雲取山荘からの現地情報 雲取山周辺の情報

軽アイゼンはまだ必要。山頂から山荘に凍結箇所あり。積雪はほぼなし

甲府の天気予報
明日

曇のち晴
- / -
明後日


20℃ / 9℃
(日本気象協会提供:2019年4月25日 17時00分発表)
熊谷の天気予報
明日

曇時々雨
- / -
明後日

曇時々晴
18℃ / 9℃
(日本気象協会提供:2019年4月25日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

04/23(火) 晴れ、08:30の気温9.5℃、日の出・日の入り04:58・18:22、前日の最低気温2.3℃、最高気温13.0℃

周辺状況

雪はほとんど解けましたが、日陰にまだ残っています。また、山頂から山荘の登山道に凍結箇所があります。軽アイゼンは必ずお持ちください。

土だと思っていたところが、その下に氷が残っている、ということもあります。下山は特に注意してください。

天気予報は、東京及び埼玉の天気予報を参考にしてください。
温度は東京と10℃くらい違います。

登山道

ほとんどの登山道で雪は消えました。一部氷があるところもありますので、下山は注意してください。

■日原からの道について
八丁橋より先は車両通行止めです(落石の為)。
日原~大ダワは通行止めです(崩れの為)。
唐松林道は橋が落ちているため通れません。
大ダワ林道は人も通れません。
富田新道は通れます。
        
■小川谷は通行止めです。
道が一部崩れていますので通行はしないでください。

■後山林道は現在車両通行止めです
崩れの為。人は通れます。

■小雲取~山荘にかけての巻き道と三条コースの三条ダルミ~山荘にかけての巻き道は道が良くないので通らないでください。(山頂を経由してください)

■三峯神社方面からの登山道
毎月1日は三峰神社が混雑します。駐車場にはほぼ入れませんのでご注意ください。
バスの到着もだいぶ遅れます(4~5時間遅れる場合もあります)。できるだけ他のコースをご利用ください。

装備

軽アイゼンは必携です。凍結箇所がありますので、雪がほとんどなくても準備しましょう。
へッドライト、地図などの基本装備もお忘れなく。

注意

余裕を持った計画を立て、早めの行動を心がけてください。15時ごろまでに小屋に到着するようにしましょう。

三峰山ロープウェイは廃止です。
三峰神社へは西武バスをご利用下さい。 
バスの時刻表はこちら。
http://kumotorisansou.com/jikoku.htm

例年、春までの雪が多くなります。冬山ですので、登山の際は十分気をつけてください。

登山口、鴨沢、三峰の駐車場がいっぱいになる日もあるので、注意してください。
西武秩父駅から三峯神社行きのバスが、土・日曜は西武秩父駅8時30分発で運行されます。
auの携帯が山荘で繋がるようになりました。登山道も場所によって繋がります。ドコモも可。

埼玉県防災航空隊の緊急運航業務に関する条例の一部改正について
平成30年1月1日から埼玉県内の防災ヘリコプターでの救助が有料になります
詳しくは下記の県HPをご覧ください
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0402/herizyourei/herizyourei.html


<奥多摩小屋閉鎖について>
奥多摩小屋は、施設の老朽に伴い利用者の安全を確保することが困難なため平成31年3月31日で閉鎖します。
奥多摩小屋の閉鎖に伴い、テント泊及びトイレのご利用もできなくなりますのでご注意ください。

その他のお知らせ

現在、全ての日で予約を受け付けています(0494-23-3338)。

冬季は人数によっては土曜日でも個室利用できる場合があります。
平日も、空いている時は少人数でも個室が利用できる場合があります。
詳しくは山荘までお問い合わせください。

auの携帯電話の電波が、雲取山荘でも繋がるようになりました。登山道も場所により繋がります。主要3キャリアのうち、ソフトバンクのみ電波が届きませんので、ご注意ください。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

雲取山荘周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 山頂標識が新しくなりました。
  • 富士山がきれいに見えました。
  • 山頂から見える夏の富士山
  • 小屋の玄関前から朝日を見られます。夜は東京の夜景。
  • 霧氷や雨氷がついています。
  • 小屋前
  • 上に伸びた氷柱
  • 山頂からの富士山
  • 雨氷と富士山
  • 鴨沢登山口辺りは雪がありません。
雲取山荘

連絡先:0494-23-3338
営業期間
通年営業
関連山域

ユーザーからの雲取山周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

関連のモデルコース

  • 雲取山(三峰神社・霧藻ヶ峰・白岩山) 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 9時間15分 1泊2日
    【1日目】三峯神社・・・妙法ヶ岳分岐・・・炭焼平・・・霧藻ヶ峰・・・お清平・・・前白岩山・・・白岩小...
  • いで湯から登る東京都の最高峰
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 10時間 1泊2日
    お祭バス停・・・後山林道・・・三条の湯・・・三条ダルミ・・・雲取山山頂・・・奥多摩小屋・・・堂所・・...
  • 富田新道(野陣尾根)を雲取山へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 10時間55分 1泊2日
    【1日目】東日原・・・小川谷橋・・・八丁橋・・大ダワ林道分岐・・・富田新道入口(野陣尾根取付)・・・...
  • 雲取山(七ツ石山・三条ノ湯) 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 11時間23分 1泊2日
    【1日目】鴨沢・・・小袖乗越・・・堂所・・・七ツ石小屋・・・七ツ石小屋・・・七ツ石山・・・ブナ坂・・...
  • 稲村岩尾根から鷹ノ巣山、雲取山へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 11時間40分 1泊2日
    【1日目】東日原・・・稲村岩のコル・・・鷹ノ巣山・・・巳ノ戸の大クビレ・・・千本ツツジ・・・七ツ石山...
  • 雲取山を目指す最も古くて長い上級コース
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 11時間55分 1泊2日
    三峯神社バス停・・・奥宮入口・・・霧藻ヶ峰・・・白岩小屋(閉鎖)・・・大ダワ・・・雲取山荘・・・雲取...

雲取山荘周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!