ヤマケイオンライン ニュース

世界を魅了した木版画を一挙公開! 「没後70年 吉田博展」が1月26日から東京都美術館で開催

2021年01月23日(土)

没後70年 吉田博展

東京都美術館(東京・上野公園)では、「没後70年吉田博展」を1月26日(火)から3月28日(日)まで開催する。

吉田博(1876~1950年)は、明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した。若き日から洋画に取り組み、幾度もの海外体験を通じて、自然に向き合った厳しい写実による絵画表現を確立した。油彩画、水彩画の分野で才能を発揮した吉田は、画業後期に木版画に挑戦する。深山幽谷に分け入り自ら体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術で、水の流れや光の移ろいを繊細に描き出した。

画家の没後70年という節目に開催する本展は、初期から晩年までの木版画を一堂に集め、版木や写生帖をあわせて展示。西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法の統合を目指した吉田博の木版画の全容を紹介する。

詳細は下記のほか、「没後70年 吉田博展」特設サイトへ。

 

■「没後70年吉田博展」概要

会期:2021年1月26日(火)~3月28日(日)
会場:東京都美術館 企画展示室
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
休室日:月曜日
入場料:一般1,600円、大学生・専門学校生1,300円、高校生800円、65歳以上1,000円(前売券はそれぞれ1,400円、1,100円、600円、800円)
※購入方法などは、特設サイトを確認。
お問い合わせ:TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、毎日新聞社、日本経済新聞社
展覧会特設サイトURL:https://yoshida-exhn.jp

 

■関連サイト

東京都美術館
https://www.tobikan.jp

 

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。今日まで、登山から自然、アウトドア、スポーツ、旅などをテーマを広げ、メディアの可能...
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!