硫黄岳山荘の山岳情報

硫黄岳山荘の2013年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年 ≫2018年 ≫2019年 ≫2020年

13年12月28日(土) 冷え込み厳しく、積雪も増加。夏沢峠60~70cm。赤岩の頭の下は、ところにより120cm以上。強風凍傷に注意。
13年12月24日(火) 12/18~21朝にかけて、約40cmの降雪あり。登山道は、だいたいが膝くらいまで(40~50cm)の積雪量です。
13年12月17日(火) 12/13(金)頃に降雪あり。硫黄岳~赤岳、阿弥陀、天狗岳方面は10本歯以上のアイゼンが必要です。
13年12月11日(水) 夏沢鉱泉では、昨日の降雪で小屋周辺は積雪4~5cmほど。「白砂新道」は不明瞭なため通行禁止。
13年11月15日(金) 硫黄岳山荘は今シーズンの営業を終了し、冬期閉鎖しました。来シーズンは4月中旬より営業予定です。
13年11月08日(金) 硫黄岳山荘は今シーズンの営業を終了し、冬期閉鎖しました。来シーズンは4月中旬より営業予定です。
13年11月01日(金) 10/30(水)の雪は融け、積雪ありません。硫黄岳山荘は11/3(日)、根石岳山荘は11/4(月)の宿泊までです。
13年10月28日(月) 10/19(土)、赤岳~硫黄岳にて初雪あり。冬期の小屋閉めと営業日をお知らせしています。ご確認ください
13年10月17日(木) まだ初雪はありませんが、今日は今年一番の冷え込み。稜線の紅葉はほぼ終了し、山麓に移りつつあります。
13年10月11日(金) 山の上は、ますます「秋」が深まりました。稜線の紅葉は、終わりに近づいています。
13年09月25日(水) 山の上は「秋」が深まり、晴天になる日の朝は、特に「寒い」と感じるようになりました。稜線では、すでに紅葉が始まっています。
13年09月06日(金) 山の上も一段と涼しく、秋らしくなりました。トウヤクリンドウなどが咲き、高山植物も秋の花に変わっています。
13年08月29日(木) 山の上も一段と涼しくなり、「寒い」と感じる朝もあります。晴天が続き、雲海の上にご来光を見ることができます。
13年08月22日(木) 高山植物は、まさに見ごろの時期です。夏の後半の花に変わりつつあり、トウヤクリンドウも咲きはじめました。
13年08月15日(木) 晴天が続き、雲海の上にご来光を見ることができます。高山植物は見頃。トウヤクリンドウも咲き始めました。
13年07月24日(水) 本格的な夏山シーズンになりました。コマクサが見頃です。チシマギキョウも咲きはじめました。
13年07月16日(火) 高山植物が、いままさに見頃です。コマクサが咲き始め、イワウメ、イワヒゲの花はまだたくさん残っています。
13年06月20日(木) 高山植物の開花が順調で、平年より1週間くらい早そうです。美濃戸山荘の上(南沢)では、ホテイランが見頃です。
13年06月14日(金) 稜線では高山植物の開花、山麓は新緑です。日差しが強くなり、日中の気温は上昇すれば+15℃以上になります
13年06月07日(金) 日差しが強くなり、残雪はほとんど融けました。ツクモグサは見頃になり、他の高山植物も開花が始まっています
13年05月28日(火) 八ヶ岳全域、おおむね平常どおり登山できます。雪はだいぶ減り、歩きやすくなっています。
13年05月23日(木) 雪解けが進み、慣れた人なら赤岳・横岳・硫黄岳でも軽アイゼンなしで通過できます。ツクモグサが開花しました
13年05月18日(土) 希少種のツクモグサが開花しました。雨や気温の上昇で雪はだいぶ減り歩きやすくなっています。
13年05月15日(水) 5月15日に硫黄岳から横岳付近の稜線の登山道を確認してきました。写真も確認してください。
13年05月07日(火) 5/4も稜線ではわずかな降雪。積雪量は、稜線では平年より若干少なく感じますが、樹林帯の中は平年並みです。
13年05月02日(木) 4/30に稜線でわずかな降雪。今朝までは気温がさがりましたが、日中以降は気温上昇で雪解けがすすむと思われます。
13年04月23日(火) 硫黄岳山荘4/20(土)に小屋開けしました。先週末に降雪があり、硫黄岳~硫黄岳山荘周辺で新雪30~40cm。
13年04月17日(水) 日が長くなり、陽射しが強くなり、春山の様子になりました。気温が上昇し、融雪も進んでいます。
13年04月09日(火) 根石岳山荘4月13日(土)に限りプレオープン営業します。冬山装備をご用意ください。まだ雪の中の八ヶ岳です。
13年04月03日(水) 本日12時時点で20cmの降雪。まとまった降雪は久しぶりです。また少し冬に戻りました。
13年03月29日(金) 春山の様子となりましたが、稜線ではまだ雨ではなく雪となります。トレースは踏み固められています。
13年03月21日(木) 登山口は凍結箇所が増えて注意必要。稜線の日当たりのよいところは、雪どけが進み岩などが露出してきました。
13年03月13日(水) 登山道にはトレースがあり踏み固められていますが、踏み外すと深くもぐり、場所によっては身動きできなくなります
13年02月20日(水) 夏沢鉱泉周辺で15~16日約50cm、18日約50cmの新雪が積もりました。トレースを踏み外すと深くもぐってしまいます。
13年02月16日(土) 昨日40cm+今朝10cmの降雪で、新雪が延べ50cm。トレースは残っていますが吹き溜まりもあります。
13年02月13日(水) まとまった降雪が続き、現在桜平まで車は進入できません。登山道のトレースを踏み外すと深くもぐってしまいます。
13年02月07日(木) 夏沢鉱泉周辺では、2日に10㎝、6日に20㎝の降雪がありました。最低気温は通常で-15℃前後、下がれば-20℃の日もあります
13年02月01日(金) 1/26まで断続的な降雪がありましたが、その後は晴天が続いています。積雪は例年より多めです。
13年01月23日(水) 昨日22日に夏沢鉱泉周辺で約30cmの降雪があり、気温も高めで湿った重たい雪でした。
13年01月16日(水) 一昨日14日のまとまった降雪により、桜台に駐車不可、唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐に駐車してください。
13年01月12日(土) しっかりと雪がつき稜線も森の中も「冬の八ヶ岳」が十分に楽しめます。最低気温-20℃の日もあり。

硫黄岳山荘の2013年の写真  ※ クリックすると拡大します

硫黄岳山荘 WEB SITE
営業期間 4/下~11/中、年末年始
連絡先 0266-73-6673
現地連絡先 090-3142-8469
関連山域 硫黄岳 横岳
≫ 過去の情報を見る ≫ 関連ツアーを探す

硫黄岳山荘周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 何度も登っている山に、いつもと同じ荷物を「ズール30」にパッキングして登った「つとくん」さん。その感想は?
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ