ヤマケイオンライン ニュース

白山を開いた泰澄大師が14歳で修行した山、福井県の越知山で「泰澄越知山登山」を5月26日に開催

2019年05月24日(金)

福井県の越知山(おちさん)は、福井市と越前市にまたがる標高612.8mの低山だが、後年、白山を開く泰澄大師が、14歳の時に十一面観音の夢告を受けて修行したといわれる信仰の山だ。

この越知山では、泰澄大師がかつて歩いたとされる修験道を歩く「第31回 泰澄越知山登山」と題した催しが、5月26日(日)に開催される。

一昨年に開山1300年という節目を迎えた白山。その白山より歴史が古く、白山の原型ともいわれる越知山で、新緑を迎えたブナ林を歩き、古に思いを馳せてみてはいかがだろう。

開催概要は下記の通り。参加費は無料で、長い記念手ぬぐいももらえる。参加希望の方は、ウェブサイト「越知山泰澄塾」から申し込もう。

 

■「第31回 泰澄越知山登山」開催概要

開催日: 2019年5月26日(日) ※雨天決行
集合場所: 奥糸生多目的センター(越知山登山口)駐車場
スケジュール:
 7:30 受付開始
 7:55 出発 登山口・・・泰澄修行の岩屋・・・独鈷水・・・山頂奥の院・室堂(山頂にて泰澄祭、神事開催)・・・独鈷水・・・木の実谷コース・・・登山口
 14:45 登山口帰着(予定)
参加費: 無料
対象: 小学生以上。小・中学生は保護者同伴
主催: 越知山泰澄塾
共催: 日本山岳会福井支部
詳細: 越知山泰澄塾
http://ochisan.web.fc2.com/giyuku/news.html


■お問い合わせ・お申し込み

越知山泰澄塾
http://ochisan.web.fc2.com/

または TEL090-2833-0439(担当=三田村)

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?