谷川岳登山指導センターからの現地情報 谷川岳・一ノ倉沢周辺の情報

田尻尾根下部が歩けるようになり、天神尾根も通行可能に。ロープウェイは引き続き運休中のため、余裕ある計画を

谷川岳登山指導センター

▲(みんなの登山記録 山が好き! さんの投稿から)(20.08.29 山が好き! さん)

前橋の天気予報
明日

晴時々曇
27℃ / 16℃
明後日

曇時々晴
26℃ / 18℃
(日本気象協会提供:2020年10月1日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

09/29(火) センター前 6:00現在、晴れ。気温12℃。

周辺状況

・谷川岳ロープウェイは9月9日の豪雨災害による復旧作業の為、10月31日まで運休。その後の再開時期などはロープウェイHPなどでご確認ください。現在、駐車場の利用は可能。日中はベースプラザの売店は営業しています。
・10月4日(日)には、谷川岳慰霊祭ならびに谷川岳閉山式が土合霊園地で開催されます。

登山道

どのルートでも、下山には約4時間からそれ以上を要します。日没も早まり、18時には登山道は真っ暗闇になります。余裕をみて17時には下山を完了できるように行動しましょう。その場合、13時には山頂から下山を開始しなければなりません。ロープウェイが使えないという状況では、朝8時から9時の登山開始がリミットだということを理解してください。
スタートが遅れた場合は時間を見て引き返すのも登山技術です。夕暮れ時から日没後は道迷いのほか、熊との遭遇リスクも高まります。現在、朝6時には明るくなりますので、なるべく早い入山を心がけましょう。

[天神尾根]
・豪雨災害によって流出した田尻尾根下部の登山道は復旧工事が進み、歩けるようになりました。付近は復旧工事中で重機が動いていることもあり、通行には充分注意してください。
・天神尾根は通行可。田尻尾根の樹林内も問題なく通行可能です。天神尾根は、しばらく登山者の通行がありませんでしたので十分に注意してご利用ください。

[西黒尾根]
・通行可能です。ただし初心者厳禁! 現在、登山者がこのルートに集中するため落石の誘発や滑落遭難には充分注意して下さい.
・西黒尾根は下山には不向きのルートです。下山遅れや滑落の遭難が多発しています。

[巌剛新道]
第一見晴らしより下部に土砂やガレなどで登山道が覆われている箇所が2箇所ほどあります。通行は可能ですが非情に歩きにくいです。上部の沢地形に崩壊地あり滑落、落石に注意!

[その他]
・新道は、マチガ沢の橋が流されてしまい現在は渡渉するようになっています。
・旧道は、芝倉沢や武能沢付近で登山道が崩落して、通過困難。雨天時は再崩落が予想され、さらに危険。蓬峠や清水峠へは新道をお勧めします。
・馬蹄形や主脈縦走路は異常なく通行可能ですが、エスケープルートは通行できるか不明です。

装備

・日没が早まりヘッドランプで下山する方が多くなりました。日帰り登山でもヘッドランプは必携。スマートフォンのライトでは鎖場などでは両手が使えず危険です。
・谷川エリアでは電波が弱く、樹林内では多くの場所が圏外です。電波が弱いエリアでは自動的に出力を上げるため、電池の消耗も早いので予備のモバイルバッテリーを持ちましょう。
・雨具を持たない人も見かけます。夏山と違い、装備不足で雨に打たれると低体温症で致命的な状況に陥る可能性もあり、非常に危険です。これからの季節は防寒グローブ、薄手のダウン、帽子は必需品になります。

注意

・沢での遭難事故が連続しています。万が一に備え登山カードには人数やコースなど出来るだけ正確な情報を書いてください。迅速な救助の為ご協力をお願いします。
・熊穴沢避難小屋上部の鎖場で下山時の転倒による遭難も発生しています。特に下りに身体の疲れから、集中力が散漫になり、遭難になるケースが非常に多いです。下りでしっかり時間を取れるようにしましょう。

その他のお知らせ

指導センター付近に駐車場はありません(ゲートの脇の広場は警察車両や緊急車両用のスペースになっているので停めないでください)。

指導センターの休憩舎は24時間利用できます。渇水によりトイレは使用不可になる事があります。建物前の湧き水も枯れる可能性があります(湧水は生水です。水質検査はされていません)。

■小屋の情報
[肩ノ小屋]
外のトイレ利用可(協力金100円)、宿泊は完全予約制、売店は不定休です。水が買えないこともありますので余裕をもって持参してください。利用予定の際は事前に電話などで確認しましょう。利用の際はマスク着用、アルコール消毒など登山者自身で感染予防を徹底してください。

[大障子避難小屋]
閉まりづらいものの、扉の修復が終わったので問題ありません。

[オジカ沢避難小屋]
基礎とシェルターを番線で固定したので、振れはなくなりましたが完全に固定できてはいない状態なので、できれば使用は避ける計画のほうがよいです。

[越路避難小屋]
使用可能ですが扉が歪み開閉がとてもきついです。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

谷川岳登山指導センター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • (みんなの登山記録 山が好き! さんの投稿から)
  • (みんなの登山記録 ムラチャン さんの投稿から)
  • (みんなの登山記録 ひろ さんの投稿から)
  • (みんなの登山記録 ケトル さんの投稿から)
  • (みんなの登山記録 まさき さんの投稿から)
  • (みんなの登山記録 7omo さんの投稿から)
  • (みんなの登山記録 Yamakou さんの投稿から)
  • 稜線の紅葉(みんなの登山記録 やぎやぎ さんの投稿から)
  • 肩ノ小屋からの展望(みんなの登山記録 モンターニャ さんの投稿から)
  • 山頂付近の様子
  • 山頂からの眺め
  • 着氷で真っ白になった肩ノ小屋
谷川岳登山指導センター

連絡先:0278-72-3688
営業期間
2月18日~11月30日 05:00から20:00まで
関連山域

ユーザーからの谷川岳・一ノ倉沢周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

谷川岳登山指導センター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...