瑞牆山荘の山岳情報

瑞牆山荘の2018年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年 ≫2018年

18年11月16日(金) 凍結があり軽アイゼンの用意を。11/23迄JR韮崎駅発のバスは毎日運行。山荘の営業は11/24泊まで。無料地図はありません。
18年11月07日(水) 紅葉は山荘周辺から下へ。主ルートに支障なし。防寒具必携。JR韮崎駅発のバス毎日運行中。無料地図の配布はありません。
18年10月30日(火) 山荘周辺の紅葉はまだきれいです。主ルートに支障なし。朝は霜が降ります。防寒具必携。JR韮崎駅発のバス毎日運行中。
18年10月24日(水) 山荘周辺の紅葉見頃。主ルートに支障なし。雨具や防寒具、ライト、地図など基本的登山装備は必須です。JR韮崎駅発のバス毎日運行中。
18年10月16日(火) 紅葉は週末が見頃予想。気温下がり、終日寒い日もあり防寒装備は必須。JR韮崎駅発のバス毎日運行中
18年10月03日(水) 台風で倒木多数、時間体力必要。瑞牆山は一部崩れ通行要注意。紅葉スタート。装備油断禁物。JR韮崎駅発のバス毎日運行中。
18年09月26日(水) 主ルート通行止なし。防寒具雨具、ライト(日没早まる)必携。土日祝日駐車場混雑。JR韮崎駅発のバス毎日運行中。
18年09月18日(火) 瑞牆、金峰の主ルート通行止めなし。倒木あり通過時間多めに。日没早まりライト、防寒具雨具必携。JR韮崎駅発のバス運行中
18年09月11日(火) 瑞牆山、金峰山の主な登山道に通行止めはありませんが倒木あり、時間がかかります。JR韮崎駅発のバス運行中。
18年09月06日(木) 台風通過後最新情報を得て入山しましょう。林道の通行止め情報、JR韮崎駅発のバスの運行状況の確認を。
18年08月28日(火) 昨晩雷雨。主ルート支障の連絡なし。周辺の駐車はバスや緊急車両への配慮を。韮崎駅発バス便運行中。
18年08月21日(火) お盆過ぎて気温低下。明け方8℃、11時23℃。日没と同時に一気に気温下がります。寒さ対策必須。韮崎駅発バス便運行中。
18年08月09日(木) このところ雨降らず、主ルート支障なし。熱中症に注意(水分補給、食事、無理せず休憩)。韮崎駅発バス便運行中。
18年07月15日(日) 主ルート支障なし。山荘でも34℃。猛暑日の登山は水分補給、食事、無理せず休憩を。虫よけの用意も。韮崎駅発バス便運行中。
18年07月11日(水) 主ルート支障なし。夕立が来るので登山は早出早着で。熱中症に注意。虫よけ対策も必要。韮崎駅発バス便運行中。
18年07月03日(火) 変わりやすい山の天候に対応できる装備で。雨具防寒具はもちろん熱中症と虫よけ対策も必要。韮崎駅発バス便運行中。
18年06月16日(土) 山の天候は変わりやすいので防寒具雨具など十分な登山装備で対策を。韮崎駅発バス便運行中。6/26~28山荘休業。
18年06月15日(金) シャクナゲは金峰山へ、小屋付近のツツジは終わり。防寒具は必携。登韮崎駅発バス便運行中。6/26~28山荘休業。
18年06月05日(火) ツツジやシャクナゲ開花中。防寒具は必携。登韮崎駅発バス便運行中。週末駐車場は混雑。6/26~28山荘休業。
18年05月30日(水) レンゲツツジやシャクナゲが咲き金峰も瑞牆も登山の好機。登韮崎駅発バス便運行中。週末の駐車場は混雑します。
18年05月20日(日) 金峰山、瑞牆山ともに天候も気温も登山に最適な季節。韮崎駅発バス便運行中。駐車場週末ほぼ満車。
18年05月17日(木) 金峰山、瑞牆山ともにアイゼン不要となりました。そろそろ虫が出くるので対策を。韮崎駅発バス便運行中。
18年05月10日(木) 富士見平まで芽吹き。金峰山は凍結あり6本程度のアイゼンを。瑞牆山はアイゼン不要。半袖~冬まで対応可の着衣工夫を。韮崎駅発バス運行中。
18年04月26日(木) 6本以上のアイゼン推奨。瑞牆山頂直下に凍結あり下り要注意。金峰山も凍結あり日陰足元注意。韮崎駅発バス運行中。
18年04月20日(金) 防寒具+防水の登山靴+6本以上のアイゼン(凍結あり)必要。瑞牆山頂直下凍結のため下り要注意。韮崎駅発バス運行中。
18年04月11日(水) 一昨日朝は氷点下に。まだ防寒具+防水の登山靴+アイゼン(凍結あり)必要。瑞牆山は山頂直下凍結で下り要注意。韮崎駅発バス運行中。
18年04月03日(火) 日中暖かく山荘周辺は融雪。山には凍結ありまだアイゼンが必要です。瑞牆は山頂直下の凍結注意。韮崎駅発バスは4/7から運行。
18年03月27日(火) 林道の融雪は進みましたが、登山道は樹林がちで凍結のためアイゼン必要。瑞牆は山頂直下凍結注意。韮崎駅発のバス運行4/7~。
18年03月22日(木) 山荘前積雪40cm。山は雪山に逆戻り。雪山装備が必要。金峰山はラッセルの見込み。瑞牆山は山頂直下の凍結に注意。韮崎駅発のバス運行4/7~。
18年03月13日(火) 残雪や凍結があり、アイゼンは必携です。3/10~カフェ営業(宿泊は要予約)。韮崎駅発のバス4/17~運行。
18年03月06日(火) 春近づくもまだ山はまだ冬。アイゼンなど必携。3/10~通常営業カフェもやります。韮崎駅発の「茅ヶ岳みずがき田園バス」運行は4/17~。
18年02月27日(火) まだアイゼンなど雪山装備必携。車もまだ冬タイヤ必須。春迄土日営業(要予約)。「茅ヶ岳みずがき田園バス」4/17から運行予定。
18年02月15日(木) 推定積雪瑞牆山30~50cm、金峰山1.2m。トレースあり。雪山装備必携。車は冬タイヤ必須(駐車場狭い)。春迄土日営業(要予約)。
18年02月02日(金) 現在トレースなし。推定積雪瑞牆山50cm、金峰山1m。雪山装備必携。車は冬タイヤ必須(駐車場狭い)。春迄土日営業(要予約)。
18年01月18日(木) 雪は少ないものの林道、登山道ともに凍結あります。登山はアイゼンが必要。車も冬タイヤが必須。営業は予約で土日営業(春から通年)。

瑞牆山荘の2018年の写真  ※ クリックすると拡大します

瑞牆山荘 WEB SITE
営業期間 3/10~11/末、12月土日祝日営業。年末年始12月28日(金)~1月3日(木)宿泊まで営業。 1月からは3名以上の予約営業。
連絡先 0551-45-0521
現地連絡先
関連山域 瑞牆山 金峰山 朝日岳 国師ヶ岳
≫ 過去の情報を見る ≫ 関連ツアーを探す

瑞牆山荘周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年11月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。