蛭ヶ岳山荘の山岳情報

蛭ヶ岳山荘の2018年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年 ≫2018年

18年11月19日(月) 霧や曇の日が続きました。寒気流入につれて霧氷がみられるようになりました。防寒装備はしっかりと
18年10月28日(日) 秋も深まりいよいよ紅葉のシーズンとなりました。寒さ対策を万全にして秋の蛭ヶ岳山荘へ、どうぞお越しください
18年10月14日(日) 台風24号の影響で蛭ヶ岳への各ルートに倒木多数。時間に余裕を持って。山頂色づきはじめ秋の花も咲いています。
18年10月06日(土) 台風24号の影響により姫次~蛭ヶ岳の間で相当数の倒木が発生。時間に余裕を持って慎重に通行してください
18年10月02日(火) 台風の影響で登山道が荒れています。青根から蛭ヶ岳に向かうコースは倒木や枝が散乱し、歩きにくくなっています
18年09月28日(金) 山頂付近ではナナカマドの実が赤く染まり、紅葉の早いシロヤシオ等の木々が色づき始めました
18年09月19日(水) 今週も雨の日が多い日々となりました。晴れ間を縫って秋の蛭ヶ岳山荘へどうぞお越し下さい。
18年09月11日(火) 今週は台風や秋雨前線の影響で雨の日が続きました。 秋晴れの空が待ち遠しいです。
18年09月03日(月) 9月に入りススキが揺れ秋色が濃くなってきました。朝晩は気温が下がります
18年08月20日(月) 朝夕肌寒い日が多くなり、秋の気配を感じる季節になりました。
18年08月06日(月) 主ルート支障なし。朝20℃以下の日もある山頂、爽やかな風が吹いてます。日中は 熱中症に注意し安全登山を心掛けましょう。
18年08月01日(水) 脱水症状や熱中症などの対策を怠りなく夏山を楽しんで下さい。 皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしています。
18年07月23日(月) 山頂は別世界で空気も綺麗で涼しいです。花はリョウブ、シモツケ、マルバダケブキ等が見られます
18年07月16日(月) 連日の猛暑ですが、蛭ヶ岳山荘は朝夕15~17℃、日中も22~25℃と、とても爽やかで快適です
18年07月09日(月) 今週は雨の多い週でした。水分補給や日除け等の熱中症対策を心掛けて、安全に夏の丹沢をお楽しみください
18年07月03日(火) 足元に目をやるとミヤマオダマキやシモツケ、バライチゴ、サンショウバラなど夏の花が健気に咲いています。
18年06月19日(火) 雨模様のこの季節はときに雲海が広がり、憂鬱な梅雨の合間を楽しませてくれます。
18年06月11日(月) 関東地方が梅雨入りしました。梅雨の晴れ間を利用されて静かな丹沢をどうぞご堪能下さい。
18年06月05日(火) 山頂のサラサドウダンが見頃を迎えています。山頂ではそよ風が吹き、爽やかな気持ちよい気候です。
18年05月29日(火) シロヤシオ、トウゴクミツバツツジがそろそろ最盛期。初夏を感じるコウグイスカグラの白い花も咲き始めました。
18年05月21日(月) 例年に比べ1週間~10日程早く開花したシロヤシオは、蛭ヶ岳山頂直下の斜面エリアで見頃を迎えました。
18年05月14日(月) 蛭ヶ岳周辺ではシロヤシオやトウゴクミツバツツジなどが見頃を迎えます。
18年05月07日(月) 先日は雨と強風に見舞われましたが、山頂のマメザクラは健気に咲き続け、今が満開です。 シロヤシオは蕾がだいぶふくらんできました。開花は間近でしょう。
18年05月01日(火) 大型連休に入りました。登山道にはコイワザクラやキクザキイチゲ、マメザクラ等の春の花達が皆様をお待ちしております。絶好の山歩きの季節です。
18年04月24日(火) 山頂では花がまだ見られません。 マメザクラのつぼみはまだ固く、開花はもう少し先になりそうです。
18年04月16日(月) 主ルートに支障なし。朝は氷点下の日もあり防寒装備は必要。ヘリコプターの荷揚げ完了!春山シーズンへ万全の体制です。
18年04月07日(土) 主ルートに支障ありませんが、先の降雪と強風により倒木が発生しており通行注意。まだ冷え込み防寒装備は必要です。
18年04月01日(日) 春山シーズンの始まりです。今週は氷点下にらず、山頂の雪もほとんど融雪。ウグイスの声わたる蛭ヶ岳山荘へぜひお越しください。
18年03月26日(月) 先週の大雪は山頂で30~50cm、姫次20cmの積雪でした。天候は三寒四温といった感じで春がやってきます。
18年03月19日(月) 寒暖差激しい一週間でした。まだ万全の防寒装備が必要。念のためアイゼンの携行もお願いします。暖かい日はぬかるむこともあります。
18年03月15日(木) 今週は冷え込みもあり、山頂にはいまだ春来たらずです。アイゼンは不要ですが、ぬかるみがあり足元には注意。
18年03月05日(月) 3月に入り春らしい日もありますが山の季節はまだ冬。アイゼン+フリース、防寒具は必携です。装備は冬と春の両方対応で。
18年02月26日(月) 山の上はまだ寒く朝は氷点下の気温が続いていますが、晴れた日は春山の様相をあちこちに感じるようになりました。
18年02月20日(火) 暖かい日もあるもののまだ厳冬期。アイゼンは必要+万全の防寒装備で。澄んだ空気の景色をお楽しみ下さい。
18年02月15日(木) 山頂へは全てトレースあり。一部凍結しているためアイゼンが必要。概ね晴の日多く2/9のダイヤモンド富士もバッチリでした。
18年02月05日(月) 昨日も降雪。山頂新雪20㎝程度。大倉~姫次や青根トレースあり、西丹沢なし。アイゼン+スノーシューやワカンなど万全の装備で。
18年01月30日(火) 山頂の積雪20㎝程度。1/28にやっと西丹沢方面にトレースつきました。アイゼンは必須、スノーシューやワカンの活用も。1/25には-18℃を観測。
18年01月22日(月) 寒さの厳しい日が続いています。万全の防寒対策でアイゼンなどの携行を。空気が澄み渡り昼夜の展望は圧巻です。
18年01月16日(火) 先週土曜日朝は氷点下9℃。厳しい冷え込みで、空気が澄みわたり遠くの景色までハッキリと美しく望めます。
18年01月12日(金) 寒さ厳しい中、好天が続き360度冬の大パノラマが広がっています。軽アイゼンの携行を。山荘名物カレーライスはいかが?

蛭ヶ岳山荘の2018年の写真  ※ クリックすると拡大します

蛭ヶ岳山荘 WEB SITE
営業期間 通年
連絡先 042-687-4011
現地連絡先 090-2252-3203
関連山域 蛭ヶ岳 大山
≫ 過去の情報を見る ≫ 関連ツアーを探す

蛭ヶ岳山荘周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年12月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。