硫黄岳山荘の山岳情報

硫黄岳山荘の2018年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年 ≫2018年 ≫2019年 ≫2020年

18年12月26日(水) 今朝の夏沢鉱泉は-10℃。まとまった降雪はありませんが冷え込みは例年並みです。根石山荘は年末年始営業あり。
18年12月14日(金) 降雪はやみましたが、お昼には10cmの積雪になりました。冬期入りし 登山口から登山道にかけて滑りやすくなっています
18年12月10日(月) 現在、登山道上で積雪はなく、岩の上に薄氷や小さな「エビのしっぽ」の残骸がある程度です
18年11月29日(木) 夏沢鉱泉で今朝氷点下10℃。標高1700m以上で降雪し稜線1~5、夏沢鉱泉で5cmの積雪。軽アイゼンは森林限界まで。
18年11月25日(日) 登山道の雪はほぼ融雪していますがチェーンスパイクがあると安心。下り坂の天候時、雨でなく降雪となります。
18年11月12日(月) 今季すでに4回ほど降雪がありましたが、今はほとんど融雪。しばらくはチェーンスパイクの携行がおすすめです。
18年11月02日(金) 稜線に4回ほど降雪ありましたがほとんど融けています。11月中旬以降にかけては登山道に残ったり、融けたものが早朝に氷になったりします
18年10月18日(木) 15(月)、標高2,500m以上の稜線に初雪が舞い、2,600m以上で1cm程度積もりました。翌日には融け、岩陰に残っている程度です
18年10月11日(木) 稜線と樹林帯の上部での紅葉はほぼ終了。美濃戸口、桜平、渋の湯などの主要登山口は、通行可能になっています。
18年09月28日(金) 台風24号の接近が気がかりですが、硫黄岳山荘グループの3つの山荘では通常どおりの営業を行っております
18年09月11日(火) 台風21号やその後の長雨による、八ヶ岳の登山道や登山口までの車道で通行に支障のある箇所はありません。
18年07月25日(水) 今朝の硫黄岳山荘は、ややガスがかかっていますが、晴れています。最近、朝夕が涼しくなってきました
18年07月20日(金) 樹林帯、高山帯、稜線で様々な高山植物が咲いています。硫黄岳山荘にも根石岳山荘にも、山荘近くに白花コマクサあります!
18年07月10日(火) ヤツガタケキスミレもついに開花! 硫黄岳山荘では、すがすがしく、過ごしやすい天気、登山日和です
18年06月22日(金) 青空が広がり遠くの山までハッキリ見えています。硫黄岳山荘の横でウルップソウが咲き始めました!
18年06月15日(金) 気温がやや低めですが冷たい風が気持ちいい気候です。横岳、硫黄岳、天狗岳などでさまざまな花が開花し、見頃です。
18年06月10日(日) 6月2日〜3日に開山祭が開かれました。山にはさまざまな花が開花し、見頃を迎えています。
18年05月27日(日) 南八ケ岳の稜線の登山道では残雪がすべて消えました。樹林帯の残雪も10cm〜20cm程度です。
18年05月10日(木) 5月9日〜10日に八ヶ岳の2000m以上のエリアで降雪がありました。稜線には20〜30cm、樹林帯には5〜20cmの積雪がある状態です。
18年04月25日(水) 硫黄岳山荘は4/21に今シーズンの営業を開始しました。根石岳山荘は4/28からの営業開始です。
18年04月20日(金) 4/21(土)、硫黄岳山荘が小屋開けして営業を始めます。根石岳山荘は4/28(土)から営業開始です。
18年04月11日(水) 週末前に天候が崩れる予報になっています。これからの新雪や、さらなる気温上昇による雪質の変化などによる雪崩にご注意ください。
18年04月03日(火) 晴天が続き、気温が上昇し雪融けが進んでいます。気温上昇とともに雪が緩みますので、尾根や沢筋など雪崩にご注意ください。
18年03月26日(月) 次の週末まで晴天予報です。気温上昇とともに雪が緩みますので、尾根や沢筋などの雪崩にご注意ください。
18年03月22日(木) 夏沢鉱泉で30cmの降雪があり、夏沢鉱泉から上では30~40cmの新雪がある状態です。ワカンやスノーシューはあった方がいいですが、週末は必ずしも必要とは思われません。
18年03月16日(金) 3/上旬にまとまった降雨があった後に、晴天が続きました。登山口へのアプローチがしやすくなりましたが、森の中の積雪はまだまだたくさんあります。
18年03月09日(金) しばらく晴天が続く見通しです。これからの新雪や、さらなる気温上昇による雪崩にご注意ください。
18年03月01日(木) 新雪は20cm強となり、久しぶりのまとまった降雪になっています。冬山に登る装備をご用意ください。
18年02月26日(月) この2週間ほどまとまった降雪はなく、しばらく先までまとまった降雪の予報はありません。
18年02月17日(土) 先週末に15~20cmの降雪ありました。しばらく先までまとまった降雪の予報はありません。ほとんどのルートにトレース、もしくはトレースの痕跡があります。
18年02月10日(土) 主ルートにはトレースやその痕跡がありますが、外れると腰まで埋まることも。桜平ゲートへの道は不安定、車侵入は慎重に。
18年02月03日(土) 厳冬期としては平年並みの冷え込み。降雪中ですが主ルートはトレースの痕跡あり。車は路面不安定、林道侵入は慎重に。
18年01月28日(日) 寒気が南下してきて冷え込む予報です。しばらく先までまとまった降雪の予報はありません。
18年01月23日(火) ほとんどのルートにトレース、もしくはトレースの痕跡があります。 トレースの上を歩けば、歩きやすいですが、踏み外すと腰まで雪に埋まるところがあります。
18年01月19日(金) 来週は寒気が南下して冷え込む予報になっています。主要登山道で、トレースはほぼついています。雪と風と防寒への対策が必要です。
18年01月11日(木) 山の上は積雪量が増えています。主ルートのトレースはほぼあり。一部不明瞭区間は要注意。雪と風と防寒への対策が必要。

硫黄岳山荘の2018年の写真  ※ クリックすると拡大します

硫黄岳山荘 WEB SITE
営業期間 4/下~11/中、年末年始
連絡先 0266-73-6673
現地連絡先 090-3142-8469
関連山域 硫黄岳 横岳
≫ 過去の情報を見る ≫ 関連ツアーを探す

硫黄岳山荘周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年5月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!