谷川岳登山指導センターからの現地情報 谷川岳・一ノ倉沢周辺の情報

穏やかな日が続いていますが、登山道は雪や岩のミックスでピッケル・アイゼン必携です

前橋の天気予報
明日

晴時々曇
31℃ / 15℃
明後日

晴時々曇
33℃ / 16℃
(日本気象協会提供:2019年5月22日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

05/21(火) センター前 7:00現在 雨。気温15℃。

周辺状況

最近は穏やかな日が続き山菜の成長具合が気になる今日この頃ですが、気になる事といえば一ノ倉沢の岩壁を登りに行ったベテランパーティーが次々と敗退、または当初の予定を変更させられて戻ってくることでしょうか。

今年のスキーシーズンは雪不足と言われていましたが、4月に入り各スキー場でふきのとうが出るのを見計らったように冬将軍が帰還。吹雪やコンスタントに降る雪で稜線上では40cmを超える積雪となりました。その影響で登山道や各沢に雪が多く残り、岩壁上部には大きなブロックがルートを塞ぐように立ちはだかり、例年より多く残る雪渓のクラックなどが禁止期間解除後もクライマーに難題を課しているようです。

その他の登山道も雪や岩のミックスで、一般コースでも引き続きピッケル・アイゼンは必携です。

現在、谷川岳は久々の豪雨となり増水や土砂崩れに注意ですが、今後またしばらく良い天気が続きそうなので、山の新緑も活気を取り戻し、良い登山日和となりそうです。イワウチワイワウチワショウジョウバカマショウジョウバカマ、アズマシャクナゲシャクナゲタムシバタムシバ、コシアブラなどが見頃なようです。山でとっていいのは写真だけ。

登山道

天神尾根は夏道が出てきた所はありますが、まだ多くが雪に覆われています。
特に熊穴沢避難小屋までのトラバースには十分注意してください。この付近では過去に滑落死亡事故も起きています。

田尻尾根は上部の天神尾根合流点付近に雪が多く、木道も出ていないため急斜面で踏み跡もなく不明瞭です。

西黒尾根は登山口は雪はありませんが、尾根に出たあたりから雪が多くなります。鎖場は出ています。巖剛新道との分岐から上部は急登で雪の上を歩くのでアイゼン、ピッケルは必須です。ザンゲ岩付近に深いクラックがあるので慎重にルートを選定してください。上部はクラック等あり下山には不向きのルートです。

白毛門は山頂直下のクラック等、雪の状態が悪く経験者向きです。

一ノ倉沢は危険地区の登山禁止期間が終わりましたが、4月の降雪などによりブロックが落ちきっていないため登山中にブロック雪崩、落石が多数あったと登攀者より報告がありました。他の危険地区も同様と考えられますので充分注意して下さい。

雪解けが進み、各沢増水しています。降雨と重なるとコースによっては渡渉点で渡れなくなる場合もあります。エスケープルートの選択は慎重に。

装備

現在、谷川岳登山にはアイゼン、ピッケルなどの雪山装備が必要です。

チェーンスパイクや簡易アイゼンなどで登山されていた方もいたようですが、雪の状況や気温によってはアイスバーンで危険(滑落や行動不能)となる場合があります。

天気が良いと雪の照り返しもあり、体感温度が高くなります。日焼け対策や脱水、熱中症にも注意しましょう。

日帰り登山でもヘッドランプは必携です。

注意

センター前のゲートから先の道路はまだ冬期閉鎖中です。一ノ倉沢方面は歩行者立ち入り禁止となっています。
除雪作業を行っているので重機に近づかないようにお願いします。
開通前は上部からブロック雪崩の危険があります(5月24日10時 冬期閉鎖解除)。

その他のお知らせ

登山指導センターの休憩舎は24時間利用できます。センター前の湧水は出ています。

登山指導センターのトイレが使用できます。次の人のことも考え、皆さんでキレイに使いましょう。使用後は電気を消して、節電にもご協力ください。

登山される方はロープウェイ駐車場をご利用ください。

一の倉沢出合いのトイレが使えるようになったそうです。
24日(予定)までは国道291は立入禁止ですが、道標設置など開通に向けて着々と準備が進んでいるようです。


■小屋の情報
肩ノ小屋の有人営業が始まりました。基本的に宿泊には予約が必要です。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

谷川岳登山指導センター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 山頂付近の様子
  • 山頂からの眺め
  • 着氷で真っ白になった肩ノ小屋
  • 雪が少ないといっても、やっぱり谷川。まだまだ、しっかり雪山、冬山を楽しめます。
  • 熊穴沢避難小屋。
昨年の同時期は、このポールの突端が足元でした。
  • 谷川岳
  • マナイタグラ
  • 天神尾根の避難小屋からスキー場方面へ100m程度戻った先からスキー場方面
  • ロープが常設されている場所から避難小屋方面を撮影
  • 稜線は、だいぶ色が変わってきています
  • 「マチガ沢園地」の先のカーブから向かって撮ったマチガ沢
  • マチガ沢から先は除雪がしていません
谷川岳登山指導センター

連絡先:0278-72-3688
営業期間
2月18日~11月30日 05:00から20:00まで
関連山域

ユーザーからの谷川岳・一ノ倉沢周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

  • 上越国境の広大な山岳展望が楽しめる最短コース
    体力度: ★★ 危険度: 4時間40分 日帰り
    ロープウェイ土合口駅・・・天神平駅・・・熊穴沢避難小屋・・・肩ノ小屋・・・トマの耳・・・オキの耳・・...
  • 谷川岳・西黒尾根 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 6時間10分 日帰り
    土合口・・・ガレ沢のコル・・・トマの耳・・・オキの耳・・・トマの耳・・・谷川岳肩ノ小屋・・・熊穴沢避...
  • 谷川岳東壁を間近に望む、パノラマ展望台の山
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 6時間20分 日帰り
    土合駅・・・鉄橋・・・桧のウロ・・・松ノ木沢ノ頭・・・白毛門・・・松ノ木沢ノ頭・・・桧のウロ・・・鉄...
  • 谷川岳・旧道・新道周遊 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 6時間20分 日帰り
    土合口・・・マチガ沢出合・・・一ノ倉沢出合・・・芝倉沢出合・・・白樺避難小屋・・・巡視小屋・・・土合...
  • 谷川岳(巌剛新道) 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 6時間30分 日帰り
    土合口・・・マチガ沢出合・・・ガレ沢のコル・・・トマの耳・・・オキの耳・・・トマの耳・・・谷川岳肩ノ...
  • マチガ沢や西黒尾根の迫力ある眺望を楽しむ
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 6時間45分 日帰り
    ロープウェイ土合口駅・・・マチガ沢出合・・・第一見晴・・・ガレ沢のコル・・・肩ノ広場・・・トマの耳・...

谷川岳登山指導センター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...