黒百合ヒュッテからの現地情報 八ヶ岳・天狗岳周辺の情報

周辺の積雪が30cmになりました。ヒュッテから上に登る場合は10本爪以上のアイゼン必携

黒百合ヒュッテ

▲7日はよく晴れ、東天狗岳がよく見えました(17.12.08 黒百合ヒュッテ)

松本の天気予報
明日

曇時々晴
- / -
明後日

曇のち雨
7℃ / -2℃
(日本気象協会提供:2017年12月14日 11時00分発表)
甲府の天気予報
明日

晴時々曇
- / -
明後日

曇のち雨
10℃ / -1℃
(日本気象協会提供:2017年12月14日 11時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

12/08(金) 雪 10:00時点の気温 -7.5℃ 昨晩の気温 -10℃

周辺状況

昨日はよく晴れましたが、本日は雪が降っています。積雪は小屋の周りで30cmほどになりました。
朝晩の気温が-10℃前後まで下回ります。防寒をしっかりお願いします。

●軽食のラストオーダーについて
週末土曜日(三連休は日曜日も含む)の軽食オーダーが非常に多いため、ラストオーダーを15時とさせていただきます。ご理解とご協力をお願いします。

登山道

小屋の周辺で30cmほど積雪があります。登山道上は標高の低い所はまだ積雪が少なく、岩や木の根で滑りやすい箇所、凍結でカチカチに凍っている箇所もあります。
小屋までは軽アイゼンで大丈夫かと思いますが、小屋から上は10本爪以上のアイゼンが必要になります。

中山峠から、天狗岳に登る途中に一部崩落しているところがありますので、通行に注意が必要です。

●バス
※11月6日より冬季ダイヤとなりました。基本土日祝のみの運行になります。
・JR茅野駅~渋ノ湯路線バス
(茅野駅~南大塩~渋の湯線。茅野駅は西口1番乗場より発車致します。)
詳しい時刻表と連絡先はこちら
http://www.alpico.co.jp/access/suwa/

装備

一段と寒くなりました。手袋、帽子なども含めて、防寒具をしっかり準備しましょう。
積雪があります。小屋より上に登る場合は10本爪以上のアイゼンが必要です。

ヘッドランプや地図などの基本装備も忘れずに。

注意

●登山者カードの提出を
長野県登山安全条例の関係で、登山口に新しい看板が立ちました。登山者カード忘れずに出しましょう。

●山小屋には午後4時までには到着してください
安全な登山をしていただくため、ご宿泊の方は必ず午後4時には到着するようお願いします。
万が一、午後4までに到着できない場合は必ず、山小屋までにお電話をいただきますよう、お願いいたします。

●ヒュッテの携帯通話状況
ドコモ 一番入ります。
AU まあまあ入ります。
ソフトバンク あまり入りません。

その他のお知らせ

●黒百合ヒュッテ
http://www.kuroyurihyutte.com/
・小屋入りは、遅くとも16:00までにお願いします。
・お泊りをご予定の方は、現地電話 090-2533-0620(電話は20:00までにお願いします)へご予約をお願いします。
・冬期料金+500円
ゆったりとお泊まり頂ける時期です。

・ヒュッテでは暖かい食べ物や飲み物をご用意しております。
ビーフシチューや手作りのケーキが好評です。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

黒百合ヒュッテ周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 7日はよく晴れ、東天狗岳がよく見えました
  • 紅葉が色づいてきました。
  • 最近は、小雨や曇りの日が多いです
  • リンネソウが開花中
黒百合ヒュッテ

連絡先:0266-72-3613  現地連絡先:090-2533-0620
営業期間
通年営業
関連山域

ユーザーからの八ヶ岳・天狗岳周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    国道299号の麦草峠付近冬季通行止め。現在積雪5cm、最低気温-10℃以下。滑り止めと軽アイゼンは必携。日当たりのいい箇所は凍りついています。
    17年11月17日(金)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    登山道はトレースあり、雪も締まって歩きやすい状態。白駒池は乗っても大丈夫なくらい凍りました
    17年12月08日(金)
  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    昨日の朝は-2℃でした。シラカバ、ダケカンバの葉が黄色く、ナナカマドやヤマザクラ、ヤマモミジが赤く紅葉しています。
    17年10月06日(金)
    硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    朝から雪が降り始めました。新雪は1cmほどでしたが、のち、昼には5cmになりました。冬山に登る支度が必要です。
    17年12月05日(火)
  • 赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    鉱泉前の積雪は20㎝。硬いです。鉱泉より上は12本爪アイゼン+ピッケル必須です。アイスキャンディー(人工氷瀑)は天気次第で今週末から。
    17年12月05日(火)
    赤岳天望荘~八ヶ岳・赤岳
    赤岳天望荘
    赤岳天望荘は11月6日で本年の営業をいったん終了いたします
    17年11月06日(月)

関連のモデルコース

  • 西尾根から天狗岳へ 前夜泊日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 5時間45分 日帰り
    唐沢鉱泉・・・枯尾ノ峰分岐・・・第一展望台・・・第二展望台・・・西天狗・・・東天狗・・・中山峠・・・...
  • 【雪山中級】アルペン的な雪山の世界を堪能する 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 6時間55分 1泊2日
    【1日目】唐沢鉱泉・・・唐沢鉱泉分岐・・・黒百合平【2日目】黒百合平・・・中山峠・・・東天狗・・・西...
  • 黒百合平から展望の天狗岳へ
    7時間15分 1泊2日
    渋ノ湯・・・八方台分岐・・・唐沢鉱泉分岐・・・黒百合平(黒百合ヒュッテ)・・・中山峠・・・東天狗岳・...
  • 天狗岳 高見石 1泊2日
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 8時間45分 1泊2日
    【1日目】渋ノ湯・・・賽ノ河原地蔵・・・高見石・・・中山・・・にゅう分岐・・・中山峠・・・黒百合平【...
  • 北八ヶ岳の神秘的な森と湖をめぐる大縦走
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 9時間45分 1泊2日
    ロープウェイ山頂駅・・・雨池峠・・・茶臼山・・・麦草峠・・・高見石小屋・・・黒百合ヒュッテ・・・東天...

黒百合ヒュッテ周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2017年12月14日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報