府の上宮津杉山エコガイドの会は、4月10日、名瀑“今福の滝”と古道“ダイラ道”を歩くツアー「今福の滝~ダイラ道を歩こう」ツアーを開催する。

 

杉山の天然杉とタムシバ

 

同会は、宮津市上宮津地区にある天然杉とかんらん岩・蛇紋岩の山である杉山と、その周辺の歴史ある2つの古道“千年の古道元普甲道と“江戸時代に参勤交代で使われた宮津街道を多くの方へ周知し、かつ楽しんでもらうことを目的にツアーを実施している。

杉山は大江山連峰の北端に位置し、かんらん岩・蛇紋岩からなる特徴のあるなだらかな山。中腹から上には天然杉の巨木が群生し、伐りだされた切り株から四方に幹を伸ばし、独特な形をしている。平成6年に開通した杉山林道では早春は様々な花で彩られ、宮津湾や天橋立の展望を楽しむことができる。

“今福の滝”は京都府景観資産で、大小さまざまな滝を併せて7段から構成される総落差72.5mを誇る名瀑。まずは今福の滝に立ち寄り、その後、宮津市今福と舞鶴市西方寺平と結ぶ古道ダイラ道を歩く。350年の伝統を誇る宮津の灯篭流しの時には西方寺平から提灯を持って訪れたといわれ、昔ながらの古道の風情を味わえる。現在では部分的に林道となっているが、見晴らしの良い場所では、例年4月の初め頃に杉山の緑の天然杉と白いタムシバの花の群生のパノラマが見られる。更に尾根に上がる道にあるナメラと言われる大きな岩に上がると、宮津湾が眼下に広がる爽快な景色が眺められる。

 

今福の滝

 

■「今福の滝~ダイラ道を歩こう」概要

開催日:2019年4月10日(水)9:00~15:00
参加費:800円(ガイド料、資料代、保険代) 当日払
集合・解散:丹鉄喜多駅 9:00集合・15:00解散
コース:丹鉄喜多駅・・・今福の滝・・・ダイラ道・・・林道・・・ナメラ・・・林道・・・ダイラ道・・・丹鉄喜多駅 計7km
申込方法方法:電話にてお申し込み TEL 0772-22-2415(上宮津地区公民館内)
応募締切:
4月5日(金)まで
 

■今福の滝

大小さまざまな滝を併せて7段から構成される総落差72.5mを誇る名瀑。江戸時代中期1726 年(享保11年)「丹後興佐名勝略記」に紹介されている。当時は広く知られ親しまれていたという。
しかし、いつの頃からか忘れ去られ、荒れた地となって立ち入ることすら困難になってしまった。過去に測量されたことがなかったので、平成8年(1996年) 今福地区の青年達により測量された。同年11月から「今福地区・村づくり事業」で滝周辺の樹木の伐採など整備事業が始まった。その後、伐採・植樹・遊歩道の整備などが行われ、平成25年(2013年)3月「宮津市今福の滝~蛇綱の里が誇る七段の名瀑」と称して「京都府景観資産」に登録された。


■お問い合わせ

上宮津・杉山エコツアーガイドの会
TEL 0772-22-2415(上宮津地区公民館内)
9:00~16:00 土日・祝日休み
http://www.uminokyoto.jp/event/
Facebook 上宮津杉山エコガイドの会で検索!

 

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?