谷川岳登山指導センターの山岳情報

谷川岳登山指導センターの2017年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年

17年11月28日(火) 明後日11月30日をもって今年の業務を終了いたします。それまで更新がありませんので、ご了承ください
17年11月22日(水) 西黒尾根では多い所で腰くらいまでの積雪あり。ロープウェイは25日まで運休中、センターは30日で本年の業務終了です
17年11月14日(火) 11月20〜25日まで谷川岳ロープウェイが点検のため運休。登山指導センターは11月30日で本年の業務を終了します
17年11月07日(火) 標高1,000m以上の登山道上に10〜20cmの積雪あり。本年の肩ノ小屋の営業は11月3日で終了しました
17年10月31日(火) 山頂付近は日中でも氷点下を下回ります。しっかりとした冬装備でお願いします。アイゼンも必要
17年10月24日(火) 稜線の紅葉は終わり800m前後が見頃。台風後の倒木や沢の増水に十分注意してください
17年10月17日(火) 紅葉は900mあたりが見頃になりました。今月5日に降雪確認。今後は予報が雨でも、標高高いところは雪になる可能性も
17年10月10日(火) 紅葉は天神平付近の標高1,500m前後が見頃。週末は混雑し、通常のコースタイムより時間がかかることがあります
17年10月03日(火) 山頂直下の草紅葉が始まっています。山頂付近の気温が氷点下になる日もあります
17年09月27日(水) 24日に遭難事故が多発。登る前に、自分の体力がどの程度の山行に適しているかを考えましょう
17年09月19日(火) 山頂周辺では、草紅葉が始まりました。本日も、台風の影響による倒木の撤去作業などを行います
17年09月12日(火) 日照時間が短くなっています。日帰りでもヘッドランプ必須。うっすら紅葉していますが、まだ少し早いでしょう
17年09月06日(水) センター前でも最低気温10℃ストーブをつけ始めました。山頂では7℃、防寒としてフリース必要。晴れた日は日差し強く服装に注意。
17年08月29日(火) 朝の山頂の気温は12℃。蜂の活動が活発になる季節です。帽子やポイズンリムーバーの携行を
17年08月22日(火) 朝は晴れていますが、午後から下り坂の予報。コシジシモツケソウ、ヨツバヒヨドリなどの花が楽しめます
17年08月15日(火) 西黒尾根、厳剛新道は鎖場や急登が多く、下山に不向き。最近の雨で、岩場が滑りやすくなっています
17年08月08日(火) 台風5号による、登山道の大きな被害はなし。ただ、沢は濁り増水しています
17年08月01日(火) 夏山シーズンの到来! のはずが、すっきりしない天気。保登野沢コースなど、危険箇所があります
17年07月25日(火) イワシモツケなど、多くの花が咲いています。今年は花がきれいな年です。厳剛新道は一部斜面で崩落あり、通行注意。
17年07月18日(火) 豪雨の影響で、新道・西黒沢橋などが土砂で埋まっています。最新情報を得て登ってください
17年07月11日(火) 本日は、真夏のような1日でした。ルートによって残雪があり、アイゼンなど必要
17年07月04日(火) 谷川岳の山開きは、多くの登山者で賑わいました。いよいよ本格的に登山シーズンがはじまりました
17年06月27日(火) 谷川岳ウィーク2017が開催中! 7月2日は谷川岳山開きが土合霊園地で開催されます
17年06月20日(火) 26日から「谷川ウィーク」が開催。肩ノ小屋手前に80cmほど残雪あり。コースによってアイゼン・ピッケル必要
17年06月13日(火) イチゲ、コケザクラなどが咲き始め、いよいよ初夏に。大障子ノ頭から平標山方面に大きな崩壊あり、注意
17年06月06日(火) 本日は絶好の登山日和でした。登山道が出てきていますが、残雪はまだあります。必ず雪山装備で
17年05月30日(火) 暖かくなってきましたが、残雪あり。しっかりとした装備計画で。一部の避難小屋に故障。注意してください
17年05月23日(火) 急激な気温上昇により、一ノ倉沢では大きな雪崩が発生。熊の目撃情報が多くなっていますので、熊除けスプレーなどの対策を
17年05月17日(水) 新緑が駆け上がるように広がっています。今年は熊の目撃情報が多く、稜線に残雪多め。ご注意ください。
17年05月10日(水) 連休中は天神尾根で滑落事故が発生。軽装での登山者が目立ちます。しっかりとした装備でお越しください。
17年05月02日(火) 危険地区の登山禁止は解除となりましたが、例年より残雪が多く、雪崩の可能性あり。無理のない山行を
17年04月25日(火) 気温が上がり融雪が進んでいますが、GWも冬山装備が必要
17年04月18日(火) 暖かさと雨で各沢が増水。本日は東黒沢の橋が増水のためエントリー困難
17年04月11日(火) 融雪が一気に進んでいるが、登山道の多くはまだ雪。細心の注意が必要
17年04月04日(火) 昨日の雪で、センター前では5cm程度の積雪。休憩舎のトイレが使用できます。引き続き、危険地区への登山は禁止です。
17年03月21日(火) 湿った雪や雨が降り続ける一日でした。谷川岳遭難防止条例に基づく危険地区への登山禁止期間は3月27日~4月28まで
17年03月14日(火) これからの季節、気温が上がると濃霧が発生しやすくなります。ホワイトアウトによるルート間違いや見失いに注意。
17年03月07日(火) 雪が降っており、センター前で5cm程度の積雪。先週は暖かい日が続いたため、クラックや踏み抜き、雪崩に要注意。
17年02月28日(火) 好天の予報が出ており、気温上昇に伴う雪崩発生の恐れがあります。条例に基づき危険地区への立ち入りは入山の10日前までに届け出が必要。
17年02月22日(水) 18日に谷川岳登山指導センター開所。天神平で積雪460cm、昨日一日で降雪100cm。一気に50cm以上降った時は雪崩注意です。
谷川岳登山指導センター WEB SITE
営業期間 2月18日~11月30日 05:00から20:00まで
連絡先 0278-72-3688
現地連絡先
関連山域 谷川岳 一ノ倉岳 茂倉岳 万太郎山 白毛門 朝日岳 仙ノ倉山 平標山
≫ 過去の情報を見る ≫ 関連ツアーを探す

谷川岳登山指導センター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2017年12月14日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
ダイヤモンド富士&シモバシラ
ダイヤモンド富士&シモバシラ 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 12月はダイヤモンド富士とシモバシラが人気です!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉写真コンテスト、募集中!
紅葉写真コンテスト、募集中! 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、冬山シーズンへ。冬の時期の奥多摩の楽しみ方を指南します。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報